上海留学を終えて

観光文化学科3年生

山本 志穂

  私は2018年9月~2019年1月まで上海師範大学国際漢語学院(International College of Chinese Studies Shanghai Normal University)へ語学留学をしました。私は5か月間の上海での留学生活を通して多くの刺激を受け、大きく成長しました。留学生活が始まった9月、私は初めて親元を離れる生活に、初めての海外での生活に、緊張で周りが見えませんでした。日本で学んだ中国語も初めは全く聞き取れず、ここで5か月間生活できるのだろうかと不安で、学校が始まるまでの1週間は暇さえあれば勉強していました。

しかし、授業が始まるとそんな不安も一気になくなりました。授業は国も年齢もバラバラの人たちと同じ教室で受けるため、毎日新しい発見があるようでとても新鮮でした。私のクラスには韓国・モンゴル・ベラルーシ・タジキスタン・セネガル・ウズベキスタンなどの国の学生がおり、お互いの国の文化や食事を中国語で紹介しあうことで、留学するまで知らなかった国への知識が増えました。みんなそれぞれの理由で留学に来ており、自分がしたい勉強を自分のしたいタイミングで出来ている環境がどれだけ恵まれているか分かり、このメンバーだからこそ留学の目的を見失わずに過ごすことができました。クラスメイトとは授業以外でも市街地へ遊びに行ったり、一緒に晩御飯を食べたりしました。

山本志穂写真1

 私は文化活動にも参加する機会があり、11月に行われた国際文化祭で日本人ブースのメンバーとして、いなり寿司を提供しました。また日本の民族衣装として着物を着させていただき、多くの中国人だけでなく外国人留学生と交流をしました。日本文化に興味をもっている学生も多く、アニメの話や日本について知っていることで多くの外国人留学生から話しかけられ、日本という国に興味を持つ人がたくさんいるのだと心から嬉しい気持ちになりました。

 山本志穂写真2

 留学生活の5か月間、私にはルームメイトがいました。初めは知らない人と住む生活に違和感がありましたが今では、ポーランド人の彼女は私にとって良いルームメイトであり、良い友達であり、時には中国語やヨーロッパの歴史について教えてくれる良いお姉さんでもあります。彼女の紹介でヨーロッパの友達も増え、誕生日やポーランドの独立記念日、クリスマスや新年も一緒に過ごし、お互いの国ではどう過ごすのか語り合いました。日本に帰ってきた今でも、お互いに連絡を取り合っていていつまでも続けたい関係です。

この留学生活を通して、もちろん中国語は上達しましたが一番の成長は心です。多くの国籍・年齢の人と交流することで、以前より広い視野で物事をとらえることができ、物事に挑戦することが出来るようになりました。また、辛いことがあったとき頑張っているのは私だけじゃないのだと踏ん張ることもできました。楽しいことばかりではない留学生活でしたが吸収したものは多く、私の人生の中でかけがえのない経験になりました。

 

 

 

 

NHKテレビ放送局への見学

NHKテレビ放送局への見学

観光文化学科3年 香月 奈央  平良 菜々美

ゼミ活動の一環として、福岡市にあるNHKテレビ局に訪問しました。

現場に到着してからはリハーサル中のスタジオにお邪魔して、番組ができる過程を見ました。そのニュースは「ダムが観光地として話題になっている」話で、ゲスト出演である観光局の方々との会話では話を広げるための場を作り上げるアナウンサーに魅力を感じました。そして視聴者に伝わりやすくするために、カメラの角度など細かく工夫し、陰ながら支えるカメラマンやスタッフの方々によって番組が出来上がっていきます。その時に合わせて臨機応変に行動滑に進めるための工夫が施されていたことが分かりました。また、2階には連続テレビ小説の歴代が展示され、子供番組など懐かしい作品がありました。その変遷を見るとタイムスリップした気分になります。就職活動目前と迫ってくる中で、いろいろな職種を知ることが大切だと思いました。

