秋のグリーツーリズム体験で、お米を収穫してきました。

観光文化学科の学生21名が、福岡県東南部の東峰村へ、春に植えつけたお米とサツマイモの収穫に行ってきました。農家の方々のミニ講義と実技指導を受け、見本となった学生がみんなの見ている前で慎重に鎌で稲の根元を切り裂くと、ザクッという音に歓声が起きました。その後、全員で稲を刈りとり、慣れない作業に挑みました。
翌日は、そば打ちに挑戦して、打ちあがったおそばをいただきました。
これらの体験は、観光の力で農山村を活性化させる「ニューツーリズム」として全国で実践されており、本学でも観光を学ぶ学生がそれを体験してみるプログラムで、今年で3年目になります。

    

コメントは受け付けていません。