冬の大学生活をご紹介します!

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの流行、それに加えて10年に1度の寒波到来と、厳しい真冬の最中ではありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

高校生の皆様の中には、冬の大学生活のイメージがつきにくいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
12月、クリスマスや年越しの楽しい時期に大学生は授業でのプレゼン準備、レポートなど大量の課題と格闘していました。
そして、短い冬休みを終えた今の本学看護学科の学生生活や授業・実習の様子を一部ですが紹介します。

1年生にとって1~3月は、大学生活にも慣れてきたとはいえ、授業や演習、定期試験、そして基礎看護学実習が行われる忙しい時期です。
学生は2月に行う実習に向けて、授業の合間や放課後等、空いた時間を見つけては、自主的に看護技術の練習に励んでいます。
1年生は、人が生きていくための最も基本的な援助を学びます。食事や清潔、排泄など、患者様が不自由を感じることなく療養していただけるように基本技術を身につけます。看護学科を選択した人は皆、看護学を学ぶために来ました。
同じ目標を持つ仲間で励まし合えるから、乗り越えられます。

IMG_2739unnamed (10)

 

 

 

 

 

 

2年生になると、より専門的な内容の授業が増えてきます。授業や演習での学びから「なぜこうなるのかな?」と疑問を持ち、自分の考えを深めていくことが大切になってきます。
現在は、後期の授業の最終週。2月に行なわれる地獄の定期試験に向けて講義ノートを振り返っています。大学の定期試験は専門書1冊が試験範囲です。高校の時のような一夜漬けはできません。いかに効率よく勉強して単位をとるか…。ここにも仲間の力は欠かせません。

 

3年生は、各臨床看護学実習の真っ只中です。
誰一人として同じ人間はいないため、病気や治療が患者様にどのような影響を与えるのか、患者様が少しでも安楽にその人らしく希望を持って生きていけるためには、何をしたらいいか考えるのはとても難しいことです。
考えた看護を実践するためには、これまでの学びを結集していく必要があります。
日々の患者様との関わりや実習指導者や教員からの助言や指導、グループでの話し合いを重ね、学んだ知識・技術を活かすことができるようになり、看護の楽しさややりがいに気づくことができます。

現在、実習を頑張っている学生の声を一部紹介します。
「いっぱい悩んだけど、最終的に患者さんの笑顔が見れて、本当に嬉しかった。」
「看護って何だろうって思っていたけど、患者さんと関わることで、これが看護なんだということが分かった。」
「患者さんから、あなたならきっと優しい看護師さんになれるよと言ってもらえて、大変な時もあったけど、頑張ってきてよかった。本当に今後の励みになった。」

このように学生は悩みながらも、患者様のために何ができるのか考え、日々成長していっている段階です。
また、患者様との出会いも含め、様々な人との出会いが学生を成長させているような気がします。
学生一人一人がどのような医療者になりたいのか将来像を描き、これからも看護観を育てていってほしいと思います。

IMG_7148臨地実習 発表会⑦

 

 

 

 

 

4年生は、2月に行なわれる国家試験に向けて追い込みの時期です。
図書館では、国家試験を間近に控えた4年生が勉強を頑張っています。
本番が目の前になり、気持ちが焦ってしまい、なかなか勉強が進まない日もあるかもしれません。
4年生の皆がこれまでの成果を最大限発揮できるように、教員一同最後までサポートしていきます。
どうか、体調には十分気を付けて最後まで駆け抜けてくださいね。

IMG_1084IMG_1066

 

 

 

 

 

今年は兎年です。学生の皆が飛躍できる年になるように願っています。

看護学科を今年もどうぞよろしくお願いいたします。

5人がいいね!と言ってくれています

「看護のための臨床検査」演習のひとコマを紹介します。

病院で、患者様はさまざまな検査を受けます。看護師は、患者様が安心してスムーズに検査を受けられるようにする役割があります。看護学科2年生の「看護のための臨床検査」では、安全、安楽、正確な検査を支援する演習を行います。

