3年生 看護学実習の始まり!

酷暑となった今夏、まだまだ暑さが続きます。

西南女学院大学では、9月から看護学科3年生の実習が始まります。

3年生の実習は、4年間の大学生活の中でも看護実践者として重要な学びの期間です。

「成人看護(急性期・慢性期)」「老年」「在宅」「小児」「精神」「母性」の7つの専門領域毎に、それぞれ2~3週間の期間をかけ、来春まで臨みます。

8月31日は、最初のスタートである「領域別看護学実習オリエンテーション」が行われました。

看護学科長、実習担当の教員から、実習に向けての心構え・留意事項、また、実習にあたっての個人情報の取り扱いやSNSを利用する上で注意しなければならないこと等説明が行われました。
IMG_7940IMG_7947
(画像はクリックすると拡大します)

オリエンテーション後、「これからやらなきゃいけないことがたくさんありますね。」と学生が不安そうに話していました。

この実習を通して、学生は、これから看護を担う専門職業人として、大きく大きく成長します。

実習ではたくさんの経験をすることになるでしょう。ですが、悩んだとき一人で乗り越えなければならないわけではありません。

「これから出会う患者様との一期一会を大切に。出会いを大切にして下さい」という教員の言葉を思い出してください。

そして、仲間と一緒に、大変なことも嬉しいことも共有し乗り越えていってくれることを願っています。

IMG_7945(画像はクリックすると拡大します)

そのために、私たち教員も、臨地の指導者とともに全力でサポートします!!

 

2人がいいね!と言ってくれています