3年生を対象に、OGや4年生内定者を招いての「就活懇話会」を開催しました。

3年生の就職活動が始まりました。企業説明会が相次ぎ開かれるこの1-2月に、実際に働いている卒業生(OG)や4年生の内定者から心構えや体験を聴いておくことは、誰もが初めての体験となる3年生には貴重な場となります。

観光文化学科では、1月に4週連続して「就活懇話会」と名づけたオープン参加のプログラムを実施しました。少人数で、しかも身近な学科の先輩たちから話を聞くことができるため、質問形式でプログラムを進めました。

「就職課の主催するマナーセミナーは役立ったか」
「いまの時期に、大手有名企業をねらっていて大丈夫か」
「出身地へのUターンを考えているが、就職課に情報が少ないのでどうやって探せばいいか」など、説明会ではなかなか訊きづらい質問が相次ぎましたが、先輩たちはその一つひとつに丁寧に答えてくれていました。

観光文化学科は、創設後まだ3期の卒業生しか出していませんが、このように若い先輩OGから活躍や心構えを聴くことで「伝統」が作られていくことが期待されます。

 

コメントは受け付けていません。