「自分を知り夢を叶える」福岡研修での学び

 「自分を知り夢を叶える」福岡研修での学び

観光文化学科2年生

栗田 佳奈

 私は将来、様々な言語が飛び交い、日本だけでなく海外を繋ぐ手段の一つである空港で働くことが大まかな夢でした。この福岡研修に参加したのも、実際に働く現場を見学させていただくことで就職活動に対する意識を高め、空港についてより知りたいと思ったからです。しかし研修を終えた今では上記のことだけでなく、今何をすべきか具体的なアドバイスをいただくことができ、原点である「自分を知ること」の大切さに気づかされました。具体的に「福岡空港」と「ヒルトン福岡シーホーク」に分けて感想を述べたいと思います。

まず「福岡空港」についてです。今回は日本航空で勤務しているグランドスタッフの方などから多くの話を聞かせていただきましたが、その中でも国内線のオフィス見学が最も印象に残りました。普段私たちは空港を利用する中で、目にする業務といえばカウンター業務や飛行機内サービス業務がありますが、オフィス内という目にしていないところではお客様を第一に考えた行動として、トラブルが起きたときに責任を負うことや、冷静に判断して的確な指示を出すことも求められます。常にモニターで監視している姿があるからこそ安心安全も守られているのだと実感し、空港はどこか欠けたら成り立たない、大きなチームプレーが要の場所だと思いました。

次に「ヒルトン福岡シーホーク」についてです。ホテルこと以外にも参考になる知識を多く教えていただきました。就職活動に関する説明の中で、日常会話程度の英語ができると良いと聞いたときは、ここを乗り越えられるかが大きな壁だと感じました。しかし私の場合「多国籍な環境」での勤務に憧れを持っているので、芯がぶれなければ想いと努力次第で乗り越えられると思いました。また、第三言語として中国語や韓国語も知っておくと自らの武器になるし、対応出来るお客様のニーズに多く応えることにつながります。どの進路に進もうと、同じ業種内でなぜそこを選んだのかという他者との差別化を図らなければ曖昧な判断をすることになり、先も危ぶまれるということも学びました。

このように、これから就職先を考える上でとても大切なことを学ぶことができ、新学期を迎える前の研修は充実したものとなりました。社会人になってからではなかなか時間がとれないと思うので将来も見据えつつ、今しか出来ないことに全力で取り組もうと思います。

栗田さんP3260115    栗田さんホテル P3260146

 

コメントは受け付けていません。