第3回全国観光学専攻学生発表会で発表しました。

2017年11月4日に友原ゼミの3年生3人(大宅陽菜さん、中島咲季さん、春野有香さん)が長崎ウエスレヤン大学(諫早市)にて行なわれた第3回全国観光学専攻学生発表会で発表しました(発表会のこれまでの歩みについては本ブログ2016年12月1日付の記事をご覧ください)。ちなみに、全国観光学専攻学生発表会は2015年春に友原嘉彦准教授(当時、四日市大学)と加藤久雄准教授(長崎ウエスレヤン大学)が諫早市内で会食した際に構想されたもので、第3回目にして草創の地に帰り、行なわれたことになります。

大宅さん、中島さん、春野さんは今年度前期より死生観を涵養する観光(「タナトスツーリズム」)についてゼミで検討しており、死が顕在化された場所として、9月12日に鳥辺野、同13日に化野(どちらも京都市において葬送の地の歴史を有する地区)で観光者を対象に聞き取り調査を行ない、その成果を基に「京都におけるタナトスツーリズム」というタイトルでまとめ、発表しました。発表後は会場から発表の結論の軸である「タナトスツーリズム」と観光者の文化資本との関連性について、また、外国人観光者の「タナトスツーリズム」プレイスについての認知や志向について質問を受け、考察の過程や根拠を示して受け答えしていました。

ほかのグループの発表後は春野さんから質問が挙がるなど、3人とも終始熱心に参加していました。観光研究に対し、真摯に取り組む全国各地の学生や(引率)教員を目の当たりにし、学ぶところも多かったのではないかと思います。ゼミや大学の枠を超えたこうした繋がりは将来的に大きな力になるはずです。なお、第3回発表会では新たに長崎大学の井手ゼミが参加しました。また、第1回発表会で発表した長崎ウエスレヤン大学の学生が今春地元の観光協会に就職し、今回の基調講演を務めるなど発表会から巣立った人物も出てきています。少しずつ発表会の規模が拡大し、歴史を刻んでいる中、来年の第4回は和光大学(東京都町田市)で行なわれます。本学科学生の積極的な参加が期待され、来年も楽しみです。

3発表会 DSC_0950 DSC_0947

DSC_0946

コメントは受け付けていません。