“れとろこまち”が5年目を迎えました。

DSCN5185 DSCN5273  店頭看板DSCN5282

 

観光文化学科の学生が、地域活性化への貢献として門司港レトロ地区で運営する「きものレンタルステーション“れとろこまち”」が、5年目の春を迎えました。

これに先立ち、運営の中核となる木沢ゼミの学生19人が合宿を行い、新しくゼミに加わった3年生たちが4年生から着付けの講習を受けました。そして4月26日、春のオープンをしました。下級生のサポーター約40人が加わって、観光による地域の活性化に取り組みます。春営業は6月末までの約2ヶ月間、土日祝日の約24日間です。今春から新たに「グリシェンカフェ」とのコラボが始まり、地域の観光事業者とのコラボは6社となりました。

また今年は、下関市からの要請を受けて、建築100周年を迎えた唐戸地区の「旧・秋田商会ビル」において「出張!れとろこまち」を運営します。こちらは、5月から6月の日曜のみの10日間です。この様子は、オープンに先立ち、学生たちがモデル役を努めて、山口放送でテレビ放映されました。

 

コメントは受け付けていません。