就職内定者懇談会を開きました。

3年生対象の「就職戦線」が、いよいよ12月から始まります。観光文化学科では、これに先立ち11月16日、3年生が、4年生の就職内定者から就職活動の経験やアドバイスを聴く「内定者懇談会」を開きました。

学科の3年生ほぼ全員に加えて、2年生や英語学科の学生も参加しました。内定者からは、職種バランスや就活のストーリー性などを考慮して7人が参加し、それぞれが3年生の聞き手とパートナーを組んで就活体験を語ってもらいました。パートナーで、事前に質問やその答えを準備してきたため、多彩な質問やアドバイスを得ることができました。

観光文化学科は、学科設立以来3年連続して90%以上の高い就職率をあげています。このような、就職に対するモチベーションを高める学科独自の「DNA」が、大きな効果をあげていると考えられます。

   

   

コメントは受け付けていません。