看護学科4年生一次救命処置(BLS:basic life support)資格取得!

今年も感染対策を徹底し、福岡博多トレーニングセンターのインストラクターの先生5名にお越しいただき、BLS講習を開催しました。BLS(Basic Life Support)とは、心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置のことで、看護師のキャリアアップに欠かせない資格の1つです。多くの4年生が急性期病院に就職が内定している西南女学院大学では、毎年、AHA(アメリカ心臓協会)公認の世界標準かつ最先端の知識と技術を習得されている福岡博多トレーニングセンターの講師の先生方にご協力いただき、大学での資格取得を目指しています。一次救命処置には、知識が必要ですので、まずはオンラインで講義を受講し、その後技術講習となります。コース修了者には、修了証(プロバイダーカード)が授与されますが、今年も出席者全員、一時救命処置の「BLSプロバイダ―資格」を取得することができました!!

では、技術講習の流れを見てみましょう。

受付で名札をもらい、さあー講習の始まりです。
①②

動画を見てから、早速、模型を使用しての実践です。インストラクターの先生が、細かく指導をして下さいます。一時救命は、まずは何といっても呼吸ができるように「気道を確保」することが重要です。人間の体の解剖生理を考えながら首の位置を調整していますね。「気道の確保」ができたら、バッグバルブマスクで酸素を投与する人、心臓マッサージをする人に分かれて協力しながら人命を救助します。呼吸の援助と心臓マッサージのタイミングを合わせるのが難しいけど、先生のご指導でコツをつかむことができていました。
③④

⑤⑥

乳幼児の胸骨圧迫も学びました。小さな子供は、骨や筋肉が大人のように頑丈ではないので、大人と同じように心臓をマッサージしてしまうと「胸骨や肋骨」という心臓の前や側面にある骨が折れてしまいます。特に乳児は体が小さいので、人指し指と中指の2本で胸が1/3くらい沈むくらいの力でマッサージしています。大人と子供の救命の違いに多くの学びがありましたね。
⑦⑧
 

 

 

 インストラクターの先生方、密にならないようにと、3グループに分けて講習をしていただきました。ご配慮、ありがとうございます。先生方のご指導のおかげで、全員合格できました。

看護学科4年生は、この正確な知識・技術の学びを活かし、看護師として活躍することを目指して、次なる目標の看護師国家試験合格に突き進んでいきます。

看護師として命を救う仕事をしたいと思っている中高校生の皆さん、是非、西南女学院大学で一緒に学びましょう。待っています!

0人がいいね!と言ってくれています

今年も、看護学科の4年生が、クリティカルケア看護学で人工呼吸器装着患者の看護を学びました。 Part.2

前回に引き続き、北九州市立医療センター認定看護師(クリティカルケア)の増居洋介先生と戸畑共立病院認定看護師(集中ケア)大西翠先生にお越しいただいて実施した、人工呼吸器装着中の看護(全身管理)の講義・演習を紹介します。

9月12日(月)は、気管挿管時の看護を実践し、人工呼吸器の装着体験をしました!

⑦ ⑧

 

 

 

 

 

「気管挿管」について、救急医療を扱うドラマなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

「気管挿管」は気管チューブを患者さんの喉の奥に入れる手技で、呼吸ができなくなって人工呼吸器が必要となった患者さんに行います。挿管の手技自体は医師が行いますが、呼吸が止まっている患者さんに行う手技であり、正確性や迅速性が求められるため看護師の介助が絶対に必要です。

看護師は主に物品の準備や受け渡しなどを行います。ただ物を準備するのではなく、物品に破損がなく適切に使用できる状態かなどを確認しながら準備します。
また、医師が集中して素早く手技を遂行するためにも、看護師が次の手順や使用する物品を予測してすぐに手渡せるように準備しておくことが重要です。

 

医師の体験もしました。

⑨

 

 

 

 

 

医師役として、挿管の手技の体験も行いました。医師の立場から看護師にどのように介助してほしいかということを、体験を通して学ぶことも大切な経験です。視界を遮らない、持ちやすい・そのまま挿入しやすいなど、配慮しなければならないことを実感できました。

 

人工呼吸器の装着体験です。

⑩ ⑪

 

 

 

 

 

 

