「観光フレンズ」の就任にあたって

 「観光フレンズ」の就任にあたって

観光文化学科2年

安冨璃緒

 私は、この度山口県をPRする「観光フレンズ」に10代目として選ばれました。応募した動機は、母の友人に、向いているのではないかと言っていただいたことです。母の友人から、この「観光フレンズ」という活動があると教えていただく前までは、「観光フレンズ」の存在を知りませんでした。しかし、インターネットで活動内容を見てみたら、県内外のイベントの司会や式典のお手伝い、テレビやラジオの出演など、様々な経験をすることができると知り、自分の成長に繋がると思ったので、応募しました。また、学科が観光に関することなので、授業で学んだことを活かせるのではないかとも思いました。

以前、これから活動していくにあたっての研修を受けました。研修では、お辞儀の仕方や言葉遣い、ビジネスマナーなどを学びました。初めて学んだことも多く、これからやっていけるか不安な気持ちでいっぱいでした。先月の28日には、新旧の観光フレンズの交代式がありました。旧観光フレンズの方々と名刺交換をしたり、来賓の方々や主催者の方々にお席の誘導などをしました。研修で学んだことを実践するのは簡単にはいかず、ぎこちない言葉遣いや誘導をしてしまったと、反省することが多くありました。しかし、これも経験の1つだと思って、任期が2年あるので、これから改善していこうと思いました。旧観光フレンズの方々が、交代式でこれまでの活動の感想を述べるとき、多くの方々と交流することができて楽しかったとおっしゃっていました。

私は、これから人との関わりを大切にしていきたいと思いました。県内外の方々や偉い方々と交流していく中で、学ぶことが多くあるのと思います。私は将来、客室乗務員になりたいと考えています。この観光フレンズも客室乗務員も様々な方と関わるので、丁寧な対応を心がけていこうと思いました。この2年間、より多くの方々に山口県の魅力を伝えられるように、一生懸命活動に取り組んでいきたいです。

安冨璃緒 観光大使① IMG_2933     安冨璃緒 観光大使② IMG_2928

 

北九州クルーズ観光研修について

北九州クルーズ観光研修について

観光文化学科4年

坂田 彩香

 4月21日に、ゼミ活動の1つである北九州クルーズ船おもてなしイベントを行いました。今年のイベント内容は、訪日外国人観光客の方々に書道体験をしてもらい、記念として書道をしている姿をチェキで写真を撮ってプレゼントするというものでした。また、書道体験では外国人観光客の方々のお名前を、その場で私たちが漢字に変換し書いてもらうという、より書道体験を楽しんでもらえるような工夫をしました。

このイベントには次の3つの魅力があると考えます。まず1つ目は、外国人の方々とコミュニケーションをとることが出来ることです。私自身、英語が得意というわけではなく、言語が違う方と会話するという「言葉の壁」に不安を感じていました。しかし、このイベントを通して英語を話すことの楽しさや、理解して頂いたときの嬉しさを味わうことができました。もちろん英語を上手に正しく話すことが大切ですが、外国の方は慣れない英語を使って必死に伝えようとすると理解して下さいます。そのため、簡単な単語やジェスチャーを使うなどの工夫をし、伝えようとする気持ちが大切であると感じました。

2つ目は、日本文化の良さを再発見することが出来ることです。日本で生まれ育った私たちにとって漢字は普段何気なく使う文字の1つですが、外国の方にとっては、アート感覚で漢字を楽しむ方が多かったように感じます。このように、漢字は立派な日本文化の1つとして捉えることができ、視野を広げてみるとより多くの日本文化が存在していると感じました。

3つ目は、企画することの楽しさや難しさを知り、就職活動や社会人になってもこの経験を活かすことが出来ることです。先輩方が作り上げてきたこのイベントを、より良いものにするため何度もゼミの仲間と話し合いを行いました。自分の提案が採用されたときの嬉しさや、仲間と共に協力することの大切さを学ぶことが出来ました。また、1つのイベントを企画するには多大な時間と労力を費やし、軽い気持ちではできないと改めて感じました。

このように、北九州クルーズ船おもてなしイベントでは、外国人観光客の方に日本ならではの「おもてなし」を体験してもらえると共に、私たち自身も成長し、他では味わうことのできない経験がたくさんできると感じます。この経験を就職活動、さらに今後の人生に活かしていきたいです。