この講義では、検査方法、検査体験だけでなく、看護師として患者様をどのように援助するかを学び、考えることを目標にしています。

今回は先日行われた、①スパイロメトリー、②尿検査、③12誘導心電図という、3種類の演習の様子をご紹介します。

 

①スパイロメトリー
スパイロメトリーとは、肺活量や息を吸う力・吐く力などを調べて、呼吸状態に異常がないか調べる検査です。鼻から空気が漏れないようにクリップで鼻をつまんだ状態で、筒状のマウスピースを隙間ができないようにくわえて検査します。

一見簡単そうに見えますが、ゆっくりと呼吸したり、胸いっぱいに吸い込んでから勢いよく息を吐きだしたり、息を吐きだせる限界まで吐ききったりと、意外とコツが必要です。それに加えて、肺の病気やぜんそくなどを抱えている患者様であれば、呼吸状態に影響して咳や疲労、嘔吐を引き起こしてしまう可能性も考えなくてはなりません。
IMG-2503今回は、新型コロナウイルス感染症対策のため、実際の体験は自宅にマウスピースを持ち帰って「事後課題」としました。演習室では、検査機器を見たり、検査方法や検査結果の見方について解説を受けたりして、正確な検査結果を得るための学びを深めました。

事後課題では、体験を通して「普段何気なく行っている呼吸も、マウスピースを加えた状態で意識的に息を吸ったり吐いたりするのは難しい」、「隙間ができないようにくわえること自体が難しい」ということに気づき、患者様にどう説明するかに結び付けて考えることができたようです。

 

②尿検査
尿検査は、ウロペーパー®という尿試験検査薬を使って尿のpHや、尿中にブドウ糖や蛋白質、血液などが混じっていないかを調べます。演習ではA~Eの5種類の模擬尿を使って、尿を取り扱う際の注意点、検査結果から何が考えられるか検討しました。

IMG-2498この検査は、尿にウロペーパーを浸したあと、0秒(直後)、10秒後、30秒後、60秒後というタイミングで色調を見て、判定基準となる色と比較しながら判断していきます。

今回は、6種類の検査を同時にできるウロペーパー®を使ったため、10秒単位で1~2種類の色調の変化や程度を瞬時に判断する必要がありました。それは想像以上に難しかったようで、「どっちの色かな?」、「えっ!もう30秒⁉」、「次は何見るんだっけ?」とアタフタしながらも、タイマー係、記録係、判定係とメンバーで協力しながら繰り返しチャレンジしていました。

実は、この『模擬尿』、教員の手作りです。先生方は演習の前日、密かに、大変な思いをして作成しました。『模擬尿』の材料は・・・秘密です(^_-)-☆

 

③12誘導心電図
IMG-250212誘導心電図とは、胸部6ヶ所、両手首、両足首の計10ヶ所に電極を取り付けて、心臓に流れる電流を調べ、心臓の収縮や拡張に異常がないかを見る検査です。一般的な健康診断でも行われる検査で、不整脈や狭心症、心筋梗塞などの心疾患の診断や、電解質異常などが把握できます。

12誘導心電図で正しいデータを得るためには、正しい位置にしっかり電極を装着することが重要です。このモデル人形は、電極が「正しい位置にしっかり」装着できているかを判定することができる優れものなんです!

 

IMG-2506

演習では、モデル人形(シミュレーター)に心電図の電極を装着してみました。電極が正しく装着でき、心電図の波形が確認できるまで何度もトライしました。

順番を待つ間は、心電図の異常波形(危険な不整脈)についてみんなで学習しました。

 

 

IMG-2511

 

 

 

 

 

 

 

実際にやってみるまでは「電極を装着するのは簡単そう」と思っていたそうですが、吸盤を密着させるのは思った以上に難しいことや、両手首・両足首に装着する電極の向きも重要なことに気づきました。

また、胸を露出した状態で電極を付けなければならないため、患者様が恥ずかしくないように配慮し、身体が冷えないよう保温に努めなければならないことを学びました。

 

今回の演習では、苦戦しながらも、みんな真剣な眼差しでグループメンバーと協力しながら学んでいました。また、体験を通して検査を受ける患者様の不安や苦痛をイメージすることができ、看護師として何を観察しなくてはならないか、どのような配慮や援助が必要なのかについても考える機会となりました。

これからの講義でも、たくさんの検査に出会うと思いますが、患者様をできるだけ具体的にイメージし、看護の視点から手順や配慮を考える力を身につけて欲しいと願っています。

1人がいいね!と言ってくれています

2年生が基礎看護学実習Ⅱに行きました!

