2016年度ラスト、第4回栄養学科&九州歯科大の連携公開講座を実施しました!

今年ももう少しで終わりですね・・・、師走は時の流れの早さをすごく感じます。さて、栄養学科は、12月3日土曜日に今年度ラストになる栄養学科&九州歯科大の連携公開講座を実施しました。師走の寒空・・・・ではなく快晴でした。

今回の公開講座のテーマは、『よく噛んで食べることの大切さを学びませんか?~歯・口の健康と全身の健康を守るために~』でした。

 

 写真)師走の寒空・・・・ではなく快晴でした。

九州歯科大から引地教授『お口の異変に気づいていますか?~口の中にもがんがあります~』というテーマで講義を担当下さいました。参加者は熱心に講義を聞いておられ、「お口の中のケアの重要性がよくわかりました!」と沢山のお声を頂くことが出来ました。

引地教授の講義の後は、歯科大生によるミニレクチャーを実施しました。実際に口腔モデルを使用して歯の磨き方を講義してくれました~。

講義開始前のイベントでは、手嶋ゼミの学生たちが、骨密度測定、食事調査を行いました。4年生だけでなく、3年生も参加し、一生懸命頑張っていました!歯科大からは歯科医師相談コーナー、歯科衛生士相談コーナーも設けました。

昼食は勿論、本学栄養学科の担当です!近江ゼミの学生たちによる『がん予防の冬の彩り一汁三菜ランチ』を提供しました~。今回は3年生のゼミ生たちも参加し、頑張って昼食を作製していましたよ。180食という食数でしたから、本当に大変だったと思います。そして4年生はラストの昼食作製でした、本当にお疲れ様でした、有難う!!参加者の方々からも『4年生お疲れ様でした~!』と有難いお言葉を沢山頂きました。

それでは、下記に公開講座の様子(写真)をアップします。写真をクリックすると、説明が出てきますので、是非ご覧下さい。

下記は今回の『がん予防の冬の彩り一汁三菜ランチ』です。そして、近江ゼミと青木ゼミの4年生による御挨拶の写真もアップします!

r0015433 ↑献立です:芹ご飯、たいのごま焼き(付 さつまいものグラッセ)、小松菜としめじのおかか煮びたし、粕汁、豆乳杏仁~ブルーベリーソース~ 

近江ゼミと青木ゼミの4年生から、ご挨拶です! 後には後任の3年生たちがいます。

近江ゼミと青木ゼミの4年生から、ご挨拶です!
後には後任の3年生たちがいます。

以上が今年度第4回の公開講座のご報告でした。盛会に終わることが出来ましたことに感謝申し上げます!