写真坂田さん① P4210226     写真2 坂田さん P4210157

 

クルーズ研修を経て

クルーズ研修を経て

観光文化学科3年

村山愛茉音

  私は昨年に引き続き、今回2回目となるクルーズ研修に参加しました。クルーズ研修とは、門司港に入港するクルーズ船に乗船している観光客の方を対象に、日本の文化を知ってもらおうと企画したおもてなしイベントです。今回は主に習字体験をしてもらい、その場で撮影したチェキと共に書いた習字をプレゼントしました。習字で書いた文字は、名前を漢字に変換したもの。海外の方の名前をその場で漢字に当てて考えるというのは、案外難しいものでした。ピーク時には一気に多くの観光客の方が参加してくださり、習字を教える人、チェキを撮る人、ラッピングする人などに分かれ、臨機応変に対応しながら取り組みました。無料のおもてなしイベントだったのですが、中にはお金を払って買いたいという人までいて、やりがいを感じました。英会話に自信がないので消極的になりがちですが、話していく中で、家族の話をしてくれたり、飼っている猫の話をしてくれたりと、つたない英会話でコミュニケーションをとることが出来たと思います。せっかく素敵なイベントを行っているので、積極的にコミュニケーションをとることが大切だと感じました。しかし、時間によって観光客の人数が増減するのは仕方ないことですが、もっと積極的に集客することも必要だと思いました。ただテントの中で観光客の方が来るのを待つだけでなく、もっと興味の引くような仕掛けをするべきだと思います。来年は、私たちが主体となってクルーズ研修を行います。今年の先輩たちの活動を見習い、より良いクルーズ観光客へのおもてなしが出来るよう、考えを深めていきたいです。

写真①村山さん P4210209       写真②村山さん P4210235

 

福岡研修を終えて

 福岡研修を終えて

観光文化学科2年生

平川日菜

福岡研修は私にとって、とても興味をそそられ、また、とても楽しみとしていた研修の一つである。

そんな今回の研修では、日本航空株式会社、ヒルトン福岡シーウォークの二箇所を見学させて頂き、航空業界や宿泊業界のそれぞれの視点からお客様をもてなすにおいての取り組みや、そこで働く方々のサービス業に対する熱い思いを実際に働く様子を伺うことでサービス業の魅力をさらに感じる事が出来た。

両者は、サービス業界という大きな枠組みは同じであるが、共通点は何かと聞かれると、その共通点を見つけることは研修に参加する前の私には難しく感じた。しかし、研修を終えた私ははっきりと答えることが出来る。それは、そこで働く一人一人の成功や努力が一つの会社を築きあげ、大きく前進させるということだ。その成功や努力は、全てお客様の笑顔に繋がる。

航空業界や宿泊業界は、もちろん様々な目的で利用されるが、多くの場合、自分の住んでいる地域から離れた際に利用される。そのような場面において、少しの不安は誰しも感じるのではないだろうか。その不安な気持ちを持って足を運ばれるお客様に、その現場で働く人は、自分たちが今そのお客様に出来ることは何か、お客様とより繋がる為にしなければならないことは何かを常に考える必要がある。つまり、お客様に寄り添う努力をするという事だ。これは、一見、簡単そうに聞こえるが、決して簡単にいくものではない。しかし、ここから得られる成功こそが、お客様を心から笑顔にすることが出来るのと同時に働く人の日々のやりがいにも結びついていくのではないかと考える。

お客様の目線に立ち、お客様と真摯に向き合う。ここからサービスは始まるのだと改めて感じることができた。お客様のなかに同じ人など一人もいない。十人十色という四字熟語そのままだ。その一人一人に向き合うことは、非常に難しいかもしれないが、だからこそ自ら考える事でやりがいを感じ、日々新たな挑戦をすることが出来るのではないだろうか。

たくさんの新たな発見をすることができたこの研修は、実に充実したものになったと言える。日々、観光を学ぶ私にとってこの研修は、衝撃の連続といっても過言ではないが、これから観光学をより楽しみながら、学べるに違いない。この経験を大きなバネとして、就職活動を意識しながら学習を深めたいと考える。実に楽しみである。

平川さん P3260101     平川さんホテル写真P3260250

 

 

