第3・4回大学連携公開講座 報告

 10月20日に開催されました第3回大学連携公開講座は、毎年、西南女学院大学祭「しおん祭」に合わせて行われています。
今回の講師は、「北九州小倉・糠床糠炊き研究会」顧問の波多野淳子先生で、「北九州の郷土料理 糠床、糠炊きの魅力発見」です。講座では糠床の作り方の実演もあり、参加者はとても楽しく学んでおられました。

 講座開始前には、血管年齢測定、骨密度測定や媒体を用いた指導なども行われ、看護学科では、血圧測定と酸素飽和度の測定を行いました。今回は4年生の5名がボランティアで血圧測定に参加し、48名の方の血圧測定を行いました。
さすが4年生です!
講座参加者の方に話しかけながら、少し血圧が高い方には深呼吸を促しながら和やかに測定することができていました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。
 IMG_1923※写真はクリックすると拡大されます

栄養学科の近江先生、境田先生も測定に来ていただきました!
ありがとうございました!
IMG_1915※写真はクリックすると拡大されます

 第4回大学連携公開講座は12月1日に開催されました。
今回は、九州歯科大学教授藤井航先生による「ヒトはどのようにして、食べたり飲んだりしているのだろう?」というテーマの講座でした。
IMG_2012※写真はクリックすると拡大されます
講義風景

いつものように講座前には、様々な測定や媒体を用いた指導なども行われました。
栄養学科では、骨密度測定、血管年齢測定を九州歯科大学コーナーでは、口の機能検査、酸生産能の検査、唾液検査、看護学科では、38名の血圧測定と酸素飽和度測定を行いました。
今回は2年生5名が血圧測定のボランティアに参加してくれました。2年生は9月に基礎看護学実習Ⅱを修了した学生です。
実習での患者さまは病衣を着ておられるので、腕をだしやすく、マンシェットも巻きやすい服装ですが、今回は、病衣ではありません!セーターを着ておられる方の測定ははじめての体験でした。袖をまくり上げてしまうと衣類で腕を圧迫してしまいます。いかに正確に計測するかを考える実践の場になりました。
 IMG_2003※写真はクリックすると拡大されます
緊張の中にもとても良い笑顔です!

ボランティアとして活動した看護学科2年生の声を少しだけ紹介します。
「地域の方とお話しをしながら交流を図ることができて、貴重な経験になりました」
「血圧測定を行う上で技術はもちろん、コミュニケーションを上手くとることが大切だと改めて感じました」
「自分の体について不安を感じている人が多く、もっと不安を取り除けるような受け答えができればよかったと思います。まだまだ学ばなければならないことがあると感じました」

最初は緊張していましたが、参加者の方に声かけをしながら測定を行うことができていました。
貴重な経験になったと皆が感じていました。お疲れさまでした。

2018年度の公開講座は今回で終了しました。ご協力頂きありがとうございました。

2人がいいね!と言ってくれています

第1・2回大学連携公開講座 報告

 今年も 西南女学院大学保健福祉学部・九州歯科大学口腔保健学科による大学連携公開講座を行いました。
この公開講座は今年で5年目となりますが、今年は計4回で、テーマにそった講演とランチがセットになっています。

 第1回は6月30日(土)は、「知って欲しい日本人に多い脳卒中~寝たきりにならないために~」で、栄養学科の田川辰也教授による講話でした(写真1)。
ランチとして、栄養学科4年生による高血圧を防ぐ食事法DASH食(ダッシュ食)が提供されました。DASH食は、the Dietary Approaches to Stop Hypertension(高血圧を防ぐ食事方法)の略語で、アメリカで調査・研究され、日本高血圧治療ガイドライン2009で、科学的根拠のある食事療法として推奨されています。

IMG_1734※写真はクリックすると拡大されます
写真1 栄養学科 田川辰也教授による講話風景

 看護学科の学生もボランティアで血圧測定と酸素飽和度測定を行い、測定結果を用紙に記載して説明を行いました(写真2)。参加した4年生5名は、38名の住民の方とお話しをしながら血圧測定ができていました(写真3)。

_20181227_112910※写真はクリックすると拡大されます
写真2 血圧測定、酸素飽和度の測定結果カード

 IMG_1727※写真はクリックすると拡大されます
写真3 看護学科4年生ボランティアによる血圧測定風景

 第2回は、8月25日(土)に行われ、テーマは「今どき、まさかの低栄養!?~食生活を見直して老化予防を!~」で、境田靖子講師の講義でした。講義のあとは、おいしいランチ!今回は「低栄養予防食」として、ドライカレー、サラダ、スープ、ヨーグルトゼリーが提供されました。

 今回は、看護学科3年生が血圧測定のボランティアに参加し、41名の住民の方の血圧測定を行いました。最初は緊張していましたが、住民の方に笑顔で声をかけながら血圧測定と酸素飽和度測定を行えました。3年生は9月末から各論実習が開始となります。頑張ってくださいね。
IMG_1822※写真はクリックすると拡大されます
写真4 看護学科3年生ボランティアによる血圧測定風景

 他にも栄養学科学生による血管年齢測定、骨密度測定、九州歯科大学の先生方による歯科相談、嚥下機能チェックなどが行われました。

1人がいいね!と言ってくれています

クリスマス礼拝

西南女学院大学・短期大学部では
イエス・キリストの生誕を祝って毎年12月にクリスマス礼拝をおこないます。
今年も12月13日に北九州ソレイユホールで行いました。
各学科の1年生、OGの方々、職員が出席しました。

プログラム プログラム2※クリックすると拡大します

栄養学科と観光文化学科の学生による『平和のスピーチ』は、英語と中国語でなされました。
神様へ世界中の平和をお願いする、とても流暢なスピーチでした。
朗読 (2)※クリックすると拡大します

イェス・キリスト生誕物語も素敵でした。
生誕劇1 生誕劇3         ※クリックすると拡大します

クリスマス奨励として、玉川聖学院理事長のバーナード・バートン先生からのメッセージがありました。
そして、聖歌隊、独唱、ハンドベル、ピアノ、オルガン演奏。
最後は恒例のハレルヤコーラスです。
1ハンドベル みんなで合唱 (2)※クリックすると拡大します

 

今年は、新しい試みとしてクッキーやツリー、リースなどの販売を行いました。
売り上げはクリスマス募金となります。
バザー (2)
皆さん、ご協力ありがとうございました。

 

★☆★    God be with you    ★☆★
☆★☆    Merry Christmas    ☆★☆

 

2人がいいね!と言ってくれています