NHKテレビ放送局への見学

NHKテレビ放送局への見学

観光文化学科3年 香月 奈央  平良 菜々美

ゼミ活動の一環として、福岡市にあるNHKテレビ局に訪問しました。

現場に到着してからはリハーサル中のスタジオにお邪魔して、番組ができる過程を見ました。そのニュースは「ダムが観光地として話題になっている」話で、ゲスト出演である観光局の方々との会話では話を広げるための場を作り上げるアナウンサーに魅力を感じました。そして視聴者に伝わりやすくするために、カメラの角度など細かく工夫し、陰ながら支えるカメラマンやスタッフの方々によって番組が出来上がっていきます。その時に合わせて臨機応変に行動滑に進めるための工夫が施されていたことが分かりました。また、2階には連続テレビ小説の歴代が展示され、子供番組など懐かしい作品がありました。その変遷を見るとタイムスリップした気分になります。就職活動目前と迫ってくる中で、いろいろな職種を知ることが大切だと思いました。

また、放送体験スタジオにも行き、アナウンサー体験やお天気キャスターになりきって楽しみました。テレビで天気の情報を見ますが、バックの画像がいきなり入れ替わって、日本地図がでてくると思います。「クロマキー」という技術を使って、その画像の切り替えが成り立っていることを知りました。すべて本物の放送設備なため、リアルな体験ができました。アナウンサー体験稿を読む時に正面にあるカメラには手元を見ずにできるための秘密が隠されていました。実は、カメラについている画面に、原稿が写し出されていたのです。もし本番でセリフを忘れてしまったとしても、番組を円というのも勉強になります。私はサービス業を主に目指していますが、それは一直線であり、自分で視野を狭くしているのだと気づきました。企業に入っても、そこが自分に合うのかは分からないことで、その前にほかの業界、職種についても目を向けてみるのも一つの方法なのではないかと思いました。そのため、今回のテレビ局訪問はいい意味で自分にとって刺激となりました。

写真 香月平良 左 IMG_1010   写真 香月平良 右 IMG_1011

 

コメントは受け付けていません。