昨年、2年生は新型コロナウイルス感染症流行の影響で病院実習に行けませんでした。
今回は学内実習と臨地実習を組み合わせた実習が行われ、学生は初めて病棟に出向きました。
実際に患者様と出会い、患者様にどんなケアが必要か、どこに注意すると安全・安楽にケアできるか等、患者様が中心となる看護を考えることができました。
実習では午前中に病院へ行き、午後から学内に戻り、その日の振り返りをします。
今回は学内での様子を一部ご紹介します。
IMG_3354IMG_3353

病院から戻ると、患者様の情報を整理したり、病気について調べ「対象者を知る」という学びを深めています。

IMG_3357IMG_3360

一人ひとりの患者様に沿ったケアが提供できるように、実習病院の指導者や教員にも相談しながら進めます。

実習の最後には学習成果発表がありました。
IMG_3331IMG_3332

学習成果発表では、受け持ち患者様に必要な看護を明らかにして、生活上のニーズを満たすために必要なケア計画の一部を実践しました。

IMG_3333IMG_3348IMG_3345

学生は緊張した面持ちでしたが、今までの学びを活かし取り組むことができました。実践後はグループメンバーで意見を共有したり、教員からの指導を受け学びを深めることができました。

 

このように基礎看護実習Ⅱが行うことができたのも、患者様のご協力と実習病院のサポートのおかげです。
学生はこの学びを今後の学習に活かして、ますます成長してくれることでしょう。

 

 

4人がいいね!と言ってくれています

来場型オープンキャンパスが開催されました!

7月17日、18日で西南女学院大学のオープンキャンパスが開催されました。
今回は、この2日間のオープンキャンパスの様子をご紹介します。

7月17日は『在校生との交流座談会』が行われました。
各学年の在学生が、大学入試に向けての勉強方法や高校と大学の違い、サークルのこと等、大学生活に関する様々なことを紹介してくれました。


IMG_3164IMG_3169IMG_3171

登壇した在学生は、事前に高校生に伝えたいことをたくさん準備しオープンキャンパスに臨みました。
学生は少し緊張している様子もありましたが、少しずつ緊張も解けて和やかな雰囲気での交流座談会となりました。
参加者のみなさん、先輩のメッセージは伝わりましたか?

 

7月18日は、『なぜ濃厚接触の看護師が新型コロナウイルスに感染しないの?』というテーマで模擬授業が行われ、衛生学的手洗いとガウンテクニックを学びました。

IMG_3191

まさに今の時期だからこその内容です。
高校生の皆さんにも一緒に手洗い体験をしていただきました。

IMG_3189IMG_3197IMG_3194

次に個人防護具の着用と脱衣の方法(ガウンテクニック)を在学生(2年生)が実演してくれました。
IMG_3202IMG_3203IMG_3204IMG_3205

感染予防は正しい知識と正確な技術で行うことが、患者様はもちろんのこと自分自身を守ることにも繋がります。

この2日間、多くの方に参加していただき、本当にありがとうございました。
今回、来場してくれた高校生の皆さんが『看護』に興味をもっていただければ嬉しいです。
この西南女学院大学で一緒に学ぶ仲間が増えることを願っております。

次回のオープンキャンパスは、8月21日(土)、8月22日(日)に催します。
高校生の皆さんはもちろん、ご家族の方も大歓迎です。
また、お会いできる日を心待ちにしております。

無料送迎バスがございますので、どうぞご利用ください。

OCOC2※画像はクリックすると拡大します。

 

2人がいいね!と言ってくれています

キャンパスライフ スタート!

