東京観光フィールドワーク -これからの就職活動について

東京観光フィールドワーク

-これからの就職活動について

                    観光文化学科

                    林希美・上瀧友里

 私たちは中学生のころからホテル・ブライダルと航空会社で働きたいと考えています。今回の東京研修でいままで知らなかった多くのことを学ぶことができました。

私(林)は、ホテル業に興味があります。今回の東京研修の2日目に行った帝国ホテルの見学がとても印象に残りました。帝国ホテルの社員の方々は私たちの気が付かないところまで気遣いをしていました。例えば、ランチバイキングの時では、飲み物がなくなる前に飲み物を注いでくれ、またお皿で両手が塞がっているときは何も言わずに椅子を引いてくれました。その姿を見てやはりプロは違うなと思いました。また、宿泊施設を見学させていただいたときは、部屋の中だけでなくエレベーターの中までお客様の為を思って工夫されている部分が多く、これが日本トップクラスのホテルのおもてなしの仕方なのだと実感することができました。これからは、国内のお客様より海外からやってくるお客様が増えてくると思うので、語学力やコミュニケーション能力を大学生の間に高めていきたいとこの研修に参加して改めて思いました。

私(上瀧)は、航空業に非常に興味がありますので、JAL機体工場見学が私にとって一番印象的でした。見学内容は主に映像や画像を用いて航空機について学び、整備士、運航乗務員、客室乗務員などの仕事紹介、エリアやアーカイブ展示などを見学できました。格納庫見学では、格納庫や機体整備について詳しく説明してくださいました。格納庫のフロアでは、整備中の航空機を間近に見学することができ、滑走路から離陸する航空機を見ることもできました。間近に見る航空機はとても迫力がありました。客室乗務員の制服を着ることができたことはもちろんのこと、初代から現代までの客室乗務員の制服を見学できたことは、とても貴重な体験だと思いました。

今回の研修を通して航空業への興味がより一層高くなりました。航空業のことをもっと知るために知識を増やし、これからの勉学にも励んでいきたいと思います。今回の貴重な体験を無駄にせず、これからに生かしていきたいです。

私たちは、この研修で授業では学べないことを学ぶことができたので、これからの就職活動などに生かしていきたいと思います。

林さん 帝国ホテルにて P9200193上瀧さん 羽田空港にて P9190077

帝国ホテル訪問                                              JAL機体工場見学

コメントは受け付けていません。