人工呼吸器は呼吸を助ける機械であり、患者様の回復に必要なものです。しかし、人工呼吸器を装着する治療は、患者さんにとって苦しいことも多いのです。今回、学生は人工呼吸器の装着体験をしました。気管チューブを長時間挿入されていることにより、喉元や口の中に痛みが生じます。また、人工呼吸は機械によって肺に空気を押し込む仕組みのため、機械の設定が適切でないと患者様は無理やり空気を押し込まれているような感覚となり、大変な苦痛を感じます。

「人工呼吸器の体験」は臨床現場などでもなかなかできない貴重な体験です。その体験の中で「患者の立場になって考える。」という経験ができたのは学生にとって、良い学びにつながったのではないかと思います。

 

胸にバストバンドを装着して、呼吸が苦しい患者を模擬体験します。

⑫

 

 

 

 

 

この集中講義に参加した看護学生は、全員将来は救急医療の現場で看護師として患者さんを助けたいという夢を持っている学生です。

この2日間の講義を終えて、学生の感想を少しご紹介しますね。

人体の構造が分からないと援助につながらないということがよくわかった。
もう一度、解剖学を勉強しなおします。
・吸引チューブを触ってみると固いものであった。
 このチューブを入れられる患者さんの気持ちを考えることができた。
・呼吸リハビリテーションで手を重ねて力加減の指導をいただいたおかげで
 とてもわかりやすく、実際に押す力を学ぶことができた。
・新型コロナウイルス感染症の影響で病院実習をしたことが無かったが、
 病院実習に行ったかのように、ICUの実際の看護を学ぶことができた。
・目が覚めて、声が出ない、自由に動くことが出来ない
(沢山のルート類が繋がっている)と、
 状況がわからなくて戸惑う患者さんの気持ちを考えることができた。
・吸引のリスクを学び、吸引が必要であると判断できることが重要であると感じた。
・人工呼吸器の装着体験で、機械と呼吸が合わないと苦しいということを体験した。
・人工呼吸器は画面の確認だけでなく、患者さんの肩の動きや表情の観察が
 重要であると学ぶことができた。
・気管挿管介助では、医師の動きを見ながら連携をとることが大切であり、
 スムーズに行えることを学ぶことができた。
・気管挿管の介助では、医師の立場でも考えることができ、
 準備や事前確認の大切さを学ぶことができた。
・援助を行う上で、一つ一つに根拠があり、そのリスクも理解したうえで
 実施することが大切であることを学ぶことができた。

いかがですか?

数カ月後には社会に旅立ち、看護師としての人生が始まる学生さんだけあって、深い学びができました。大学の勉強って、このように自分の目標を持って、積極的に学んでいくことがとても大切なんです。

きっと、高校生の皆さんも、将来は救急医療現場で働きたいという夢をお持ちの方もいらっしゃると思います。そのような夢をお持ちのあなた、そして看護に興味があるあなた、是非西南女学院大学保健福祉学部看護学科で一緒に学びませんか。

最後に、増居先生、大西先生、2日間ご講義ありがとうございました。

0人がいいね!と言ってくれています

今年も、看護学科の4年生が、クリティカルケア看護学で人工呼吸器装着患者の看護を学びました。 Part.1

9月7日(水)、9月12日(月)に、北九州市立医療センター認定看護師(クリティカルケア)の増居洋介先生と戸畑共立病院認定看護師(集中ケア)大西翠先生にお越しいただいて、人工呼吸器装着中の看護(全身管理)の講義をうけました。

クリティカルケアとは、生命の危機的状態(クリティカル期)にある重症患者に対して行われるケアを指します。 生命の危機的な状態は病院の中で起こるわけではなく、例えば交通事故や突然の心停止のように、私たちの生活の場でいつでも、どこでも、誰にでも起こる可能性があります。そして認定看護師とは、特別な研修と試験を受けて、専門性が高く難しい看護技術を実践できると認められたスペシャリストナースのことを指します。

9月7日(水)、まずはしっかり講義で人工呼吸器装着患者の学びを深めました。

①

 

 

 

 

 

 

 

講義では、人工呼吸器という器械を使用している患者さんを想定し、まずは人工呼吸器の基礎知識を学びました。さらに、自分で痰を出すことができない患者さんの痰を取り除く「吸引」方法などについて学びました。基本的な吸引の勉強は2年生で学んでいますが、今回の「人工呼吸器を装着している場合の吸引」はその応用で、技術も難しくなります。これまでの基礎的な知識・技術を応用した看護を学べるのも、4年生の講義ならではです。

