1年生の奮闘-ベッドメーキング-

 前回の演習に引き続き、今回の看護技術論演習では、環境という単元で「ベッドメーキング」を行いました。コロナ対策として、今週・来週と2回に分けて演習をします。

教員のデモンストレーションに目で見て、耳で聞いて、ポイントはメモを取って・・そのまなざしは、入学して1か月たちましたが、立派な看護学生に成長中です。

IMG_3821IMG_3820
※写真はクリックすると拡大されます。

 前回学修したボディメカニクスを使って、ベッドの高さを調整したり、シーツをマットレスに入れ込んだり・・・簡単そうに見えて、ひとつひとつが案外と難しい!
頭ではわかってても、手に表すことが難しいのが看護技術。
自分から教員に助言を求める場面や自分が作ったコーナーの仕上がりを確認してもらう場面も。そうそう、そういうの大事ね!

できたと思ったら、違ってたことが判明したりも・・でもそうやって、ひとつひとつ確実な技術を手に入れてますよ!

IMG_3834IMG_3848
※写真はクリックすると拡大されます。

 ベッドメーキングは、名前の通り、ベッドを作ることです。実は、このベッドメーキング、看護の基本がギュッと濃縮されています。

なぜなら、そこにはまだ、患者さんが存在しません。患者さんが休まれる姿、寝返りをうたれる姿、患者さんの生活の場を想像して、その人の品格を保ち、多少の動きにも崩れない、寝心地のよい清潔なベッドをつくることを目指すからです。
「寝れたらよくない?」「根拠ってそんなにある?」「看護師がしなくてもいいんじゃない?」素朴な声も聞こえてきそうです。
でも、考えてみてください。みなさんは、他者が作ったベッドを使うとき、適当に作られたしわの多いベッドとピンと張られたシーツや凛とした枕カバーに仕上げたベッドのどちらを使いたいですか?
看護は、人に関心を寄せるところから始まります。
ベッドメーキングは、迎え入れるまだ見ぬ患者を想像し、出会った患者がそこで生活する患者を想像し、人間が生活をする場に関心を寄せて作る看護技術の入り口となります。ベッドのしわひとつで褥瘡とよばれる床ずれを作ることだってあるんです。環境を整えなければ、体調を崩したり、精神的に落ち込んだりもするんです。だから、感染予防とボディメカニクスの原理を学んだあとの単元は「環境」にしているんです。環境の中に置かれている人に関心を持ってもらいたくて。

IMG_3827IMG_3839IMG_3835※写真はクリックすると拡大されます。

教員は、そんな未来の看護師の卵たちに大きな期待を抱きながら、演習に携わりました。

 あっという間の180分。看護の心と専門的な知識、そして確かな技術をめざして、前回の演習より一歩前進したベッドメーキングの看護技術を学んだ2コマでした。

2人がいいね!と言ってくれています

初めての看護技術演習

2022年4月27日(水曜日)は、看護学科1年生が大学で初めて看護技術の演習を行った小さな記念日です☆

この日は2つの看護技術演習を行いました。

1つは、感染を予防するために絶対に必要な「衛生学的手洗い」と「個人防護具着脱」です。

いつもの手洗いではなく、先週の講義での学びを活用しながら、医療従事者が行う衛生学的手洗いを、仲間と協力しあいながら行っています。

IMG_3775「※写真はクリックすると拡大されます」

さて、汚れはきれいに洗い流せたでしょうか?
ブルーライトを使用して洗い残しを確認し、どこに洗い残しがあったか記録しながら、自身の手洗いの特徴をつかんでいます。これからの演習開始時には、必ず衛生学的手洗いを実施しますので、日々練習しながら技術の向上を図っていってください。FVIE7769 FODN7391IMG_3778 「※写真はクリックすると拡大されます」

衛生学的手洗いでは、流水の手洗いの後、手指消毒剤を使用して、さらに手指の衛生を高めていきます。コロナ禍で高校の時から手指消毒を行ってきた1年生なので、教員の指導のもと上手に実施できていました。

