現場で学ぶブライダルのお仕事

DSCN4844 DSCN4825 DSCN4795 DSCN4785

 観光文化学科の学生17人が、1月16日、アーフェリーク迎賓館(小倉)でブライダルのお仕事セミナーを受けてきました。これは、学科の課外プログラムである「夢実現プログラム」の中の「お仕事セミナー・シリーズ」の一環として実施されたものです。

アーフェリーク迎賓館は、人気の「ハウスウエディング」を開発したとされる株式会社テイクアンドギヴ・ニーズが全国で運営する挙式場です。本学科からは、毎年のようにブライダル産業に就職する学生がいますが、この企画は、在学中にそのお仕事の現場を見て、セミナーを受けることで職業観を高めることが狙いです。

当日は、主にウエディング・プランナーからご自身の入社の動機、今の仕事内容、新郎新婦への深い気配りなどについてお話を伺い、同社の開発した「感動の演出」の場面やその企画の様子のDVDを鑑賞しました。その後、館内の施設を見学しながら、要所で説明を受けましたが、実際にチャペルの椅子に座ってみたり、披露宴会場で講義を受けるなど、臨場感あふれるセミナーとなりました。

ウエディング・プランナーは華やかで高い人気の職業ですが、学生と比較的年令も近いプランナーのお話、ご案内だったため、学生たちの職業観もさらに深まったようです。

 

コメントは受け付けていません。