1年生は、清潔ケアの演習に取り組んでいます。

1年生は、前期にベッドメーキング演習や早期看護実習を終え、今は清潔ケアの演習をしています。
今日は、体を拭く「清拭」と、部分浴としての「足浴」「手浴」の演習でした。
IMG_5449
実習室の中央での教員のデモンストレーションを、約100名の学生が真剣に見学しています。
熱心にメモを取りつつ、細かい部分はモニター画面で確認します。

デモンストレーション後は、学生同士で実施します。

IMG_5455
 

ベッドサイドでは、教員から、直接技術指導を受けます。

IMG_5457  IMG_5454
 

4年生からも指導を受けます。先輩の指導を真剣に聞いています。

IMG_5460
 

部分浴も実施しました。

IMG_5474
快適なお湯の温度、安楽な姿勢、心地よい洗い方とは・・など、
患者役の学生に尋ねながら、実施します。

IMG_5472  IMG_5476
実技演習終了後には、グループでの意見交換が活発に行われました。
単に「行う」のではなく、「よりよいケアにするために、考えて行う」演習でした。

これから、3月の基礎看護学実習に向かって、患者様に提供するための技術の演習が続きます。

4人がいいね!と言ってくれています

看護学科の4年生が、救急・クリティカルケア看護学演習に張り切って取り組んでいます!! ー第2回ー

1026日(水)、北九州市立医療センターの増居洋介先生に再度お越しいただき、人工気道(気管挿管)に対する看護ケアを学びました。

講義の後、挿管チューブのテープ固定を実践しました。

IMG_①

   吸引カテーテルを使って、挿管チューブ内の吸引の実際を体験しました。IMG_②

呼吸介助の実践です。

IMG_③   IMG_④IMG_⑤   IMG_⑥IMG_⑦

   集中ケア認定看護師の増居先生、山下先生、ありがとうございました。二日間の演習で、患者さんの身になって看護を考える大切さを痛感し、注意しなければならないポイントの根拠を学ぶことができました。
また、実践力もUPできたと実感します。とても大きな収穫になりました!!

 

5人がいいね!と言ってくれています

看護学科の4年生が、救急・クリティカルケア看護学演習に張り切って取り組んでいます!!  ー第1回ー

20161019日(水)、北九州市立医療センターの増居洋介先生と北九州市立八幡病院救命救急センターの山下亮先生にお越しいただいて、人工呼吸器の特徴と仕組みを学びました。

IMG_①

   最初に、フィルターを一人ずつ頂いて、挿管チューブを装着し呼吸してみました。細いチューブは呼吸するのに苦しかったです。

  IMG_② IMG_③  IMG_④  IMG_⑤

実際に人工呼吸器の陽圧換気を体験してみました(バストバンドを胸にきつく巻いて、深呼吸がしづらい状況で体験しています)。

IMG_⑥   IMG_⑦

強制的な換気設定では咳き込む学生や、タイミングが合わず苦しくて呼吸器から口をはずす学生もいました。

IMG_⑨  無題
 

本日の体験を通して、
「強制的に換気をされると苦しい。私達自身もきついと目を見開いたり、苦しい表情をしたりと大変であった。」
「設定が合わないと、とても苦しいということを実際に体験することで、患者さんの表情やしぐさを観察する大切さが身に染みて理解できた。」
など、体験することでわかる学びが得られました。


 

 

6人がいいね!と言ってくれています