「ブライダルのお仕事セミナー」を行いました

学科の「お仕事セミナー・シリーズ」の一つとして、1月25日、アーフェリーク迎賓館・小倉で「ブライダルのお仕事セミナー」を行いました。これはハウスウエディングの大手会社であるテイクアンドギヴ・ニーズにより本学科学生のために実施されたもので、20名の学生が参加しました。

まず、支配人よりブライダル業界と同社概要の説明、花形職業とされる「ウエディング・プランナー」の仕事についての説明があり、続いて「サービス」と呼ばれる挙式当日の運営を取り仕切る仕事のご担当者、そして「フラワー・アレンジ」のご担当者のお話をお聞きしました。一生に一度の大切なイベントに、色々な部門の専門家が協力してすばらしい演出を行っていく様子がよくわかりました。

つづいて同社のプロモーション・ビデオを鑑賞しました。何組もの新郎新婦のそれぞれの成長の思い出、新婦の父親の感激の涙などの場面が次々と映し出され、そのどれもがウエディング・プランナーの巧みな演出であることが素晴らしい映像で語りかけてきました。

最後は、迎賓館内の施設見学でした。チャペル、宴会場、待合室などすべてがハウスウエディングという個性あふれる素敵な施設であることに、参加者は魅せられました。

観光文化学科では、他にこのお仕事セミナーシリーズで、航空・空港、放送局、テーマパークを取り上げて、すべて企業のご協力を得て現場で実施しています。

   

   

コメントは受け付けていません。