今年も、中国から二人の留学生を迎えました。

DSCN2704観光文化学科に、今年も中国から二人の留学生がやってきました。

41日来日したのは、大連大学から劉秋鈺(写真左)さんと、上海師範大学旅游学院から羅金玲さん(同、右)です。この両大学は、本学の提携校で単位の相互交換を実施しており、ほぼ毎年留学生が来ます。観光文化学科でのこれから1年間の学びで、劉さんは「経済交流論」などを履修し、羅さんは「海外旅行実務」などを履修するなど、日本語や観光分野に限らず幅広い学問を身につけたいと意気込んでいます。

本学科には中国人の専任教員がおり、留学生への細やかなケアーも可能で、学科の日本人の学生たちも多くが中国語を履修しており、日中双方の語学のみならず、日本語と中国語、それに英語を駆使しての交流と相互理解が期待されます。

 

コメントは受け付けていません。