 

②

 

 

 

 

 

 

 

講義中には、人工呼吸器管理に使用する「気管チューブ」を実際に触れてみました。
このチューブを患者の喉に挿入し人工呼吸器と接続します。
実際に器材に触れることで、「このような管が喉の奥まで入っていると痛いだろうな…。」などと想像を膨らませることができました。

 

空気の通り道を確保する気管チューブを、テープを用いて固定してみました。

③

 

 

 

 

 

 

 

講義の後は演習です。
「気管チューブ」が喉から抜けてしまうと、呼吸が出来なくなり生命に危険が及びます。「気管チューブ」を挿入するのは医師が行いますが、この「気管チューブ」が抜けないように、専門的な方法で患者さんの口元にテープで固定します。「気管チューブ」の抜けを予防して患者様の安全を守るのは、看護師の大切な役割の1つです。

 

 

④ ⑤

 

 

 

 

 

しっかり固定ができるように、認定看護師の指導を受けながら何度も練習しました。
一見するとテープを貼るだけの簡単な作業にも見えますが、苦痛が少なくなるように、かつ管が抜けないように貼るには、正しい方法と工夫が必要です。

 

 

次に、呼吸リハビリテーションの体験です。

⑥ー1 ⑥ー2

 

 

 

 

 

手術後や、人工呼吸器を装着されている患者さんは痰がたまりやすい状態になります。肺に痰がたまったままにしておくと十分な呼吸が出来なくなったり、肺炎になったりしやすくなります。そのような合併症を防ぐためにも、痰を効果的に出し、深い呼吸を促すなどの予防が重要となります。その予防法の1つが呼吸リハビリテーションです。今回はそのリハビリテーションを学生同士で実施しました。実際に患者体験を行うことで、どのように援助を行うと、呼吸を楽に行うことができるのか学ぶことができました。

患者と看護師の両方の体験を体験すること、そしてペアの学生とお互いに指摘しあうことで、手技は上達していくことでしょう。
この演習経験は次回のpart2に続きます!

0人がいいね!と言ってくれています

看護師国家試験への取り組みは後半戦に突入!!!

西南女学院大学看護学科は、全4年生の国家試験全員合格!を
目標に掲げ、模試をはじめとする対策年間スケジュールを作成しています。
教員の看護師国家試験対策委員と学生の国家試験対策委員が中心となって、
教員と4年生全員で主体的な学習が行えるように計画的に取り組んでいます。

IMG_6838 IMG_6841

 

 

 

 

しかし学習の進捗は個々によって違いますので、
そこはゼミ担当教員が個別支援を行い、多方面からのサポートを心掛けています。
そんな取り組みの中でも、看護師国家試験模試は本番の雰囲気を
体感できるだけでなく、今の自分の現状を把握し、
合格に向けての自身の課題を明確にできる大切な対策となりますので、
定期的に実施しています。

IMG_6887 IMG_6850 IMG_6873

 

 

 

 

第3回目の学内模試は、終息の兆しがなかなか見えない
新型コロナウイルス感染症の影響に加え、
同時期に総合実習や就職活動、保健師課程・教職課程の
専門領域の実習が展開されていたこともあり、
8月下旬~9月上旬に3回にわけて実施しました。
学生が前向きに取り組めるよう、環境や学生の状況が刻々と変化するなか、
教員は柔軟に対応することを心がけています。
さて、結果はどうだったでしょうか?
きっと達成感を感じた学生、
次回の模試での巻き返しを狙う学生と様々だったことでしょう!
大切なことは、結果を振り返り、
限られた看護師国家試験までの時間をどのように活用していくのか、
戦略的に行動することであり、
本格的なラストスパートの始まりがこの10月からです。

IMG_6883 IMG_6867 IMG_6863 IMG_6879

 

 

 

 

 

 

 

今年度の4年生の学生は、新型コロナウイルス感染症流行の煽りを受け、
看護学生としての集大成である3年次後期以降の各論実習が、
学内実習もしくは現地実習とのハイブリット実習となってしまい、
臨地での経験を得ることが難しい状況でした。
国家試験の学習を進める中でも、この実習環境が影響を与え、
臨床場面が想起しづらいなどの壁にぶつかることもあります。
しかし、そこは西女学生の持ち味であるチームワークの良さを活かし、
模試の始まる前や休憩中は互いに問題を出し合い、
模試に向き合う姿が見受けられています。
コロナ禍で登校できない時期もありましたが、
登校時の彼女たちは、はじけんばかりの満点の笑顔です。
これから寒くなるにつれ国家試験に向けた学習が佳境となりますが、
合格をつかみ取るまで諦めず粘り強くがんばっていきましょう!