4月3日から2021年度オリエンテーションが行われました。IMG_2587

 

1年生は、初めての大講義室、100分授業の説明などで緊張した表情でした。 IMG_2627 IMG_2604
先生の説明を聞きながら、自己紹介をし合ったり、メモをとったりしました。

看護学科では、すぐに実習着を着用した授業が開始されます。
そのため、オリエンテーション期間中に実習着の採寸が行われました。
IMG_2647 IMG_2646

実習着を初めて着用し「これでいい?」「似合う?」「これで大丈夫かな?」
などの会話が飛び交いました。

 

昨年はリモート授業が多かった2年生。
オリエンテーションで、友人と会い嬉しそうでした。
IMG_2655 IMG_2658

 

3年生は後期から臨床実習が開始。4年生は最終学年。
新しい学年に緊張しつつも、マスクの下から明るい笑顔があふれていました。IMG_2688 IMG_2696IMG_2715

4月8日から、いよいよ授業もスタートします。
感染予防対策をしながら、キャンパスライフを楽しみます。
みんなで切磋琢磨していきます。

 

4人がいいね!と言ってくれています

【看護】遠隔授業開始に向けて

5月になり、夏を思わせる陽ざしも感じはじめました。皆さん、いかがお過ごしですか?

いよいよ来週5月11日(月)から6月19日(金)まで遠隔授業が始まります。

現在、授業担当教員が授業の準備を進めています。看護学科の講義は、グループワークや演習が多くある中で、遠隔授業になっても学びの質を維持し、学生の皆さんに分かりやすい授業づくりに努めていきたいと考えています。★IMG_1612★IMG_6121 『写真はクリックすると拡大します』

今週、オンライン上で新入生はアドバイザー毎の顔合わせ、2、3年生へはオリエンテーションがありました。皆さんはオリエンテーションには参加できましたか?

皆さんには遠隔授業に向けた準備をお願いいたします。

【事前準備で必要なことや心構え】
・チェックしていますか?
みなさんへの基本的な連絡方法は、大学のHP、ユニパ、西南メールになりますので、こまめに最新の情報をチェックしましょう。

・受講科目への参加準備はしましたか?
Google Classroomへのアクセスを試してみてください。事前に教材や課題が提示されることがあります。操作方法など、分からない場合は西女生ヘルプデスクを利用してください。(※連絡先はホームページ参照)

・通信環境、パソコンやプリンターなどのPC関連機器の準備はできていますか?
接続状況、音声確認などをしておいてください。また用紙やインクなどの消耗品の準備も忘れずに。

・教科書は届いていますか?
順次送付していますので、まだ届いていない方はしばらくお待ちください。必要であれば授業資料を印刷しておきましょう。

・遠隔授業はどこでも受けることができ、課目によっては時間に縛られずに事前教材を見ることが可能です。そのため自分で意識して講義を受講する環境を整えましょう。また課題提出締切時間などは厳守してください。

・遠隔授業では、眼の疲れや、肩こりなどを惹起しやすいので、長時間、同じ姿勢をしないようにして、時々は、画面から眼を離したり、休憩時間には身体を動かしましょう。

・遠隔授業で不安を抱えている方も多いと思います。もちろん質問は可能です。講義の中で教員の指示に従ってください。

★IMG_1597箱★IMG_6099教科書 『写真はクリックすると拡大します』

遠隔授業は、皆さんにとってはもちろん、教職員にとっても新しい経験となりますが、授業が開始できることをうれしく思います。

皆さんも、自ら参加する姿勢を持ち授業に取り組んで頂けたらと思います。

※「通信環境整備のための支援金」についてホームページでお知らせしています。遠隔授業に向けたインターネット環境やPC関連機器が更に整備・拡充されることを願います。

6人がいいね!と言ってくれています

【看護】新入生・在校生のみなさんへ~新任の教員紹介パート2~

引き続き新任の教職員の紹介です。

助産別科の新郷朋香です。
担当は母性看護学実習や母性看護学演習になります。コロナ禍の現在、私のおすすめの過ごし方ですが、今流行りのオンラインでのお茶会や女子会などをしております。普段会えない友人等と身近につながることができます。ぜひ皆さんもやってみてください。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
IMG_8574『写真はクリックすると拡大します』

