高校生向けツアーを終えて

江口

観光文化学科3年 江口優理

このツアーは、学科を志望する高校生に向けて作ったものです。参加者にとって高校生と大学生の違いを意識する機会となって欲しいとの願いを込めて作られました。そこで、ツアータイトルを「おとなの階段のぼろう~ワタシももうすぐ大学生もーっと素敵Ladyに@北九州~」と名づけました。

 1026日のツアー本番では、まず、門司港ホテルのブライダル関係を見学させていただきました。ウエディングパーティのオープニングDVDやエンドロールに加えて、ブライダルサロンやドレスサロンを見せていただいたりして、高校生たちは初めてみることに目を輝かせていました。途中、私自身のウェディングサービススタッフのアルバイトの話や他の学生のアルバイトの様子を話すと、とても興味を持ってくれました。

 次に、メイクアップ講座を行いました。大学生になれば多くの人がお化粧をして日常を過ごします。これは高校生と大学生の大きな違いです。しかし、慣れないうちは上手にできなかったり間違った方法で肌を傷つけてしまうこともあります。そこで、私たちがあらかじめ正しい方法を美容室の方に教えていただき、参加者にお手本を見せたりしながら教えました。高校生たちは慣れない手つきでしたが、丁寧にメイクアップをして楽しんでいました。

 次に、私たちが運営するきものレンタルステーション「れとろこまち」で袴を体験しました。着付けていると、「私、入学したら、れとろこまちのスタッフをやりたいです。」と言ってくれた参加者がいました。その言葉をきいて、私たちの活動に憧れてくれていることを嬉しく思い、れとろこまちをより良いお店にして後輩たちに渡せるようにもっと頑張ろうと思いました。

 最後のモノづくりでは、高校生たちは終始笑顔で今日の思い出を形に残しました。

 このツアーは、内容から予算内訳まで学生が考えるもので、今まで学んできたことを実践する私たちにとって初めてのツアーでした。何度も話し合いを重ね、意見を出し合い、全員が積極的に行動しました。私たちはこの経験を通して大きく成長できた気がします。

「2014全国餃子サミット&全国餃子祭りin北九州」 パート2 広報PR活動を終えて

観光文化学科3年 平井 梓(統括リーダー)
落知明日香(PRチームリーダー)
栗原佑未子(WEBチームリーダー)

  約3ヶ月にわたる「全国餃子サミット&全国餃子祭りin北九州」のPR活動と3日間のイベント業務は無事終了しました。

 私たちは、このイベントによって「北九州に多くの人が集まり、八幡餃子を、北九州を知ってもらう、そして地域活性化につなげるということを目標」にPR活動を行ってきました。多くの人と出会い、学生ではお会いできないような方々とご一緒する機会にも恵まれました。本当にこの活動に参加できて良かったと思ったと同時に、多くの学生にこのような活動に参加体験してほしかったと思いました。

Ggirls、そして統括リーダー、チームリーダーという立場でこのイベントに関わらせていただき、来場者としてこのイベントに参加していたら絶対にわからなかったことを様々な面から体験することができましたし、地域活性化活動というのは、継続しなければ意味がないということにも気づくことができました。また、規模が大きくても小さくても自分たちがそこでどれだけ本気でその物事に対応し、向き合っていけるかということが大事なのではないだろうかということも感じました。リーダーを経験したことで、人をまとめる大変さも痛感しましたが、それ以上に人の温かさを感じ、人の意見・考えに敏感に反応、対処する力を身につけることができたと思います。大変なことほど、学ぶことが多いと感じたと同時に、これからもこのような活動を続けていきたいと思いました。 

今回の活動では、全国餃子祭り実行委員会広報部会の方々をはじめ、私たちのイベント参加を快く受け入れていただき、またすべての関係者の方々にお世話になりました。Ggirlsを代表して御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

イベント当日の餃子バンドとのダンスコラボ    イベントを終えて畠中実行委員長と

「2014全国餃子サミット&全国餃子祭りin北九州」 パート1 広報PR活動に参加して

観光文化学科3年 平井 梓(統括リーダー)
落知明日香(PRチームリーダー)
栗原佑未子(WEBチームリーダー)

 20141045日に北九州市八幡東区東田エリアの北九州イノベーションギャラリー芝生広場周辺にて「全国餃子祭り」が開催されました。全国から10ヶ国の餃子国(餃子で活性化を推進する地域の呼称)や北九州のご当地グルメなどの出店で、魅力満載のイベントになりました。2日間での来場数は、おおよそ155万人にも及び、大成功で幕を閉じました。

 私たち観光文化学科の学生は、このイベントが開催される約3か月前に、授業の特別講師としてお越しになった全国餃子祭り実行委員会の松尾孝治実施本部長の講義でこのイベントがあること、そしてイベントPRのお手伝い、ボランティアができることを知りました。その呼びかけに初めは2人だったメンバーが、その後続々と集まり、PR団体と呼べるほどまでになり、PRチームは「Ggirls」と命名していただきました。

 メンバーは、観光文化学科の4年生2人、3年生13人、1年生2人という計17人で活動を開始しました。PRチームとWEBチームという2チームに編成、私たちはその全体の統括リーダー、およびチームリーダーを務めさせていただきました。

 まず、PRチームの活動としては主に、各イベント会場でのPRや各メディア取材対応、そのサポートなどを行いました。北九州で開催される様々なイベントのステージにたたせていただき、私たち(Ggirls)の説明や「全国餃子祭り」が北九州で行われる意義や餃子の魅力、マスコットキャラクターの「ヤハタン」の紹介、ラジオ・テレビ出演や、時に八幡餃子オリジナルソングに合わせてメンバーでダンスを披露するなど、多くのことに挑戦し、イベント間近のPRではアドリブなども飛び交うまでになっていました。

