下関で、「出張!れとろこまち」の特別企画「留学生まち歩きツアー」を実施しました。

まちあるき まちあるき4 NHK DSCN5392 

 

本学科の学生が門司港レトロ地区で運営する「きものレンタルステーション“れとろこまち”」は、下関市からの要請により、5月と6月の日曜日に、市内最大の観光スポットである唐戸地区の「旧・秋田商会ビル」において、臨時に店舗を運営しています。

その特別企画として、5月30日(土)、市内3大学の女子留学生を対象に、「まち歩きツアー」を実施しました。留学生たちが、れとろこまちのきものに着替えて、本学科の学生たちが市民と協力してつくった約2時間のまち歩きコースを楽しむ企画です。

30日は9名の留学生が参加しました。

まず亀山天満宮では、宮司さんや巫女さんによる「まちゼミ(まちなかゼミナール)」です。「手洗いとくちすすぎ」の方法を学び、拝殿では「二拝二拍手一拝」の参拝をしました。また、海辺の観光施設「かもんワーフ」では「手まり寿司」説明の「まちゼミ」を受け、試食も楽しみました。

留学生たちは、参加の条件として、母国語による下関の魅力の情報発信が求められ、SNSで発信された情報が新たな訪問客を呼び込めれば、との狙いを持った企画となっています。

この様子は、NHKの取材を受け、留学生たちは取材に戸惑いながらも、日本の伝統を十分堪能する貴重な時間となったようです。この様子は6月3日に放送されました。

なおこの企画は、6月13日(土)にも行われます。

 

コメントは受け付けていません。