わたせせいぞうさん講演会を開催しました。

10月21日(大学祭期間中)の午後2時から、わたせせいぞうさんの講演会が本学6206講義室で開催されました。会場には、わたせさんのファンを中心に市民の方々が来場されていました。

わたせさんは神戸市生まれですが、その後北九州市に引っ越し、高校卒業まで北九州市に住まれていたため、
昔の北九州での話が出たりと市民にとっては懐かしさもあり、楽しい時間となったのではないでしょうか。

特に印象に残ったのは、サラリーマン時代は損害保険会社の営業マンとして、日中は営業活動、夜は接待という多忙のなかにありながら、週末は創作活動にあてるという二束の草鞋を履く生活を続けたという話です。
どちらの道に進んでも成功する人がこの世に存在するのですね。

1枚の絵に一つひとつのストーリーがあり、そのストーリーをイメージして描いているとして、
一つひとつの作品を愛着を持って説明されました。会場はわたせワールドに包まれ、
あっという間の2時間でした。

また、大学で教鞭をとられていたときの授業内容を紹介され、音楽を聞いてイメージ力を養うという話をされ、
クリエイティブとなるためのヒントを与えてくれました。

作品だけでなく、トークでも魅了したわたせせいぞうさんの講演会、
またいつの日か、本学で講演してくださることを期待します!