東京観光フィールドワーク -大学での勉強について

観光文化学科

別所玲菜・松本菜緒

 

今回の東京研修を踏まえて、大学で学ぶべきことは言語だということを改めて実感しました。近年では、韓国・中国からの外国人観光客だけでなく台湾をはじめ、アジアの国々からの外国人観光客がとても増えているそうです。私たちが研修の中で訪問した日本政府観光局、TICシティアイに勤めている方によると、母国語以外に最低でも3ヶ国語を話せるということが望ましいということでした。西南女学院大学では、英語の他に中国語・韓国語・フランス語を学ぶことができます。さらに、欧米文化交流研修やアジア文化交流研修の授業で実際にその地へ行ったり、希望者は語学留学をしたりすることができます。このような授業をうまく活用して、できるだけ多くの国の言語を話せるように4年間の大学生活を有意義に送るべきだと感じました。西鉄旅行(株)東京支店を訪問した際に、企業での仕事内容をパワーポイントで説明していただいたり、仕事風景を見学したりすることができました。それ以外に学んだことが2つあります。まず1つ目は、入社試験の面接の時に聞かれることは履歴書に書いていないことで、例えば、大学で何を学ぶことができたかを聞くそうです。そのような質問に答えられるように、大学生活を送る上で最低1つは胸を張って、私はこれを大学で学んだと言えることを作っておくことが重要だと気付きました。2つ目は、入社する時点で資格を持っているかいないかはあまり関係ないということです。実際にお話をしてくださった方は、入社してから資格を取ったそうです。だから私たちが今すべきことは、大学生活でしか学ぶことができないことを優先して学習していくことだと思いました。

日本政府観光局外国人案内所 P9120099西鉄旅行 P9130294

日本政府観光局TIC訪問         西鉄旅行(株)東京支店訪問

 

コメントは受け付けていません。