オレンジゴスペルワークショップを開催しました!

皆様、こんにちは。

10月26日(土)に開催したイベント 「オレンジゴスペルワークショップ」についてご報告します。

「オレンジゴスペルワークショップ」は、ゴスペル音楽を通じて、

ドメスティック・バイオレンス(DV)と児童虐待の撲滅を訴えている「オレンジゴスペル」を

ニューヨークから招聘し、プロデューサーの打木希瑶子さんによるスピーチの後、

講師のボビー・ソボローさん、ディレクターの小迫奈緒さん達と一緒に、

来場者の皆様とゴスペルを歌うイベントです。

打木希瑶子さん のスピーチでは、 打木さんの体験などを元に、みんなで子育てをする重要性を

再確認することができました。「ニューヨークでは電車内で泣いている子どもがいたら、

周囲の人が一斉に子どもが泣きやむものがないかバッグの中を探します」というエピソードが

印象的で、日本が子育てに優しい社会になるために、一人ひとりができることを考える

きっかけにもなりました。

ゴスペルでは「Don’t Give Up」を会場の皆様もパートに分かれて歌いました。

講師やディレクターをはじめ、パートリーダーの力強い歌声に、会場の皆様の歌声も

次第に大きく響いていました。

また、当日は「オレンジゴスペルワークショップ」の前に「讃美歌コーラスイベント」も

同時開催いたしました。

西南女学院の教職員、学生、同窓生、生徒の4グループが出場し、それぞれの歌声を披露しました。

マロリーホールのステンドグラスからの温かな光の中、ホール全体が楽しくも厳かで清らかな雰囲気に包まれました。

当日は、赤ちゃんも含めて190名の方がご来場くださいました。アンケートでも

「虐待についてこのような活動があることも知ることができて本当に良かった」

「ゴスペルワークショップも心を合わせて歌うことができ、貴重な経験となった」

「讃美歌コーラスがすばらしかった」とのご意見がありました。

今後のイベントにもどうぞご期待ください!