また、放送体験スタジオにも行き、アナウンサー体験やお天気キャスターになりきって楽しみました。テレビで天気の情報を見ますが、バックの画像がいきなり入れ替わって、日本地図がでてくると思います。「クロマキー」という技術を使って、その画像の切り替えが成り立っていることを知りました。すべて本物の放送設備なため、リアルな体験ができました。アナウンサー体験稿を読む時に正面にあるカメラには手元を見ずにできるための秘密が隠されていました。実は、カメラについている画面に、原稿が写し出されていたのです。もし本番でセリフを忘れてしまったとしても、番組を円というのも勉強になります。私はサービス業を主に目指していますが、それは一直線であり、自分で視野を狭くしているのだと気づきました。企業に入っても、そこが自分に合うのかは分からないことで、その前にほかの業界、職種についても目を向けてみるのも一つの方法なのではないかと思いました。そのため、今回のテレビ局訪問はいい意味で自分にとって刺激となりました。

写真 香月平良 左 IMG_1010   写真 香月平良 右 IMG_1011

 

NHK放送局への見学

NHK放送局への見学

観光文化学科3年  緒方 千香 日吉 真保

初めての校外でのゼミ活動として、NHK福岡放送局を訪れました。テレビ局に入るのは今回が初めてで、貴重な体験をすることができました。まず、収録現場の見学をすることが出来ました。そこで一番驚いたのはアナウンサーの方の話し方や、リアクションです。テレビで見ていると、大げさだなぁと思うけれど、見ていて飽きないように工夫されていると思いました。リハーサルの見学とは思えないくらい本番に近い雰囲気でこちらが緊張しました。少しの物音でも1つの作品がだめになってしまうと思うと怖くなりました。テレビ離れと言われている現在ですが、こういった見学の機会がもっと多くなると、そういった社会現象も少しではあるけれど、防げるのではないかと、考えました。時間をかけて作り上げている場面を実際に目にして、多くの方々の協力と努力の上にテレビ番組というものは成り立っていることがよく分かりました。

次に、放送体験スタジオのほうへ向かい、実際に体験することができました。そこでは本物の放送設備を使っており、テレビ画面に自分がまるで天気図や外の映像の中にいるかのように映し出されていて、感動しました。カメラを見ると、原稿が映し出されているように見え、そのまま読むことができるようになっていました。今までどうしてアナウンサーの方は、カメラ目線で原稿を読むことができるのか不思議でしたが、今回その疑問が解消されました。

さらに、さまざまな展示物を見てNHKの歴史を感じることができました。私自身、幼いころは「おかあさんといっしょ」をはじめとして、NHKの子供向けの教育番組をよく見ていましたし、大きくなってからは、朝の連続テレビ小説や大河ドラマを見るようになりました。また、見ることのなくなった教育番組が今はどのように変わっているのかを知ることもできました。

社会科見学のようでもあり、学びと楽しさのある充実した1日でした。

写真 緒方日吉 左 IMG_0642  写真 緒方日吉 右 

福岡中国総領事館の訪問

                  福岡中国総領事館の訪問

観光文化学科3年 徳本 杏実 日吉 真保

2回目のゼミ活動では福岡にある中国領事館へ伺いました。

通常領事館は、留学の際に必要なVISAなどを申請するだけの場所という事以外はどのような業務をしているのか知りませんでした。今回の研修では中国人の職員の御二方から領事館についての説明を受けました。職員の方が教育と科学技術の担当であったため、中国人学生における留学の現状や文化交流、経済協力、政治等の説明をしてくださいました。また領事館は、先ほど私が述べていた通り、VISAの発行や自国民の保護、国際会議や日中の友好を図るための場として使用されているそうです。特に興味深かったことは、福岡は中国と日本をつなぐ1番骒近な架け橋であり、友好親善を図る為に様々な行事が行われていて、パーティーや大会などが開催されている所です。私たちが訪れた数日後には餃子パーティーが開かれていました。私は以前海外留学をしていたのですが、その際に中国人と交流する機会が多々ありました。異文化交流はお互いの文化や価値観を知ることが出来、自分の考えを広げることが出来ます。特に福岡は中国人留学生が多いことから、このようなイベントに出席すると多くの出会いや学びを経験できると思うので、ぜひ参加して頂きたいのと自分も参加したいなと思いました。