HNAB3660「※写真はクリックすると拡大されます」

最後は、感染から患者の皆さんを、そして自分自身の身を守るための個人防護具の着脱演習です。今回はエプロンと手袋の着脱を演習しました。

着用するのは簡単だったけど、汚れを自身の手や衣類につけないように個人防護具を脱ぐのは苦戦していましたが、真剣に練習していました。

これからの演習でも個人防護具の着脱は行っていきますので、練習あるのみ!!頑張っていきましょう。

CZHG8705「※写真はクリックすると拡大されます」

そしてもう一つの演習がボディメカニクスを活用した患者さんの体の向きを変える体位変換演習です。

ボディメカニクスとは、看護者の骨格や大きな筋肉を上手く活用し力学を取り入れた技術で、医療や介護分野において、無駄な力を使わず、患者さん、そして看護者や介護者の負担を軽減するための大切な技術です。

教員の指導をうけながら、体の使い方や重心移動を習得しようと、グループメンバーと協力しあいながら頑張っていますが、なかなか難しいですね。AEJY3911CRWH7107

AAXF8788 GQUQ7051
「※写真はクリックすると拡大されます」

体の向きを変えることができたら、患者さんが少しでも楽な状態で過ごせるよう、枕などを使用して安楽な体位を調整しています。

患者さんの希望するポジションを見つけるのはとても難しいですが、患者さんの声に耳を傾けることを大切にしていけば、必ずできるようになりますよ。

これからの演習の中で練習を重ねながら、今日学んだ看護技術を自分の技術にしていきましょう。1年生の皆さん、頑張ってくださいね。

IMG_3764「※写真はクリックすると拡大されます」

2人がいいね!と言ってくれています

入学式が開催されました!

2022年4月2日(土)
晴れ渡る青空の中、第29回西南女学院大学入学式が行われました。
今年、看護学科は90名の新入生が入学されました。

UIFU4342QMDZ7802

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の入学式は学部ごとで開催され、看護学科は午後マロリーホールにて挙行されました。
また、保護者の方には、新入生1名に対し参加を1名に制限させていただいた上で、学内の別会場にてYouTube ライブ配信の視聴という形でご協力をいただきました。

WGQV1790JPLZ3923FCFA2409 - コピー

式典は金谷先生の讃美歌からはじまり、東宗教主事の祝祷と浅野学長より式辞がありました。

浅野学長からの式辞では、お祝いの言葉と激励のメッセージがありました。IMG2_3669

新入生の皆さんは緊張した面持ちで式に参加されていました。

これからの学生生活において、時に自分と向き合い、悩み苦しむこともあるかもしれません。しかし、自分と向き合った分きっと成長していけると思います。

新入生の皆さんにとって充実した学生生活を送れるように、教職員一同サポートしてまいります。

IMG_3648DRCI6863

4人がいいね!と言ってくれています

来場型オープンキャンパスが開催されました!

7月17日、18日で西南女学院大学のオープンキャンパスが開催されました。
今回は、この2日間のオープンキャンパスの様子をご紹介します。

7月17日は『在校生との交流座談会』が行われました。
各学年の在学生が、大学入試に向けての勉強方法や高校と大学の違い、サークルのこと等、大学生活に関する様々なことを紹介してくれました。


IMG_3164IMG_3169IMG_3171

登壇した在学生は、事前に高校生に伝えたいことをたくさん準備しオープンキャンパスに臨みました。
学生は少し緊張している様子もありましたが、少しずつ緊張も解けて和やかな雰囲気での交流座談会となりました。
参加者のみなさん、先輩のメッセージは伝わりましたか?

 

7月18日は、『なぜ濃厚接触の看護師が新型コロナウイルスに感染しないの?』というテーマで模擬授業が行われ、衛生学的手洗いとガウンテクニックを学びました。

IMG_3191

まさに今の時期だからこその内容です。
高校生の皆さんにも一緒に手洗い体験をしていただきました。

IMG_3189IMG_3197IMG_3194

次に個人防護具の着用と脱衣の方法(ガウンテクニック)を在学生(2年生)が実演してくれました。
IMG_3202IMG_3203IMG_3204IMG_3205

感染予防は正しい知識と正確な技術で行うことが、患者様はもちろんのこと自分自身を守ることにも繋がります。

この2日間、多くの方に参加していただき、本当にありがとうございました。
今回、来場してくれた高校生の皆さんが『看護』に興味をもっていただければ嬉しいです。
この西南女学院大学で一緒に学ぶ仲間が増えることを願っております。

次回のオープンキャンパスは、8月21日(土)、8月22日(日)に催します。
高校生の皆さんはもちろん、ご家族の方も大歓迎です。
また、お会いできる日を心待ちにしております。

無料送迎バスがございますので、どうぞご利用ください。

OCOC2※画像はクリックすると拡大します。

 

