「インバウンド誘致活動“留学生小倉町歩きツアー”」を実施しました。

 DSCN6611 IMG_7263 ポスター 

観光文化学科3年 村上真由

1128日、29日に市内10大学の女子留学生を対象に、「Hakama Ladyの小倉旅~すきっちゃKITAQ~」留学生小倉町歩きツアーを実施しました。留学生が"れとろこまち“の袴に着替えて、4時間のコースを廻るツアーです。

この企画は、北九州市に外国人観光客を呼び込むため、参加費は無料とし、代わりに小倉の街の魅力を発見してもらい、SNSで母国語で発信してもらおうという意欲的な企画です。学生が主催し、共催には魚町商店街、旦過市場、小倉井筒屋、そして北九州市の協力のもと実施しました。

 コースは、まず旦過市場や魚町商店街を廻り、商店主による「まちゼミ(まちなかゼミナール)」です。商店主からお話を聴いたり、小倉名物ぬかだきやかまぼこの試食、日本茶の淹れ方などを体験しました。また井筒屋では、日本独特の「デパ地下」で、お話を聴きながら試飲や試食を楽しみました。

両日ともにツアー終了後、関係者と留学生の懇談会を設けることで、留学生目線での小倉の課題や魅力など多くのことを発見することができました。

この活動で、私たちは社会人との意見の食い違いなど様々な困難に出会いましたが、その度に社会人の方々と会合をもち、意見を傾聴し、ときには説得できるようなデータを持ち出して私たちの意見を主張したりして、これを乗り越えることができました。

今後も街の魅力に私たち自身も気づき、北九州・小倉の街に外国人がより集まるよう、学生だからこそできる活動を行っていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。