2013年度卒業論文発表会

   214日(金)、観光文化学科4年生による卒業論文発表会が開催されました。大学4年間の学びの集大成である卒業研究の成果が、4年生の代表14名によって発表されました。当日は、多くの2年生、3年生、4年間ともに学び合った4年生の仲間や指導教員が参加しました。  

  各発表後の参加者との質疑応答では、発表内容への質問のほか、研究に対する問題意識やテーマの探し方、研究スケジュールの組み立て方、さらには就職活動における卒論の重要性など、活発な議論がなされました。

IMG_0301卒論発表会 022IMG_0298

(発表テーマ)

■観光と地域活性化

 ・「観光まちづくりの観点から見る門司港レトロ―地域活性化におけるソフト事業の可能性」

・「人吉市の観光事業の現状と振興~人吉市の観光名所を例に挙げて~」

・「地域ブランドからみる道の駅の果たす役割」

・「別府温泉郷の実態を考察する~別府市と温泉のつながり~」

■人文一般

 ・「マリー・アントワネット研究」

 ・「真の『夢と魔法の王国』を求めて~ディスニーの世界観はいかにして創造されるか~」 

 ・「現代の若者言葉について」

 ・「ニュージーランドの自然と社会」

■インバウンド・着地型観光

 ・「中国人観光客の長崎県訪問に関する研究」

 ・「着地型観光による地域活性化の可能性」

 ・「北九州市のインバウンド観光について-産業観光にて上海観光客を誘致-」 

■市場戦略

 ・「トイザらスのマーケティング ー 虜になる理由に迫る」

 ・「地球温暖化とエコカーの未来~自動車市場を巡る問題点と課題~」

・「戦略的CSRに内包されるBOPビジネスの可能性」

コメントは受け付けていません。