2人がいいね!と言ってくれています

初めての実習着(ナース服)1年生

緊急事態宣言が明け、キャンパス内に一斉にとはいきませんが、学生達の姿が戻ってきました。
そんな中、看護学科の1年生は、初めて実習着を着て演習に臨みました。

「いつ名札付けたらいいんですか?もちろん、持っています。」
「何処につけたらいいんですか?」
「髪型が大丈夫かな」
そんな声が、授業前の講義室から聞こえてきました。DSC01971

初めて実習着に袖を通した1年生たちは・・・
「初めて着ました。」「かわいいです。」
「靴が履きにくくて、初めて履くので」
みんな笑顔で、感想を教えてくれました。

当学の実習着は、ブルーとグレーの2色があります。
1年生は、どのように実習着の色を選んだのでしょうか?
「ブルーとグレーの2着を買って、私はグレーの方が可愛いと思ったので、グレーを今日着ました」
「私も2着購入していますが、ブルーの方が気が引き締まると思ったので、今日はブルーを着ました」
お気に入りの1着で、今日に臨んでいるようです。
IMG_3076IMG_3079_LI
身だしなみチェックをし、ベッドサイドへ行く準備を整えます。
何度も鏡をみて念入りに、身だしなみを整えていました。

今日は、コミュニケーション演習でした。
患者役の教員とお話することに、みんなとても緊張していました。DSC01975DSC01979

IMG_3069
演習
終え、「もう、看護師になれた気がします」と頼もしい感想もありました。
自信を持ってベッドサイドに立てるよう、1つ1つの演習を大切にしていきましょう。

 

1人がいいね!と言ってくれています

1年生:初めての実習室

アサイド

入学後、はじめてのことばかりの日々を送っている1年生。

今回は、看護技術論の講義で初めて『実習室』へ入室しました。
『実習室』は看護師としての技術を学ぶ場です。
まずは、講義室で実習室へ入る際の注意事項を聞き、準備を整えます。IMG_3111

コロナ禍、医療現場で必要とされているフェイスシールド。
装着した1年生は・・・「初めてつけた」「なんか恥ずかしい」
ファイスシールド

実習室入室後、1番最初にすることは『手洗い』です。
事前に視聴した「正しい手洗い法」の動画を思い出し、衛生学的手洗いの実践です。
IMG_2738
実習室の物品の説明を、真剣な眼差しで受けていました。IMG_2731
ベッド周囲では、ベッド柵やオーバーテーブルの動かし方を練習しました。
IMG_2743IMG_3131
これから、この場所で多くを学び6月の『早期実習』につなげていきましょう。

4人がいいね!と言ってくれています

キャンパスライフ スタート!

4月3日から2021年度オリエンテーションが行われました。IMG_2587

 

1年生は、初めての大講義室、100分授業の説明などで緊張した表情でした。 IMG_2627 IMG_2604
先生の説明を聞きながら、自己紹介をし合ったり、メモをとったりしました。

看護学科では、すぐに実習着を着用した授業が開始されます。
そのため、オリエンテーション期間中に実習着の採寸が行われました。
IMG_2647 IMG_2646

実習着を初めて着用し「これでいい?」「似合う?」「これで大丈夫かな?」
などの会話が飛び交いました。

 

昨年はリモート授業が多かった2年生。
オリエンテーションで、友人と会い嬉しそうでした。
IMG_2655 IMG_2658

 

3年生は後期から臨床実習が開始。4年生は最終学年。
新しい学年に緊張しつつも、マスクの下から明るい笑顔があふれていました。IMG_2688 IMG_2696IMG_2715

4月8日から、いよいよ授業もスタートします。
感染予防対策をしながら、キャンパスライフを楽しみます。
みんなで切磋琢磨していきます。

 

4人がいいね!と言ってくれています

2021年度入学式

2021年4月2日 第28回西南女学院大学 入学式が行われました。
暖かい日差しの中、キャンパス内の桜に囲まれて98名の新入生が入学されました。

IMG_2443IMG_2477

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

IMG_2533IMG_2447
本年の入学式は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出席者は新入生と
教員のみ、学科別で行われました。
出席者はマスク着用など十分な対策をとっての式になりました。

