グリーンツーリズムで収穫したお米を、門司港レトロ地区で販売しました。

観光文化学科の学生が福岡県東峰村で“収穫した”お米を、10月28日、門司港レトロ地区で開催されたイベント会場で販売しました(正確には日程上、グリーンツーリズムに先立ち別の田で収穫しておきました)。
当日は、東峰村の農家の方々に来ていただき、学生はこの地区で運営している「きものレンタルステーション“れとろこまち”」のきものを着用して一緒に販売しました(収益は原則、村のものです)。村から運んできた新鮮な野菜や手作り饅頭はすぐに売り切れました。
学生はお楽しみイベントとして、同じ地区で地域活性化に取組み駄菓子店を運営する北九州大学の学生と協働して、「駄菓子を買って、ジャンケンでお米をもらおう」イベントを実施し、大いに盛り上げました。
この取り組みは、農村と都市で観光の力を活用して地域の活性化に取組む学生が、2つを結合して相乗効果をあげる試みで、今回で3年目となります。
読売新聞の地元版でも報道されました。

    

コメントは受け付けていません。