IMG_7282 IMG_7284 IMG_7286

 

 

 

 

コロナになんか負けない!がんばれ西女生!目指せ!全員合格♡♡♡

0人がいいね!と言ってくれています

出会い! 交流! 体験! ボランティア活動

 西南女学院大学では、大学での様々な学びを活用して地域活動する取り組みを行っています。今回はその一つである学生のボランティア活動についてお伝えします。

八幡西区にあるNPO法人 にこり 産前産後ケアステーションには、普段、赤ちゃんのお世話で大忙しのママに、ホッとひと休みしていただく場があります。夏休みの6日間、看護学科学生有志の延べ10名が、ママに変わって赤ちゃんを見守るボランティアをさせていただきました。

 

参加したのは秋からの実習を控えた3年生。
新型コロナウイルス感染症第7波の中にあったことから、事前の行動自粛と健康記録を行い、感染対策を十分に行って参加させていただきました。また、これまで赤ちゃんに触れる機会がなかった学生もいたことから、実習室で赤ちゃんのお世話を練習し、大学で学んだ小児の発育・発達について復習してから伺いました。

ブログ写真 1

 

 

 

 

 

 

※写真はクリックすると拡大されます

 

普段、ゆっくりご飯を食べることもできないママたちに、この日だけはゆったりした時間を過ごしていただきたい、という思いで参加した学生でしたが、初めは人見知りをして泣く赤ちゃんも。

ママたちにお話を聞かせていただいたり、おもちゃで一緒に遊んだり、赤ちゃんも少しずつ慣れてくれたようでした。助産師さんが行う沐浴や、栄養士さんが行う質問タイムにも同席させていただきました。

学生は、赤ちゃんから、お母さんから、スタッフのみなさんから、たくさんのことを学びました。

2 3 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真はクリックすると拡大されます

 

NPO法人 にこり は、医療の必要な子どもたちと家族の在宅生活を支えるために色々な活動をされています。
9月10日(土)、 「第1回 にこりのお祭り」が黒崎商店街で開催されました。
「にこりのお祭り」にも、3年生と4年生の6名が参加し、遊びのブースで子どもたちを相手に奮闘しました。
遊びのブースでは、初めて会った子供たちがすぐに仲良くなり、競争しながら楽しんでくれました。楽しくなって、ママに「行くよ!」と言われても遊び続ける子や、2歳くらいの妹を先に遊ばせてあげる5歳くらいの優しいお兄ちゃん、などなど学生は子どもたちの様々な世界を経験しました。

その様な中、参加したそうだけど恥ずかしがって後ずさりしたり、ママの後ろに隠れたりする子とも、子どもの気持ちになって接することで、心を開いてくれる体験もできました。

5 6 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8
 

 

 

 

 

 

※写真はクリックすると拡大されます

 

 

 

 

学生は、「医療の必要な子供たちもたくさん来てくれて、一生懸命輪投げをしたり、成功したらすごくうれしそうに笑ってくれた姿をみて、幸せな気持ちになりました。」

「自分達ができることをやり遂げることができ、とても貴重な経験になりました。」

「真剣に、かつ楽しく取り組めました」と、感想。
多くの子ども達、お母様方、そして黒崎の地域の方々、ありがとうござしました。

9 10

 

 

 

 

 

 

 

※写真はクリックすると拡大されます 

西南女学院大学での学びは、看護師になるためだけの学びではなく、医療・保健・福祉をはじめ地域で生活をする全ての方々が笑顔になれる学びであり、またその笑顔が学生の学びの源となっています。

ボランティアでいただいたたくさんの笑顔を糧に、3年生は実習に向かって4年生は国家試験に向かって、自身の夢を実現するために頑張っていくことでしょう。

 

地域の皆様、ありがとうございました!

