商船三井テクノトレード株式会社と協定締結に関する調印式を執り行いました

2021年10月4日、本学と商船三井テクノトレード株式会社と協定締結に関する調印式を執り行いました。

(協定締結についてのお知らせはこちら。)

 

今回は、現在すでに行われているプロジェクトについてご紹介します。

門司港を中心としたエリアにて運行を計画する水素とバイオ燃料を利用した

ハイブリッド型先進船舶(*Eco-SeTRAプロジェクト)を

観光文化学科の授業「地域プロジェクト(担当;高橋幸夫准教授)」のなかで題材として取り上げます。

具体的には、商船三井テクノトレードの関係者が講義をし、学生はフィールドワークや市場調査を行いながら、

最終的には商用コンテンツの企画・開発の結果をプレゼンテーションすることになっています。

この先進船舶は日本初の商用化を目指す画期的なもので、このプロジェクトに

本学の学生が関わることのできるまたとない絶好の機会です。

調印式には、このプロジェクトに参加する観光文化学科2年生5名も参加しました。

本学学生がどんな「女子大生の底力」を見せてくれるか楽しみです。