「観光フレンズ」の就任にあたって

 「観光フレンズ」の就任にあたって

観光文化学科2年

安冨璃緒

 私は、この度山口県をPRする「観光フレンズ」に10代目として選ばれました。応募した動機は、母の友人に、向いているのではないかと言っていただいたことです。母の友人から、この「観光フレンズ」という活動があると教えていただく前までは、「観光フレンズ」の存在を知りませんでした。しかし、インターネットで活動内容を見てみたら、県内外のイベントの司会や式典のお手伝い、テレビやラジオの出演など、様々な経験をすることができると知り、自分の成長に繋がると思ったので、応募しました。また、学科が観光に関することなので、授業で学んだことを活かせるのではないかとも思いました。

以前、これから活動していくにあたっての研修を受けました。研修では、お辞儀の仕方や言葉遣い、ビジネスマナーなどを学びました。初めて学んだことも多く、これからやっていけるか不安な気持ちでいっぱいでした。先月の28日には、新旧の観光フレンズの交代式がありました。旧観光フレンズの方々と名刺交換をしたり、来賓の方々や主催者の方々にお席の誘導などをしました。研修で学んだことを実践するのは簡単にはいかず、ぎこちない言葉遣いや誘導をしてしまったと、反省することが多くありました。しかし、これも経験の1つだと思って、任期が2年あるので、これから改善していこうと思いました。旧観光フレンズの方々が、交代式でこれまでの活動の感想を述べるとき、多くの方々と交流することができて楽しかったとおっしゃっていました。

私は、これから人との関わりを大切にしていきたいと思いました。県内外の方々や偉い方々と交流していく中で、学ぶことが多くあるのと思います。私は将来、客室乗務員になりたいと考えています。この観光フレンズも客室乗務員も様々な方と関わるので、丁寧な対応を心がけていこうと思いました。この2年間、より多くの方々に山口県の魅力を伝えられるように、一生懸命活動に取り組んでいきたいです。

安冨璃緒 観光大使① IMG_2933     安冨璃緒 観光大使② IMG_2928

 

コメントは受け付けていません。