市民カレッジ⑥

北九州市民カレッジの第6回(12月7日(火))が開催されました!

最終回は保育科の末成 妙子教授による「音楽と私たち」です。

本学のマロリーホールで実施されました。

 

音楽はどんな楽しさをもたらしてくれるか。

その楽しみ方は様々ですが、

末成先生の楽しみ方、

ピアノを弾くこと、

歌うこと

調べること

編曲することなどを一つ一つ紹介しました。

 

また、日本の唱歌やバッハ、モーツアルト、

ベートーベン、ショパンの演奏を交えて

それぞれの作曲家の特徴やエピソードも紹介しました。

 

先生は、5人組合唱グループをつくり、

コーラスを楽しんでいるそうです。

モーツアルトの曲を歌にアレンジした曲をCDで紹介されましたが、

歌にすると全く違った世界となり、

別の楽しみ方ができるとのことです。

 

ホール内には卒業生からの記念品として献げられた

ステンドグラスが設置されており

(マロリーホールとステンドグラスについては、西南女学院大学HPのこちらをご覧ください)、

そのなかでのピアノ演奏は受講生に大変好評でした。

受講生の方からは、

「ピアノを聴かせていただき、気持ちが豊かになるのを感じた。」

「素敵なステンドグラスのなか、ピアノ演奏に癒された。」

「心が洗われた。」といった感想をいただき、

無事に最終回を終えることができました。

2022年度の市民カレッジの講座をどうぞお楽しみに!