福岡インバウンド研修で得たもの

 福岡インバウンド研修で得たもの

観光文化学科2年生

沖島由季

今回、福岡インバウンド研修に参加することで様々なことを目の当たりにするとともに体感することができ、多くの学びを得た。

まず、私たちは福岡空港の日本航空で見学をしながら日本航空で働く方々のお話を聞くことができた。いつも見えている日本航空の職場や普段見ることのできないオフィスを見学し説明を受けた。一つの飛行機を飛ばすことにどれだけ多くの人々の力が必要か学んだ。様々な分野の仕事をこなす人々が一つのオフィスで一緒に仕事をしている姿は感動した。お客様に最高の旅をお届けするという一つの目標に会社全体で達成しようとしているのだと痛感した。協力しあう力が必要不可欠だと感じた。その力を養うためにコミュニケーション力をもっと身に着けたいと感じた。コミュニケーション力はお客様に対してだけでなく職場でも生かせるものなのだと気付いた。また、日本航空で働く方々は常に口角が上がり、私たちの質問にも真摯に向き合いながら福岡空港の利用客への配慮も完ぺきにこなす姿を目の当たりにして感激した。自信に満ちた佇まいを見て、日頃からの努力を怠っていないからこのようなベストな姿が作り出されているのだろうと感じた。これを受けて私は全方位に行きわたる気遣いができるよう、常日頃から技術、知識を身に着けることができるように努力したいと考えた。

次に、ヒルトン福岡シーホークへ訪問した。ヒルトンでは、バイキングを利用することができた。お皿があけばすかさず回収し、お箸を落としてしまえばすぐにきれいなものを席まで持ってきてくれたスタッフの姿に憧れを抱いた。とても広いフロア全体を見る力と気遣いの心が常にあるのだと感じた。そのようなサービスができるような人になりたいと感じた。ヒルトンでは人事の方から就職についてのお話も聞くことができた。今何をすべきでどう行動するべきかを学び、今の自分のままではいけないと痛感した。これからどうしていくかを考え直す機会となった。また、ホテル内ツアーは、ホテル業界に就職したいと考える私にとって心弾むものであった。一流ホテルを見学することで頑張ろうというモチベーションが大きく上がった。これらのことを通して普段授業で学んでいたものが定着し、プラスアルファなことが身についた。気持ちの面でも大きく成長できる研修であった。

沖島さん 日本航空国際線カウンター P3260010   沖島さんホテル P3260144

 

 

「自分を知り夢を叶える」福岡研修での学び

 「自分を知り夢を叶える」福岡研修での学び

観光文化学科2年生

栗田 佳奈

 私は将来、様々な言語が飛び交い、日本だけでなく海外を繋ぐ手段の一つである空港で働くことが大まかな夢でした。この福岡研修に参加したのも、実際に働く現場を見学させていただくことで就職活動に対する意識を高め、空港についてより知りたいと思ったからです。しかし研修を終えた今では上記のことだけでなく、今何をすべきか具体的なアドバイスをいただくことができ、原点である「自分を知ること」の大切さに気づかされました。具体的に「福岡空港」と「ヒルトン福岡シーホーク」に分けて感想を述べたいと思います。

まず「福岡空港」についてです。今回は日本航空で勤務しているグランドスタッフの方などから多くの話を聞かせていただきましたが、その中でも国内線のオフィス見学が最も印象に残りました。普段私たちは空港を利用する中で、目にする業務といえばカウンター業務や飛行機内サービス業務がありますが、オフィス内という目にしていないところではお客様を第一に考えた行動として、トラブルが起きたときに責任を負うことや、冷静に判断して的確な指示を出すことも求められます。常にモニターで監視している姿があるからこそ安心安全も守られているのだと実感し、空港はどこか欠けたら成り立たない、大きなチームプレーが要の場所だと思いました。

次に「ヒルトン福岡シーホーク」についてです。ホテルこと以外にも参考になる知識を多く教えていただきました。就職活動に関する説明の中で、日常会話程度の英語ができると良いと聞いたときは、ここを乗り越えられるかが大きな壁だと感じました。しかし私の場合「多国籍な環境」での勤務に憧れを持っているので、芯がぶれなければ想いと努力次第で乗り越えられると思いました。また、第三言語として中国語や韓国語も知っておくと自らの武器になるし、対応出来るお客様のニーズに多く応えることにつながります。どの進路に進もうと、同じ業種内でなぜそこを選んだのかという他者との差別化を図らなければ曖昧な判断をすることになり、先も危ぶまれるということも学びました。

