東京インバウンド観光研修 -これからの大学の学習について

観光文化学科 1年  春野 有香

私は2015年9月14日~17日に3泊4日の東京インバウンド観光研修に参加しました。初日は、羽田空港のJAL機体工場を見学させて頂きました。工場内では、普段見ることのできない飛行機の整備の様子や、飛行機の着陸を間近で見ることができ、航空業界についてさらに興味を持ちました。次に日本政府観光局と観光案内所、そして東京駅駅舎に行き、外国人観光客を日本に呼び込むために様々な活動をしていることを学びました。

2日目は水月ホテル 鴎外荘に行き、旅館の方のお客様に対する気遣いについてとても勉強になりました。次にホテルインターコンチネンタル東京ベイに行き、ホテル本来の目的の宿泊だけではなく、レストランや婚礼についても力を入れていると聞き、驚きました。その後、西鉄旅行東京支店に行き、旅行会社の仕事の様子や、多くのツアーの話を聞きました。そして最後に浅草の観光調査に行きました。浅草には着物を着ている外国人観光客の方が多くいました。日本の文化を体験しながら観光をして頂くことで、より外国人観光客の方に日本の良さが伝わると思いました。

この研修で、貴重な経験をすることができ、多くのことを学ぶことができ、研修に参加して良かったと感じました。中でも、語学力や人間性を高めることが大切だと学んだので、今回学んだことを生かして、これからの大学生活では語学を特に力を入れて勉強したいです。そして、何事にも積極的にチャレンジをして魅力的な人になれるよう、様々な経験を積んでいきたいです。

IMG_1844IMG_2016

羽田空港での研修               東京駅での研修

 

コメントは受け付けていません。