上海研修を終えて

上海研修を終えて

観光文化学科1年 大塚 千尋

 私は中国三大都市である上海へアジア文化交流研修に参加してきました。以前中国に住んでいたので、現在の中国社会がどのように変わっているのか楽しみでもあり、また、自立して生活していけるのかという不安と期待が胸にありました。しかし、双方の大学の先生方や旅行会社のサポートのおかげで良い環境の元、充実した研修となりました。研修先の上海師範大学では中国語や太極拳・中国の観光文化を主に学びました。学生交流では、中国のボードゲームやトランプなど中国のお菓子を食べながら同学年の友達だけでなく、先輩方・上海師範大学の学生と楽しい時間を過ごすことができました。そして太極拳の授業では、良い汗をかきました。また、上海市内観光だけでなく、世界文化遺産の歴史を感じる蘇州の庭園や中国十大美景の一つである西湖に行き、遊覧船に乗って中国の自然美を堪能しました。私が一番楽しみにしていたアジア最大級を誇る上海ディズニーランドでは、友達と一日中夢の世界を満喫しました。そして中国のローカルなお店では、日本ではできない値切りに挑戦し、店員さんと楽しく値段交渉もしました。食事では、本場上海の小籠包を食べ、その際、友達と四人でレストランに行った時に中国の定員さんは、私たちが小籠包4個入りを4人前注文することに驚かれて、何度も確認をされたことを覚えています。この様に国や文化・生活習慣により普段の当たり前でない上海での生活は、心躍る日々でした。

最も私がこの研修を終えて感じることは、現地の生活に触れ、授業で習った中国語を実際に使うことで、定着されるという事です。中国の人々とコミュニケーションを通して、私のつたない中国語で伝わらない時には英語で、ジェスチャーを交えながら、また、日本語では何と言うのかを逆に教える機会もあり、多くの人と異文化交流することができました。そして今回お世話になった上海師範大学の学生の正確な日本語での対応に刺激を受け、帰国後も中国語を習得したいと強く思いました。言語だけでなく、ホテル・旅行会社視察では、将来、自分の就きたい仕事を考えるきっかけにもなり、大変参考になりました。この素晴らしい経験を活かして、グローバルに活躍できる人を目指し、日々努力していきたいです。

①大塚さん写真image1   ②大塚さん写真image2

コメントは受け付けていません。