そのほかにも私たちが中国語の授業を受講していたことから、「なぜ中国語の授業を受講したのか」という質問をされました。私の答えは「中国語の発音が面白かったから」という安直で面白味のない答えを出してはいましたが、職員の方々は笑顔で話を聞いて下さり、その答えに対して中国語には四つの発音があるから難しい事、しかしその分覚えることが楽しくなる事等を優しくアドバイスして頂き、中国語の学習をもっと積極的に励もうと思いました。

領事館の方々は学生の私たちにとても優しく接してくださり、このような機会に参加できたことが、とても嬉しいです。今回領事館を訪問したことで、異文化交流についてより考えるきっかけにもなりました。

写真 領事館徳本日吉 左    写真 徳本日吉 右 IMG_0695

 

 

中国領事館の訪問

中国領事館の訪問

柴崎美紀子 堀佑蘭

12月20日、中国人民共和国駐福岡総領事館に訪問しました。まず外観からも日本離れしていて中国を感じさせられる造りでした。玄関には石像が置かれていたり、書が飾られていたりして中国の文化の雰囲気を味わうことができました。最初は緊張しながら待っていましたが、領事館のお二方がにこやかに歓迎してくださりました。中国領事館の方とは、中国語を少し交えながら会話もしました。こちらからも質問させていただくことができ、領事館にはどんな部門があり、そこではどのような仕事をしているのかを聞くことができました。中国領事館には政治文化、経済商務、教育、科学技術、領事・査証・僑務、総務という部門があり、主には中国と日本の友好交流・経済協力としてつないでいる仕事、中国人留学生を支援している仕事、パスポートやビザ申請・手続き業務の仕事があるとのことでした。これから中国との関係が期待される中、福岡と中国のつながりはここ中国領事館で行われています。また、そのこと以外にも中国に旅行に行った際のおすすめの観光地や、お気に入りの日本料理、趣味など他愛のない質問にもフレンドリーに話していただきました。領事館のお二方はとても気さく方だったので、終始リラックスしてお話をすることができました。

中国風に造ってある庭園を見せていただき、ゼミの友人と記念写真を撮ったり、風景写真を撮ったりして、館内を楽しく見学することができました。

おみやげにはパンダのしおりと中国の雑誌やパンフレットをいただいて帰りました。

これから、中国文化を理解し将来少しでも日中の懸け橋になれるような人材になりたいと考えました。今回中国領事館を訪れてさらに中国語を勉強しなければならないという思いと文化を理解しようと考えさせられた1日となりました。

写真 堀柴崎領事館 左    写真 堀柴崎 右 

 

 

 

餅つきイベントに参加して

4月から観光文化学科で皆さんと一緒に学んでいる中国からの交換留学生2名が、地域の餅つきイベントに参加しました。

大連大学日本言語文化学院 王 黎

 私は、12月16日(日)に、大学の近くにある井堀市民センターで開催された「ふれあい餅つき大会」に参加しました。餅つきは初めてでしたが、地域の方々がとても親切で、杵を使っての餅のつき方から餅の丸め方を教えてくださり、とても楽しい一日でした。この日はあいにくの雨でしたが、みなさんの熱意が感じられ、最終的に千何百もの餅を作りました。市民センターの館長さんの説明によると、このお餅は、井堀校区の一人暮しのお年寄りの皆さんに配るということでした。大変意義のある活動だと思い、とても感動しました。私は餅を丸めるスピードが遅く20個くらいしかできませんでしたが、私の作った餅が、高齢者の方々に食べてもらえるのだと思うと、とてもうれしいです。このような活動を通して日本人の優しさを感じました。

