だいすき にっぽん 『だいすき にっぽん 第2回目当日』

8月23日(水)はれ     『だいすき にっぽん 第2回目当日』

9時過ぎ、今日の主役「関門海峡たこ」が到着しました。朝から暑くて暑くて…。おかげで、たこが入っている水槽の海水の温度が上昇し、ぬるま湯状態。たこはぐったり。慌てて氷で冷やそうとしたけど、漁師さんに氷はかえってダメ!と教えていただき、自然治癒力を期待しながら子ども達の到着を待ちわびました。

今日は、お集まりが早かった!きっとみんな、はじめてのたこでウキウキしていたのでしょう。まず、「ことばあそび」“お寿司屋さんの湯のみを完成させよう!~魚へんの漢字、いくつ知っているかな?~”小学生のみんなは、連想しながらカードを貼っていきました。あっという間に魚へん60個が湯のみにおさまりました。楽しくって、2回もしましたね♪

「食」は、まず最初に北九州市水産課の係長さんから北九州の魚についてお話をしていただきました。子ども達は、とても興味を持ったようで、クイズでは競う様に答えていました。勉強になりましたね!そして、いよいよたことご対面。「ぎゃー」「墨ついた!」「ぬるぬるしてる!」などの声の中に「かわいそう…もう見れない」と目をふさぐ子どももいました。でもね、「かわいそう」と涙を浮かべていた子も「たこさんに感謝して“いただきます”すれば、美味しくいただけました。子ども達が念入りに塩もみをしてくれたので、お刺身は、お醤油はいらないほどのお塩加減でした。うふふ。

「あそび」は、稲木ゼミの学生さんと稲木先生一家が完璧な準備をしてくれた魚釣りあそび。魚釣りといっても、その辺のものではないですよ。釣った魚の調理後の姿までマッチングさせます!何とも凝った遊びでした。そして何よりも最後の競技が最高!巨大な魚を釣ろう!そう、その1匹が稲木先生なのです。子ども達は稲木先生が大好き!だから容赦はしません!足を引っ張る競技なのにズボンを脱がそうとするわ、メガネを取るわ、…やりたい放題。結果、稲木先生釣られちゃいました。

今日もたくさんの子ども達とお母さん達と一緒に楽しい時間を過ごせました。次回は、お蕎麦屋さんに来ていただき、新そばを打ちます。そして、遊びでは、染色の専門家に染物を教えていただき、和柄の風呂敷を作ります。この風呂敷は、次回、お節料理を包むためのものです。次回も楽しみです♪