2年生が基礎看護学実習Ⅱに行きました!

昨年、2年生は新型コロナウイルス感染症流行の影響で病院実習に行けませんでした。
今回は学内実習と臨地実習を組み合わせた実習が行われ、学生は初めて病棟に出向きました。
実際に患者様と出会い、患者様にどんなケアが必要か、どこに注意すると安全・安楽にケアできるか等、患者様が中心となる看護を考えることができました。
実習では午前中に病院へ行き、午後から学内に戻り、その日の振り返りをします。
今回は学内での様子を一部ご紹介します。
IMG_3354IMG_3353

病院から戻ると、患者様の情報を整理したり、病気について調べ「対象者を知る」という学びを深めています。

IMG_3357IMG_3360

一人ひとりの患者様に沿ったケアが提供できるように、実習病院の指導者や教員にも相談しながら進めます。

実習の最後には学習成果発表がありました。
IMG_3331IMG_3332

学習成果発表では、受け持ち患者様に必要な看護を明らかにして、生活上のニーズを満たすために必要なケア計画の一部を実践しました。

IMG_3333IMG_3348IMG_3345

学生は緊張した面持ちでしたが、今までの学びを活かし取り組むことができました。実践後はグループメンバーで意見を共有したり、教員からの指導を受け学びを深めることができました。

 

このように基礎看護実習Ⅱが行うことができたのも、患者様のご協力と実習病院のサポートのおかげです。
学生はこの学びを今後の学習に活かして、ますます成長してくれることでしょう。

 

 

4人がいいね!と言ってくれています

コメントは受け付けていません。