このように、これから就職先を考える上でとても大切なことを学ぶことができ、新学期を迎える前の研修は充実したものとなりました。社会人になってからではなかなか時間がとれないと思うので将来も見据えつつ、今しか出来ないことに全力で取り組もうと思います。

栗田さんP3260115    栗田さんホテル P3260146

 

福岡空港とヒルトン福岡シーホークを訪れて

 福岡空港とヒルトン福岡シーホークを訪れて

観光文化学科3年生

小田﨑 唯

3月26日、観光文化学科の1年生と2年生総勢30名で福岡空港の国内線と国際線、ヒルトン福岡シーホークへ研修で行きました。私自身のこの研修に参加した理由としては様々な業界を見てみたい、普段学校で習っている「おもてなし」や「ホスピタリティ」を実際に自分の目でお客さんの立場でなく働いている側の目で見てみたいというものでした。

まず福岡空港の国内線の研修でした。入社してからのお仕事内容や普段お客様の前に立つ上で大事なこと、普段は入ることのできない所に行き実際の業務を見ることができました。すごく心に残った言葉は「常にお客様に見られていると思って笑顔でいること」です。私も福岡空港を利用したことがあるのですが、ついグランドスタッフの方や客室乗務員の方々がかっこよくて見てしまいます。研修中も細かいところまで気を遣われているなと思う場面が多々ありました。私にとって空港は旅の一番最初の楽しみです。これから待っている非日常の楽しみの入り口だと思っています。だから空港にいらっしゃるお客様もきらきらして見えます。今回の研修で、空港で働かれている人達の徹底された管理とおもてなしの精神のおかげで毎回の旅行の始まりが楽しいのだと思いました。

次にヒルトン福岡シーホークへ行きました。1時間ほどヒルトンホテル、就職活動についてのお話を聞きました。ヒルトンホテルが大事にしていることはボディ(身体)、マインド(意識)、スピリット(精神)です。これは学生の私達も大事にすべきことだと感じました。学生というよりもっと広い意味でこれから生きていく上で大事なことだと思います。ヒルトンホテルの素敵だなと思ったところは、社会貢献活動をしているところです。会社で活動をしたい人を募集して現地に行くそうです。私も社会人になっても何らかのかたちで仕事以外で社会貢献をしたり、別のコミュニティに参加したいと考えているので就職活動をする時はこのような所にも着目すべきだと思いました。他にもチームメンバーイベントが行われたり、いつもお世話になっている家族や友人を招待して立食形式の食事会をするイベントもあるそうです。

これから私はインターンシップや就職活動が始まります。会社名や知名度、給与、手当などだけを見るのではなく会社の方針や行っている活動などもっと深いところまで調べて、自分の中の軸をぶらすことがないようにしていきます。

小田崎さん1     小田崎さんホテル写真 P3260256

 

 

福岡研修を経て

 福岡研修を経て

観光文化学科3年生

本田みのり

私が福岡研修に参加した目的は、以前から航空業界に興味があり、一度グランドスタッフの仕事を実際に見てみたいと思ったからです。幼い頃から父の影響で、よく日本航空を利用させていただいていました。その頃から、首にスカーフを巻き、制服で颯爽と歩く姿に憧れていました。チケットの手配や、手荷物の預かり業務を的確にこなすグランドスタッフのお仕事や、機内でお客様の安全を第一に優しい笑顔で接客サービスするキャビンアテンダントのお仕事に興味を持ち、いつか私も「こんな風になりたい」と思うようになりました。福岡研修では、私たち観光文化学科の先輩である室井さんが、実際に国際線のグランドスタッフとして活躍されていました。明るく笑顔の絶えない室井さんは、同じ職場の方々からも、人気がある様子で、とても楽しく働いている雰囲気が伝わってきました。普段は聞けないような私達の質問に対しても、いやな顔ひとつせず、しっかりと答えてくれました。就職活動が間近に迫っている私達にとって、これからどんなことをしておくべきなのかを明確に知ることができ、とても良い経験になりました。

研修では福岡空港の他に、ヒルトン福岡シーホークホテルにも行きました。こちらでは、人事部で働く森川さんが案内してくれました。給与や、福利厚生、仕事内容、やりがい、会社の理念等、細かく教えてくれました。また、面接の際、企業はその人のどんなところをみているのか、大学生活では何をしておくべきなのか、自分の経験談と共に細かくレクチャーしていただきました。質問にも丁寧に答えていただき、改めてホスピタリティ業界の凄さを実感しました。

