看護学科の1月の風景

多くの大学では1、2月「大学生活の年間スケジュール」に主なイベントがなく、冬の大学生活のイメージが付きにくいのではないでしょうか?

1月の本学看護学科の学生生活の一部を紹介します。

この時期、本学看護学科の学生の皆さんは、臨地実習や国家試験、定期試験に向けて着実に力を付けています。

☆実習真っ只中の3年生、実習前の「新生児の沐浴」の自主練習中です。

image001 image003
「練習2日目、丁寧に沐浴できるようになってきた」「明日は、図書館で勉強します」(学生)

 

☆看護師国家試験まじかの4年生、図書館や演習室(個室)で友達と勉強、頑張っています。

勉強中の写真はありませんが、4年生が通う図書館と国家試験の問題集コーナーからご想像下さい。

image007image006
 

☆1月のマロリー館前の中庭

寒さの中で、桜やメタセコイアの木たちのつぼみが膨らみ始め、もう少しで春が訪れます。

国家試験の勉強、実習の準備等に頑張っている学生さん、今の一歩一歩を応援しています。

そして、その一歩一歩が、これからの皆さんの糧となると信じています。

image011image014 図1
 

******

看護学科の各学年の2月、3月主な予定

・1年生:定期試験(2/3~2/13)、基礎看護学実習(3/9~3/16)

・2年生:定期試験(2/3~2/13)

・3年生:臨地実習

・4年生:保健師国家試験(2/20)、看護師国家試験(2/22)

卒業式&卒業記念パーティー(3/20)

*****

 

 

 

 

 

 

7人がいいね!と言ってくれています

クリスマス礼拝

2014年12月18日(木)13:00~クリスマス礼拝が開催されました。
場所は恒例のアルモニーサンク北九州ソレイユホール。

IMG_3034 IMG_3032
学生たちは、受付を済ませ続々と場内に入ります。
IMG_3042IMG_3038IMG_3046IMG_3045
案内係をしてくれた学生たちです。

IMG_3049
 

会場内の様子です。
学科ごとに席が決められています。

IMG_3058IMG_3056
会場には、1年生を中心とした大学・短期大学全学科の学生、教職員、保護者、OG、総勢約1000名がご来場くださり盛大に開催されました。

IMG_3061

プログラム

聖書祈祷、燭火入場にはじまり
1.讃美
2.キリスト生誕劇
3.クリスマスメッセージ講演
4.讃美
5.特別讃美:独唱、オルガン、ピアノ、ハンドベル演奏
6.献金祈祷
7.讃美:ハレルヤコーラス
祝祷、後奏

です。

キリスト生誕劇の様子です。
脚本、役者、ナレーター、すべて学生と教職員で担っている手作りの劇です。
何か月間も練習を重ねてこの日を迎えました。

IMG_3070IMG_3085IMG_3105IMG_3088IMG_3090IMG_3094
 

クリスマスメッセージ講演の様子です。
IMG_3115
講師は、福島第一聖書バプテスト教会牧師の佐藤彰牧師です。
福島第一聖書バプテスト教会は
2011年3月11日東日本大震災で、『原発に一番近い教会』として多くの報道番組に取り上げられました。
佐藤牧師は、津波や住宅倒壊によって多くの大事な方々をなくされた上に、
高濃度の放射能のため故郷を離れざるを得ず、
教会員、地域の人々とともに奥多摩へ移住されました。
苦しい中にも、奥多摩の教会のみなさんの愛の中に包まれ癒しと感謝に包まれたそうです。
そして、再び福島に戻られました。
この3年9か月間の経験を経て、今再び「神様はあなたを愛している」との思いを強くされ
私たちに教えを説いてくださいました。

 

特別讃美の独唱です。
金谷めぐみ先生の独唱です。美声が響き渡ります。

IMG_3156
ハンドベルの演奏です。美しいメロディーについ目を閉じてうっとりします。
この日のために放課後毎日練習しました。
看護学科の学生も活躍しています。

IMG_3142
 

最後は全員でハレルヤコーラスを歌いいました。
会場内がひとつになります。

IMG_3213
生誕劇で熱演の学生や教員。衣装のまま楽しく讃美。

IMG_3177IMG_3181IMG_3195
 

今年のクリスマス礼拝も大成功でした。
来年も楽しみです。

4人がいいね!と言ってくれています