ヒルトン福岡シーホークでの研修について

ヒルトン福岡シーホークでの研修について

観光文化学科4年生 三宅香菜

 2018年3月30日、私たちは福岡インバウンド観光研修として、福岡空港とヒルトン福岡シーホークの2ヶ所を訪問させていただきました。私は特にホテル・ブライダル業界に興味があったため、この研修に参加しました。

まず、福岡空港では日本航空のカウンターやオフィスを見学させていただき、最新の設備や普段は入ることの出来ない裏側を見ることが出来たので、とても貴重な体験になりました。

そして、ヒルトン福岡シーホークでは、最高級ホテルの魅力やおもてなしを学ぶことができました。お昼はホテルのレストランで、高さ40メートルという開放感のある空間のダイニングでバイキングを楽しみました。和食をはじめ、数多くの料理やデザートが揃っていることに加え、コーヒーや紅茶のサービスなど、美味しい食事と高いサービスを満喫しました。

その後の研修では、ホテル内の客室やチャペル、宴会場を見学させていただきました。まず、客室は全部で1,053室あり、お客様のニーズごとに和室や和洋室などの多種類の中から選ぶことが可能で、特に高層階の客室から見た320°の博多湾のパノラマビューは圧巻でした。次に、チャペルは1階と最上階の2ヶ所にあり、年間で約500組のお客様が結婚式を挙げていることを知りました。最上階のチャペルから見える絶景はとても感動的でした。最後に、宴会場は大・小合わせて37ヶ所あり、ニーズごとに会議やパーティ、結婚式の披露宴など多様な事柄に対応できることが分かりました。その中でも、最大3,500人収容できる「アルゴス」と「ナビス」という宴会場は、西日本で最大のコンベンションホールであるため、規模が大きくて今までに見たことのない光景でした。

私は今回の研修を通して、改めてホテルのサービスの素晴らしさや多機能性を実感し、ホテルへの興味が強くなりました。この研修でしか見ることのできない景色や体験ができ、ホテルで働く上で最も大切なおもてなしの気持ちを、多くの人とコミュニケーションをとることで養いたいと思います。そして、この貴重な経験を就職活動に活かしていきたいです。

1 三宅さん  2 三宅さん

ヒルトン福岡シーホークでの研修

コメントは受け付けていません。