1人がいいね!と言ってくれています

「教えて先輩!!」~1年生・4年生の交流会~

1年生はこれまで、看護大学生として初めての体験を重ねてきました。そして8月初めに、最大の試練がやってきます。定期試験です。

1回の講義は90分間、1回の講義で教科書は数十ページ進む、講義は教員の解説を聞き自分でまとめる形式、試験範囲は教科書まるっと1冊。大学最初の定期試験は、今の1年生にとって不安だらけです。

そこで7月15日と22日の授業の空き時間に、4年生が後輩の1年生のためにリモートで交流会を開催してくれました。事前の「1年生が聞きたいこと調査」では、定期試験のことだけでなく、看護学実習、コース選択、国家試験準備、就職活動、と、質問がたくさんありました。

DSC_0009DSC_0011

定期試験について、「どんな問題が出るの?」「どんな勉強方法がいいの?」という質問に、「一夜漬けは無理。早くから始めること。」「授業資料だけでなく、教科書を読むのは大事」「友人と協力して試行錯誤していくうちに、自分にあった勉強方法がわかってくるよ。それまで、いろいろ試すしかない。」との答え。1年生にとって期待した答えではなかったけど、先輩たちもたくさん悩みながら学習してきたんだなぁって、感じていました。

0722_5限_N1-N4PHN_20722_5限_N1-N4PHN_1

先輩たちからは、「今は、まだわからないかもしれないけど、1年生で学ぶ看護形態機能学とか、看護学概論とか、すっごく大事な科目。」「私が後悔したことだけど、1年生の夏休みに試験内容を復習しておくと、後期が楽になるよ。」という貴重な助言が。さて、1年生にはどのように届いたでしょうか?

コース選択については、保健師課程の先輩がアドバイス。看護師プラスの資格を取るためには選択必修となる科目も多く、実習も5単位多くなります。大変だけど、充実した学習をしている先輩のお話には、興味をそそられていました。

交流会2交流会4

これから更なる壁に立ち向かう1年生と、幾度となく壁を越えてきた4年生。1年生にとって4年生は、大学生としての目標です。卒業生も含め、このように先輩が後輩を支援することは、西南女学院大学看護学科の伝統となっています。

2人がいいね!と言ってくれています

第25回卒業証書・学位記授与式が行われました!

2022年3月18日
第25回西南女学院大学卒業証書・学位記授与式が行われました。
IMG_3621
IMG_3618IMG_3591

今年度も、新型コロナウイルス感染症対策として、学科ごとに分かれ短時間での実施です。
また、保護者の皆さまの来場は控えていただき、式典の様子はYouTubeでライブ配信されました。

大嶋看護学科長からは、これから社会にはばたく卒業生へ激励の祝辞をいただきました。
IMG_3612IMG_3625

『学長賞』と『一般社団法人日本私立看護系大学協会会長表彰』で表彰された学生は記念品の贈呈が行われました。
IMG_3627IMG_3633

卒業証書・学位記は、ゼミの教員より授与されました。IMG_3637IMG_3639

卒業生の皆さん
この4年間楽しかったことや辛かったこと、たくさんの出来事があったのではないでしょうか。
新型コロナウイルスの流行に伴い、授業はリモートに変更となり、実習は病院に行くことができない時期がありました。
今後の見通しが見えない状況で不安に感じる事も多かったと思います。
このような状況で、様々なことを乗り越えてきた卒業生の皆さん、今日はとても輝いていましたよ。

教員一同、学生から学ぶことばかりです。
卒業生の皆さん、ありがとうございました。
それぞれの場所でのご活躍をお祈り申し上げます。
時には、大学に立ち寄ってくださいね。

ご卒業おめでとうございます。

2人がいいね!と言ってくれています

今年も感染対策を徹底しBLS講習を受け、一時救命処置のBLS(Basic Life Support)プロバイダ―資格を取得しました!!

私達4年生は、2021年9月25日(土)に、福岡博多トレーニングセンターのインストラクターの先生6名にお越しいただき、一次救命処置に必要な技術を学びました。
昨年とは違い、知識面はオンライン受講を終えてからの技術講習です。

受付で名札をもらい、さあー講習の始まりです。
①

動画を見てから、早速、実践です。インストラクターの先生が、細かく指導をして下さったので、とても分かり易かったです。
Inked②_LIInked③_LI
Inked④_LI

乳児の胸骨圧迫法も学びました。
⑤

乳児の窒息解除は、背部叩打法を学びました。
Inked⑥_LI

インストラクターの先生方のおかげで、全員合格できました。ありがとうございました。私達4年生は、知識・技術を兼ね備えた看護師を目指し、これから国家試験の勉強にも励んでいきたいと思います。
インストラクターの先生方、お忙しい中、ご指導ありがとうございました。