入室時の体温チェック、座席表の確認をしています。

IMG_2543IMG_2541
式典は浅野学長からのメッセージ動画にはじまり、東宗教主事の祝祷、大嶋看護
学科長より祝辞がありました。

浅野学長からは、グローバルな視野と他者を思いやる心を持って、未来を切り拓く
ことができる人になってほしいという言葉をいただきました。

IMG_2555IMG_2559
大嶋看護学科長の祝辞では、看護職として自立した女性を目指してほしい
という言葉をいただきました。

IMG_8150 IMG_8171

その後、新入生代表の挨拶が行われ、大学生活への意気込みを力強く語ってくれ
ました。
IMG_2584IMG_2553

新入生の皆さんは不安や期待に包まれた面持ちでした。

これからの学生生活で様々な経験を積んでいくことと思います。
新入生の皆さんにとって、有意義な実りのあるものとなりますように
教職員一同でサポートしてまいります。

皆さんが笑顔でキャンパスライフを送っている姿を見られるのが、
今から楽しみです。

IMG_2476

4人がいいね!と言ってくれています

【看護】 2020年度 秋の入学式

 

10月1日、爽やかな秋晴れの下、西南女学院大学 秋の入学式が執り行われました。

本学では、4月以降、授業開始の延期や遠隔での授業となり、 新入生の皆さんに
とって、思い描いていた学生生活が送れず大変な思いをしていたことでしょう。

新入生にとっては、半年遅れではありますが後期授業より、ようやく本格的なキャンパスライフが始まることになりました。
IMG_2082
『※写真はクリックすると拡大されます』

入学式当日は、新型コロナウィルス感染拡大予防のため、出席者は学生のみ、学科別で行われ、出席者はマスク着用、換気の徹底など十分な対策をとっての式になりました。

IMG_2146  IMG_7047
『※写真はクリックすると拡大されます』

式典は、金谷先生の讃美歌の独唱、東先生の祈祷に続き、工藤学長より祝辞がありました。
その後、入学生代表が【ここにいる心強い仲間や教職員、そして支えてくれる家族の存在に感謝し、上を目指して互いに手を取り合いながら乗り越えていきたい】と、力強い宣誓を行いました。
IMG_7018  
『※写真はクリックすると拡大されます』

これから、4年間楽しいことばかりでなく、勉強や実習など辛いこともあるかもしれません。
しかし、これから絆を強めて、みんなで乗り越えていって欲しいと思います。
また、困ったり迷ったりしたときは、教職員へも声をかけてください。
IMG_2218 『※写真はクリックすると拡大されます』

新型コロナウィルスの終息は、まだ先が見えませんが、新しい生活様式を取り入れ
ながら、充実した大学生活を送ってほしいと、教職員一同願っています。

3人がいいね!と言ってくれています

看護学科1年生 初登校♪

9月上旬に、1年生の対面授業が行われました。
4月に入学してからずっと、オンライン授業で学習を積み重ねてきた1年生の初登校です。

当日は、体調確認と、手指消毒をして学校に入ります。

体調確認手指消毒

手指消毒は、講義で習った手順でしっかり行えていました。
対面授業では、換気や手指消毒はもちろんのころ、フェイスマスクも着用し、可能な限り安全面に配慮して実施しました。

本日の演習は「ベッドメーキング」と「シーツ交換」です。
患者さんの療養環境を整え、寝心地の良いベッドを作るための技術です。
オンライン授業の中で、その方法について詳しく説明を受け、動画で学習をしていますが、実際にやってみると、うまくいかないことが多くありました。
しかし、先生方の丁寧な指導によって、疑問やできないところを一つずつ解決していきます。

指導を受けているところ(小田先生)

患者さんの療養環境はベッドだけではありません。
看護師は、療養環境の音や明るさ、においや空気にも気を配る必要があります。
実習室の環境を、道具を使って測定し、レポートにまとめます。

測定の説明をうけている
(写真は、測定の方法や場所の説明をうけているところです)

コロナウイルス感染症の第2波や、台風の影響もあり対面授業までに、多くの課題がありましたが、それを乗り越えて学びの多い対面授業となりました。

1年生は、オンライン授業で顔を合わせたことはあるけれど、同級生に実際に会うのは演習の日が初めてでした。
演習開始直後は、ぎこちなさが見られましたが、クラスメートと次第に打ち解けてきて、息の合ったチームワークでベッドメーキングやシーツ交換を行っていました。
上手くいかなかったところを、話し合い解決しようとする姿は、とても頼もしかったです。

後期には、もっと多くの演習が予定されています。
仲間とともに技術を磨いていきましょう。

2人がいいね!と言ってくれています