DSCF7176(ブログ)     DSCF7180(ブログ)

 上海旅遊高等専科学校 鄒 暁芹

 私は、井堀市民センターで開催された「ふれあい餅つき大会」に参加し、日本で初めて「餅づくり」体験をしました。餅は中国でもある人気の食品ですが、地域の人たちが集まって一緒に餅を作るイベントはなかなかないです。

このイベントに参加して、日本の風習や文化をより理解することができました。年に1回地域の人たちが集まって、一同に餅を作るのです。作った餅は、井堀校区の一人暮らしのお年寄りに送るそうです。寒い冬のなか、温かいイベントだと思いました。地域の皆さんは、私たちにとても親切で優しかったです。このイベントに参加して、日本の魅力をもっと感じました。これからもこのような地域のイベントに参加してみたいと思いました。

DSCF7173(ブログ用)     DSCF7181(ブログ)

 

 

培材大学夏季短期研修に参加して

培材大学夏季短期研修に参加して

観光文化学科3年生 樋口宝波

   このたび培材大学の夏季短期研修に参加しました。正直に言って短い期間なので、行っても意味があるのか疑心暗鬼でしたが、その思いを良い意味で裏切られ、たくさんの貴重な体験をすることができました。

韓国語で韓国の文化や伝統を学ぶ授業は新鮮で、とても良い刺激を受けました。また、韓国人の友達も作ることができたので、研修後も語学力向上の手助けになっています。

私にとって有意義で実りある研修となりました。

八尋先生投稿写真 IMG_0090

研修生記念写真

東京研修

東京研修で学ぶホスピタリティ

観光文化学科1年 青木 佳代

私は、夏休みに行われた東京研修に参加しました。充実している研修内容に、私は、参加をする前から、参加後の自分自身にとって、東京研修が、どのような影響を与えるのかと期待していました。いざ、参加をしてみると、予想以上に多くのことを、学ぶことができ驚きました。

まず、私は、東京研修に関わってくださった方々には、それぞれのお仕事によっての、ホスピタリティがあると感じました。例えば、一日目の日程の一つである「JAL機体工場見学」では、私たちを案内してくださるJAL社員の方々は、安全を第一に、見学者の要望に応えてくださいました。見学中に、見学された方が、飛行機と一緒に写真を撮りたいとの希望も、案内する側として、必要な提供する情報は何かを考え、迅速にサービスしてくださいました。また、全体のグループが、円滑に見学ツアーを行うことができるように、分刻みでご尽力していただきました。本当に社員さんの連携がとれてないと、懇切丁寧な対応は、できないことだと思いました。私が、JAL機体工場で感じたホスピタリティとは、安全かつ円滑に迅速なサービスを全員で、行うことだなと感じました。

他にも、二日目の「旅館 水月ホテル鴎外荘」では、旅館ならではのお話をしてくださいました。旅館のお仕事は、基本的にお客様に寄り添い、コミュニケーションを取るそうです。その中でも、東京に旅行に来られて、緊張しているお客様には、お客様の故郷のお話をしたりして、緊張を和ませているそうなのです。旅館としてのこだわりは、和食などの(京都の流れを汲んだ)懐石料理と温泉を第一に、昔ながらの旅館らしいおもてなしを、全従業員が念頭に置いているそうです。従業員個人だけではなく、所属している組織の根底にある考え方や信条が、それぞれのお仕事ならではのホスピタリティを生んでいて、とても勉強になりました。私も、将来は、自分ならではのホスピタリティを提供したいなと思いました。

青木さん写真① P9100070  青木さん写真② P9110134

JAL機体工場見学   旅館水月ホテル鴎外荘見学

東京研修

東京研修について

観光文化学科1年 沖島由季

東京研修を通して航空会社であるJAL、日本政府観光局、旅館、帝国ホテル、旅行会社である東武トップツアーズといった幅広い観光業界を実際に肌で感じ見学することができ、学校で学ぶだけでは感じることのできなかったことや気づくことができなかったことに気づき、多くのことを深く学ぶ機会にすることができました。

