マロリーホールで、チャペル・アワー

 西南女学院大学では、キリスト教に基づいた教育の一環として、

毎週木曜日にチャペル・アワーがあります。

IMG_2322

チャペル・アワーは、マロリーホール

(西南女学院大学で1番歴史があり、 

ステンドグラスの光が差し込む素敵な場所)で行われます。

~マロリーホールの紹介は、またの機会に~

初めて参加した1年生は、最初「何があるんだろう?!」と戸惑っていた様子。

音符と本
チャペル・アワーが始まり、讃美歌をみんなで歌い、お祈り、そして、キリスト教学の東彩子先生の「あなたを導かれる神」の話。・・・ロサンゼルスのキリスト教系日本語補修学校教師時代に出会ったお転婆な女の子の信仰の話でした。・・・この話を聞いているうちに、マロリーホールが落ち着いた穏やかな雰囲気に包まれていきました。

 

IMG_2254 - コピーこのような学びの場を積み重ねて、看護に携わる者としてキリスト教に基づく建学の精神「感恩奉仕」を育てていきます。

 

 

~西南女学院の草花~

  入学式で満開の花を咲かせてくれていた桜・・・淡いピンク色の花吹雪を見せてくれて、ちょっとずつ葉桜

 そして、つつじの季節へ140415花

8人がいいね!と言ってくれています

2014年度 入学式 ~桜満開~

4月3日 2014年度の入学式

入学式1

桜イラスト14 看護学科21回生の100名の皆さんが、

「満開の桜の花咲く 春のよき日に」

新しい出会いと希望に満ちたスタートの日を迎えました。

 

桜の花に続いて、新入生を温かく迎える、お祝いの言葉やハンドベルの清らかな音色。

讃美歌の歌声が響き渡る式典の中で語られる, これからの大学生活へエール。

IMG_2181IMG_2163
 

そして、建学の精神 キリスト教に基づく「感恩奉仕」の話

IMG_2272 「感恩奉仕」 私たちが神の愛の中にいかされていることに感謝し、社会や家族に愛をもって仕えていくということ。

 

入学式の後、新入生の保護者を対象とした保護者懇談会を開催しました。 IMG_2235
新入生の保護者に向けて、学科の教育、学習および学生生活のサポート体制について、学生生活での注意事項などについて説明がありました。

また、1年次に開講される基礎学習ゼミについて説明が行われ、ゼミ担当の教員と保護者のグループ別交流会や希望された保護者との個別懇談が行われました。 基礎学習ゼミについては、今後の記事で紹介していきたいと思います。過去の記事もご覧ください。

10月(予定)の保護者懇談会は、1,2年生の保護者を対象に開催される予定です。(例年、保護者懇談会は4月と10月に開催しています) 2013年度の様子はこちらを御覧ください。

新入生の皆さんのこれからの大学生活が、友人や教員、実習での出会いの中で、実りある豊かな日々となるように、心からお祈りしております。

IMG_2261

11人がいいね!と言ってくれています