東京研修

東京研修で学ぶホスピタリティ

観光文化学科1年 青木 佳代

私は、夏休みに行われた東京研修に参加しました。充実している研修内容に、私は、参加をする前から、参加後の自分自身にとって、東京研修が、どのような影響を与えるのかと期待していました。いざ、参加をしてみると、予想以上に多くのことを、学ぶことができ驚きました。

まず、私は、東京研修に関わってくださった方々には、それぞれのお仕事によっての、ホスピタリティがあると感じました。例えば、一日目の日程の一つである「JAL機体工場見学」では、私たちを案内してくださるJAL社員の方々は、安全を第一に、見学者の要望に応えてくださいました。見学中に、見学された方が、飛行機と一緒に写真を撮りたいとの希望も、案内する側として、必要な提供する情報は何かを考え、迅速にサービスしてくださいました。また、全体のグループが、円滑に見学ツアーを行うことができるように、分刻みでご尽力していただきました。本当に社員さんの連携がとれてないと、懇切丁寧な対応は、できないことだと思いました。私が、JAL機体工場で感じたホスピタリティとは、安全かつ円滑に迅速なサービスを全員で、行うことだなと感じました。

他にも、二日目の「旅館 水月ホテル鴎外荘」では、旅館ならではのお話をしてくださいました。旅館のお仕事は、基本的にお客様に寄り添い、コミュニケーションを取るそうです。その中でも、東京に旅行に来られて、緊張しているお客様には、お客様の故郷のお話をしたりして、緊張を和ませているそうなのです。旅館としてのこだわりは、和食などの(京都の流れを汲んだ)懐石料理と温泉を第一に、昔ながらの旅館らしいおもてなしを、全従業員が念頭に置いているそうです。従業員個人だけではなく、所属している組織の根底にある考え方や信条が、それぞれのお仕事ならではのホスピタリティを生んでいて、とても勉強になりました。私も、将来は、自分ならではのホスピタリティを提供したいなと思いました。

青木さん写真① P9100070  青木さん写真② P9110134

JAL機体工場見学   旅館水月ホテル鴎外荘見学

コメントは受け付けていません。