ホテル業界を目指す私にとって帝国ホテルでの研修は非常に有意義なもので驚きの連続でした。帝国ホテルから誕生したバイキングで昼食をとった際、スタッフの動きに感動しました。飲料水がなくなる前に素早く飲料水を注ぎ、使用済みのお皿はゲストが邪魔だと感じる隙も与えず回収し、食事が終えることを見計らいホットドリンクを用意する姿にゲストの状況を把握してニーズを考えながら行動しているのだと学びました。常にゲストのことを考え、気を張っている心構えが素敵であると感じました。こういったゲストを想う気持ちはホテルの隅々にまでいきわたっているとホテル見学を通して学びました。ホテルのあらゆるところに生花がさりげなく生けられていました。これらの生花は私たちの心を和ませ、安心感を与えてくれました。この生花は一日に何度も生け替えていると聞き、ゲストにリラックスを提供するためにゲストが気づくかどうかわからないほどのさりげない部分にまでこだわり、毎日のスタッフの努力が存在しているのだと学びました。部屋の見学の際には洗面所に時計があることに珍しいと感じると同時に洗面所に時計があることは便利だと思いました。朝、洗面所でメイクをする際などにいつも時間を気にすることがあるからです。このようなものはゲストの声を大切に反映させることでできているサービスだと聞き、日本一と謳われていながら常にベストを尽くし、よりよくしていこうとする心持に感銘を受けました。

今回研修でまわったすべての業界に通ずるものはお客様へのおもてなしの心、お客様を想う心だと感じました。これから観光業についての知識ももちろんのことですがお客様のニーズにあわせ、お客様に寄り添い、最高のおもてなしができるよう人間性を磨いていこうと思いました。

沖島さん写真① P9110196  沖島さん写真② P9110163

帝国ホテルの客室見学  帝国ホテルのバイキング

東京研修

東京研修について

観光文化学科1年 三嶋 純

私は9月10日から13日までの3泊4日で東京研修に参加しました。
北九州空港から羽田空港に飛行機で移動した後、バスでの移動でした。その際バスガイドさんが添乗してくださって車内で楽しいお話をたくさんしてくださいました。私は、バスガイドになりたいという夢があるので、バスガイドさんが添乗してくださることが嬉しくて、東京に来て早々ですが研修に参加させてもらえて良かったなと感じました。
東京は観光名所がたくさんあり、似たような大きな建物があるので1つ1つ覚えていくのは大変なことだと思います。それなのに淡々とこなして私たちにアナウンスしてくださる姿はとてもかっこよく、憧れの気持ちが増しました。
2日目は1日目とは違うバスガイドさんが添乗してくださいました。私たちは、初日からスーツで移動を続けていたため、慣れないヒールに足が悲鳴をあげていました。そのことに気が付いて、「ヒールで足が痛い時はティッシュをつま先に詰めて足を滑らせるようにして履くといいよ!寝る時は、足を頭より上にすると次の日楽だよ。」と親身になって解決策を教えてくださいました。私たちが言葉にしなくも気が付いて寄り添ってくれる優しさがプロフェッショナルだと身をもって感じました。また、予定が少し前後した際にも先導して私たちのプランに合わせてくださり心遣いも必要なお仕事だということも分かりました。
バスガイドというお仕事は観光名所を紹介するだけでなく、お客様のニーズや状況に応じて素早く判断し行動する力が必要だということが今回の研修を通して分かりました。「私もバスガイドになりたいんです。」と伝えると、「あなたなら絶対なれるわ!いつか一緒にお仕事をしましょう。」と言って頂けたので私も将来同じ職場で働かせていただけるように先輩方に負けない人材になりたいと思います。
東京研修ではたくさんのことを吸収することが出来たので有意義な3泊4日となりました。ありがとうございました。

三嶋さん写真① P9100013   三嶋さん写真② P9110290

初日のバスガイドさん   2日目のバスガイドさん