 

4人がいいね!と言ってくれています

看護学科の4年生が、クリティカルケア看護学で人工呼吸器装着中の看護を学びました。

2021年8月4日(水)、8月5日(木)と、北九州市立医療センター認定看護師(クリティカルケア)の増居洋介先生と戸畑共立病院認定看護師(集中ケア)大西翠先生にお越しいただいて、人工呼吸器装着中の看護(全身管理)の講義をうけました。
①
②
③

呼吸を助けるための挿管チューブの、テープ固定を実践しました。
④⑤

次に、挿管チューブを固定するカフ圧調整の実践です。
⑥ー1⑥ー2

202185日(木)は、気管挿管時の看護を実践し、人工呼吸器の装着体験をしました!
気管挿管の介助を実践しました。
Inked⑦_LI

医師役‐看護師役に分かれ、挿管を体験し、医師目線で挿管物品を渡される側の体験もしました。
⑧

人工呼吸器の装着体験です。
⑨

胸にバストバンドを装着して、呼吸が苦しい患者体験です。
⑩

呼吸のタイミングが合わない辛さが経験できました。
⑪

最後に、痰を出しやすくする体位ドレナージの体験です。
⑫⑬

2日間の講義を終えて

  • 挿管チューブの固定やカフ圧調整などの実践から、手技一つひとつには目的があり、目的を把握し実践することは、患者さんの安全や安楽につながるのだと、学ぶことができました。
  • 吸引は必要な看護ですが、患者さんにとってとても苦痛を伴う看護であることを考えて看護していきたいです。
  • 医師の気持ちも患者さんの気持ちも体験できました。看護技術を磨き、信頼を得られる看護師になりたいと思いました。
  • 人工呼吸器を観察することは大切ですが、患者さん自身を観察しなければならない重要さに気づきました。
  • 人工呼吸器を装着する患者体験を通して、呼吸のリズムが合わないと苦痛であるということが体感でき、患者さんの苦痛をキャッチして、看護する大切さがわかりました。
  • 一つひとつ何をするかを患者さんに伝えることは、安心感につながるということを実感できました。
  • 今日の学びを就職してから活かしていきたいです。
と、学びが得られました。

増居先生、大西先生、2日間ご講義ありがとうございました。

 

 

5人がいいね!と言ってくれています

来場型オープンキャンパスが開催されました!

7月17日、18日で西南女学院大学のオープンキャンパスが開催されました。
今回は、この2日間のオープンキャンパスの様子をご紹介します。

7月17日は『在校生との交流座談会』が行われました。
各学年の在学生が、大学入試に向けての勉強方法や高校と大学の違い、サークルのこと等、大学生活に関する様々なことを紹介してくれました。


IMG_3164IMG_3169IMG_3171

登壇した在学生は、事前に高校生に伝えたいことをたくさん準備しオープンキャンパスに臨みました。
学生は少し緊張している様子もありましたが、少しずつ緊張も解けて和やかな雰囲気での交流座談会となりました。
参加者のみなさん、先輩のメッセージは伝わりましたか?

 

7月18日は、『なぜ濃厚接触の看護師が新型コロナウイルスに感染しないの?』というテーマで模擬授業が行われ、衛生学的手洗いとガウンテクニックを学びました。

IMG_3191

まさに今の時期だからこその内容です。
高校生の皆さんにも一緒に手洗い体験をしていただきました。

IMG_3189IMG_3197IMG_3194

次に個人防護具の着用と脱衣の方法(ガウンテクニック)を在学生(2年生)が実演してくれました。
IMG_3202IMG_3203IMG_3204IMG_3205

感染予防は正しい知識と正確な技術で行うことが、患者様はもちろんのこと自分自身を守ることにも繋がります。

この2日間、多くの方に参加していただき、本当にありがとうございました。
今回、来場してくれた高校生の皆さんが『看護』に興味をもっていただければ嬉しいです。
この西南女学院大学で一緒に学ぶ仲間が増えることを願っております。

次回のオープンキャンパスは、8月21日(土)、8月22日(日)に催します。
高校生の皆さんはもちろん、ご家族の方も大歓迎です。
また、お会いできる日を心待ちにしております。

無料送迎バスがございますので、どうぞご利用ください。

OCOC2※画像はクリックすると拡大します。

 

2人がいいね!と言ってくれています