福岡研修では、観光業界で実際に活躍されている方々にお会いすることで、改めて観光文化の重要性や存在価値を見出せたように思います。いつか私達もこんな風になりたいと思わせてくれ、そのために今何をすべきなのか、明確に知ることができ、とても充実した研修になりました。

本田さん 日本航空 P3260110   本田さんホテル写真 P3260230

 

 

研修を通して学んだこと

 研修を通して学んだこと

観光文化学科2年生

黒瀬愛美

  今回の福岡空港・ヒルトン福岡シーホークでの研修を通して、自分の将来について改めて考え直すことができました。

初めに見学させていただいた福岡空港では、日本航空の方にお世話になり、日本航空のカウンター業務や普段は入ることのできないオフィスにまで案内していただき、とても貴重な体験をすることができました。勤務年数によってカウンターで任される仕事が違うことや、毎日同じ仕事ではなく、カウンター業務をする日があったり、搭乗ゲートでお客様を機内にご案内する日があったりと、日によって仕事が違うということも学ぶことができました。また、私たちが空港に行くと表に出ているグランドスタッフの方をよく見ますが、裏でも飛行機を安全に飛ばすために、また、お客様に快適な空の旅を提供するために、多くの方々が動いているのだと、オフィスを見学させていただいた時に感じることができました。私は、今のところ空港で働きたいと考えているので、この研修で空港での業務について今までよりも詳しく知ることができて、空港での仕事の魅力を改めて再確認することができました。

次に訪れたヒルトン福岡シーホークでは、ホスピタリティについて考えさせられました。客室やチャペルを見学した際、宿泊施設の中にこんなにも素敵な場所があるのだととても感動しました。ホテルは旅行や仕事で疲れた体を休める一つの場所にすぎないかもしれないけれど、その少しの時間でもお客様が体や心を癒すことができる客室やサービスを提供し、満足していただけるために、ちょっとした細かいところまで気を配っていることを、肌で感じることができました。今回、私たちを案内してくださった人事部の森川さんは、私たちにホテル館内の施設を紹介してくださっているときも、常に周りを見て、お客様に親切に対応していました。こうした小さな気配りがお客様の大きな満足につながると思ったし、私も常に周りを見て行動し、ちょっとしたことでも気配りができる人になりたいと思いました。

今回のこの研修で、観光業界で働く上で大切なことをたくさん学ぶことができました。特に、空港でもホテルでも感じたのは、常に笑顔でいることの大切さです。お客様と面と向かって仕事をすることが多いサービス業では、笑顔を忘れてはならないと思ったし、自分自身が笑顔でないとお客様を笑顔にすることはできないと思います。今回学んだ多くのことを忘れずに過ごし、これからの学校生活や就職活動を頑張っていきたいと思います。

黒瀬さん 日本航空P3260045    黒瀬さんホテル P3260158

 

報告会で見えたおもてなしイベントの成果と課題

  報告会で見えたおもてなしイベントの成果と課題

観光文化学科4年生

片岡南海 真高榛菜 三宅香菜

今回の地域貢献活動報告会への参加は、私たちにとって貴重な体験となりました。ゼミで一年間取り組んできた「北九州クルーズおもてなしイベント」を振り返り、まとめ、人に伝えるということは簡単なことではありませんでした。しかし先生からアドバイスをいただき、自分たちで工夫することにより、分かりやすく、そして私たちらしく発表できたのではないかと思っています。

また、多くの方々がこのおもてなしイベントに興味を持って発表を聞いてくださり、私たちがやってきたことの意義を改めて実感することができました。

その中で、特に刺激を受けたのは質疑応答でした。私たちが、外国人は漢字に興味があったこと、その漢字の意味を教えたことに対して、「その漢字の成り立ちについては説明しなかったのか?」という質問が出ました。このイベントの活動中、「漢字の成り立ちの説明もしよう」といった意見が一度も出ていませんでした。まさに私たちとは違った視点であり、盲点でした。

このように、今回の報告会で見えた北九州クルーズおもてなしイベントの良さと改善点を後輩たちに引き継ぎ、より良いものにしてもらえるよう託したいと思います。

地域報告会① P3090002  地域報告会 ② P3090051

地域報告会 ③ P3090039  地域報告会 ④ P3090054