助産別科の林好美です。
主に母性看護の演習や実習で皆さんのサポートをさせていただきます。大学はピンク色に染まった桜の木々も、今では新緑となり、ツツジがきれいに咲いています。自粛生活で大変な時期がもうしばらく続きますが、安心した日常生活が早く送れるようになるために大事な期間です。頑張って乗り切りましょう。皆さんに会える日を楽しみにしています。どうぞ、よろしくお願いいたします。
IMG_7050IMG_7046
『写真はクリックすると拡大します』


教育支援職員の片山美絵子です。
新入生の皆さんご入学おめでとうございます。皆さんと先生方と間で授業の事務的なサポートや学科内の連絡等々でお会いする事と思われます。授業、連絡事項等々のサポートがスムーズに出来るように努めてまいります。
今は、お会いすることが出来ずとても残念ですが、皆様方にお会い出来る日を心よりお待ち申し上げております♡
大学で仕事をする上でまた学びの中で私の教訓になっている言葉があります。
「自鍛自恃」、「自鍛」は、自らの心と身体を鍛える。「自恃」は、自らに恃むこと。自らを鍛え、恃み自己を磨いていく。この言葉は、私の恩師が教えて下さったことに繋がる言葉です。
私も皆様方と共に大学生活で「自鍛自恃」を心がけ、頑張りたいと思っております。
一緒に頑張りましょう。
IMG_7042『写真はクリックすると拡大します』

成人看護学領域に山田留衣先生が非常勤で来てくださいます。かなめ 前方

新しい先生方をお迎えし、皆さんとともに学びを深めていきたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

12人がいいね!と言ってくれています

【看護】新入生・在校生のみなさんへ~新任の教員紹介パート1~

みなさん、こんにちは。
今日は、新任の教職員の紹介をします。

基礎看護学領域の矢野真理です。
このような素晴らしい教育・研究の環境を与えて頂き、心から感謝しております。
Y先生1『写真はクリックすると拡大します』
現在、世界中が目に見えない敵と戦っている状況です。私は、自粛の発令が出て以降、せめて病院にお世話にならないようにするため、体力保持に努めています。その方法は、早朝か夕方のウォーキングと自宅での筋トレです。家族や遠方の友人と、データを共有し励ましあっています。それぞれの方法で、一緒にこの状況を乗り越えましょう!!皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています。
Y先生2Y先生3
『写真はクリックすると拡大します』

基礎看護学領域の石井奈央です。
私は西南女学院の卒業生です。母校で働けることや、後輩の皆さんと学べることを、心から嬉しく思います。
今年度は、まだ直接顔を合わせることができませんが、遠隔授業でお会いできることを楽しみにしています。
連休中は、stay homeなので、外出を自粛していますが、自宅では趣味の料理やお菓子作りを楽しんでいます。夫と猫のメイ(4歳)犬のモカ(8か月)が大切な宝物です。
covid19による大規模な感染が1日も早く収束し、皆さんと会える日を心待ちにしています。
I先生『写真はクリックすると拡大します』

精神看護学領域の坂部澪です。
私は本学を卒業後、単科の精神科病院に勤めていました。これから精神領域等の実習や演習の授業でお会いすることになると思います。大学でお会いすることが出来た時は、いつでも気軽に声をかけてくださいね。
学生の皆さんはこの自粛期間中、どのように過ごしていますか?不安な思いを抱えている学生も多いと思います。でも、今だからこそ出来ることもあると思います。自分の好きなこと、興味があることに触れつつ、息抜きすることも忘れないでくださいね。
一刻も早くコロナが終息し皆さんに早く会える日が来ることを心待ちにしています。
image0『写真はクリックすると拡大します』

在宅看護学領域の中山昌美です。
自宅待機が続いてますが、皆さん体調はお変りありませんか?
私は主に3年生の在宅看護学実習・演習の授業と在宅看護学実習で皆さんと関わります。各先生方のご指導の下、皆さんにわかりやすくアドバイスできるように努めてまいります。我が家では、子供達と一緒に家事やパン作りをするのが日課になりました。課題もたくさんあると思いますが、皆さんも体調に気を付けて、規則正しく生活を送っていただけたらと思います。授業・実習等、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
パン『写真はクリックすると拡大します』

パート2へ続きます!!

