旅行商品企画の演習を通じて

(投稿:観光文化学科2年 福浦茉友)

 「旅行商品企画論」の授業を通して、「着地型観光」のツアーをグループに分かれて企画しました。条件として、関西からの観光客に門司港レトロ地区を中心とした一泊二日のツアーを提案する、ということが設けられました。

授業では、マーケティングの基礎知識を学びます。私たちはそのうちのSTP(Segmentation, Targeting, Positioning)を応用して、ターゲットに合わせて企画を立てることを重視しました。少人数から団体、若い人からお年寄り、男性女性などさまざまですが、それぞれ時間帯や場所、好む食べ物も違ってきます。ターゲットの目的に応じたツアーを作っていくことはこんなにも大変なんだなと、改めて思い知らされました。そして、そのターゲットのニーズに合わせた観光資源を発掘することが求められます。

また、ツアーはバーチャルではあるものの、正確さも採点対象です。トロッコ列車や連絡船の時刻はどうかや、駅コインロッカーの数は十分か、お勧めの店の営業時間や座席数はどうか、など実際に現地でチェックしなければならないことも少なくありません。そのため、私たちのグループ5人は実際に何度も門司港へ足を運び、ツアー内容を考えました。

そして1月9日、私は発表者として前に出て、このツアーを発表しました。設定は、旅行会社のカウンターです。慣れない敬語に苦戦しながらも、落ちついた口調で発表できたかなと思いました。しかし、お客様(他の学生)からの質問など臨機応変に対応する場面ではまだまだ不十分な点が残りました。

私はこの授業を通して、一つのツアーを作るのにどれだけの苦労が必要なのか、身をもって感じることができました。この経験が今後、就職活動などに活かせたらいいなと思います。

 

  

コメントは受け付けていません。