11人がいいね!と言ってくれています

【看護】看護学科 新入生・在校生のみなさんへ

みなさん、こんにちは。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で入学式、オリエンテーションが中止となり、皆さんに会えないまま3週間が過ぎようとしています。

この3週間の間、大学ホームページやユニバーサルパスポートによっていろんな情報が発信され、それぞれの新アドバイザーからの連絡、そして各科目からの課題も届いていることと思います。みなさん確認されましたか?

まだまだ、新型コロナウイルスの感染は終息に向かっているとは言い難い状況のため、5月11日から遠隔授業が開始になります。大学では、皆さんの安全と健康、学習の保障を考えて準備を行っているところです。

皆さんの中には、バイト先が休業し、バイトに行けなくなった人や実家に帰ったまま北九州に戻って来るタイミングを逃している人、実習や講義、課題、国家試験についてなど皆さんそれぞれの環境の中で不安を感じている人も多いと思います。現状や将来のことで困難なことがあれば、アドバイザーにご相談ください。

授業開始に向け、まずは、基本的な感染予防をしっかり続けていってくださいね。自分の身を守ることは周りの人の健康や暮らしを守ることにつながります。皆さんの先輩方は、この状況の中一生懸命その任を全うしています。将来、その仲間となる自覚をもって過ごして頂けたらと思います。

校内のつつじも見頃となりました。

IMG_1593 『写真はクリックすると拡大します』

IMG_1586 『写真はクリックすると拡大します』

一日も早い新型コロナウイルスの感染終息を願いつつ、皆さんと会える日を教職員一同心待ちにしています。

14人がいいね!と言ってくれています

【看護】『2年生キャリア支援研修』を開催しました。

10月31日、看護学科2年生のキャリア形成活動として、
産業医科大学若松病院 大松看護部長をお招きし、「選ばれる看護師になるために~私の目指す看護師は~」をテーマに開催しました。

☆キャリアを考えよう
☆今、医療の環境は?
☆そこで、看護職として求められるものは?
☆今の私にできることって?
☆「象の背中」のDVDを見て考える
☆先輩たちは?

IMG_0986(画像はクリックすると拡大します)

講演のあと、「看護職としてどのように社会貢献していきたいか」を語り合い、発表しました。

IMG_1006IMG_1005
(画像はクリックすると拡大します)

~学生の感想(抜粋)~
・改めて自分の将来について深く考えることができた。自分のことだけを考えるのではなく、社会のこと、看護の将来についてなども考えながら自分の将来像を作っていくことが大切であると思った。今の看護の現状をしっかり理解することで、将来自分はどのようなことをして社会貢献していきたいか考え、看護の道にしっかり進むことができると思った。

・自分がなぜ、看護師になろうと思ったのか、どんな看護師になりたいのか改めて考え、患者さんの苦痛や不安を少しでも和らげることができるようにきちんと知識を身につけたいと思った。

・患者自身が意思決定し、それにあわせた看護ケアを提供するべきだと考えた。医療の視点、生活の視点から患者をアセスメントし、どのような健康状態でもその人らしく暮らせる社会づくりが大切だと分かった。

・私は、今、病院で働きたいと思っているので、地域につなげられるようにしていきたいと感じた。まだ自分の中で迷っており、家族、親せきと意見が合わず大変ですが、最後はしっかり自分で決めて悔いのないようにしたいと思う。

 

看護師・保健師・助産師・養護教諭など多くの選択肢がある中で、将来に向けてキャリアを考える機会になりました。

2人がいいね!と言ってくれています