 WEBチームの活動としては主に、SNS(TwitterFacebooketc)でのPR情報発信やGgirls・ヤハタンの活動内容の記録、GTV(YouTubeでのPR放送)の制作・投稿、イベント告知CM制作も出演、演出、編集まですべて学生の手で行ないました。さらには、祭り当日はUstreamでイベントの様子をインターネットライブ配信するなど、縁の下の力持ちとして活動しました。

わっしょい百万夏まつりでのPR    北九州市役所での記者会見・PR

学生たちの手作りで「高校生のためのツアー」が行われました。

CIMG0132 CIMG0177 CIMG0207 DSCN4052

1026日、観光文化学科を志望する高校生を対象にしたツアーが北九州市内で実施されました。このツアーは内容の立案企画はもとより、費用の算出、コンテンツとなるホテルなどへの交渉などすべて学科の3年生たちによって行われました。ツアータイトルは「おとなの階段のぼろう」でした。ホテルのブライダルセミナーやメイクアップ講座など、高校生では普段は体験できない企画を入れ、学科学生が門司港レトロで運営する「れとろこまち」で大正袴着用体験と盛りだくさんの内容でした。

参加した高校生は学科と学生生活を知る貴重な体験となり、アンケートでは参加者の多くが、「観光文化学科に行きたい気持ちが強まった」などと、モチベ―ションが高まった感想を述べてくれました。

学科での学びが、このように社会と関わり、学生たちが積極的に活動していくことが特長であるとのアピールになったようです。

 

2014年北東アジア国際観光会議in北九州」での体験と受賞の喜び

DSCN3357 DSCN3366    DSCN3379 DSCN3408

観光文化学科3

「きものレンタルステーションにおける地域貢献」西澤晴佳 須藤夏帆

「民学共働のまち歩き企画」島津百花 熊本美穂 

 

私たちは821日に北九州国際会議場で行われた「2014年北東アジア国際観光会議in北九州」の学生発表大会に参加しました。各国から観光専門の先生方や学生が集まる国際会議の場というものが初めての経験でしたので全てが新鮮でした。日本人の先生の発表ですら、私たち学生が聞く機会はあまりありませんが今回の学会では各国の先生方の発表を同時翻訳機を着けて聞くことができ昼食の際にもさまざまな国の言葉が飛び交っているのがまるで日本ではないような感覚でした。

学生発表では、他大学の学生のプレゼンの仕方やテクニックの差をまざまざと感じる機会となりました。パワーポイントのまとめ方や話し方などから、見習いたい点、自分たちも気をつけるべき点など、いつもの授業で発表を行う中では気づかなかったことを学ぶことができとても勉強になりました。海外の学生の発表を聞くこともまた私たちにとって初めての経験でした。海外で観光について学んでいる学生たちの発表を直接聞くことは大変刺激を受けました。発表会の緊張感の中で自国の言葉以外の別の言語で発表する姿は同じ大学生とは思えず憧れました。

発表が全て終わった後の交流会では他大学の先生とのお話や海外の学生とコミュニケーションをとることができとても楽しい時間を過ごすことができました。

今回の学会発表で全14チーム中2位と4位を受賞出来たことで自分達の活動が地域に貢献していることを学会で認めてもらえた喜びはとても大きいものとなりました。これからも様々な活動を通してより良い地域貢献を行いたいという意識が高まりました。この経験を忘れることなく今後の活動の励みにしていきたいと思います。

 

「コマ大戦」に出場し広報活動を行いました

観光文化学科3年 久野琴美(全体リーダー)
濵野みずき(広報チーム・リーダー)
中光美乃莉(出場チーム・リーダー)

7月12日(土)に北九州イノベーションギャラリー(八幡東区)にて「全日本製造業コマ大戦G2西日本地区予選」が開催されました。観光文化学科3年生6名と4年生1名が広報チームとして携わり、3年生4名が出場チームとして参加しました。
広報チームは、手作りのチラシを作成し街中や小学校に出向いて配布しました。この時、北九州市観光大使に任命されたキタキュウマンと配布することで、より広範囲に宣伝することができました。また、ラジオ出演(写真1)や、テレビ、新聞での広報も行いました。大会当日は広報チームで、ちびっこコマ教室を運営しました。実際にコマを回す体験をしたり、折り紙でコマを作ったり、小さいお子さまでも楽しめる大会となったと思います。
出場することに決めたのは、製造業とはかけ離れたイメージの文系女子大生が参加することで大会を盛り上げることができるのではないか、地元の中小企業の方たちと交流していくなかで地域貢献できる部分があるのではないかと考えたからです。赤い色のアロマキャンドルを用いたコマを製作しました。これは見た目もカラフルでかわいらしく、香りも良いため、女子大生というイメージにぴったり合うという考えからです。コマの軸などは地元の製造企業、株式会社陽和様に作って頂きました。当日は、白のワンピースと花冠をつけて出場しました。残念ながら勝利することはできませんでしたが、大会を大いに盛り上げたということで「ベストパフォーマンス賞」を頂きました。学生と地元企業とのコラボに注目して下さったRKB毎日放送様の「今日感テレビ」という番組からの取材(写真2)を受けたこと、企業の方たちと共に作業をしたことなど、とても良い社会勉強ともなりました。
今回、「コマ大戦」に参加したことで、物事の調整や進め方など、学校生活では学ぶことのできない多くのことを学ぶことができました。協力してくださった主催者のチーム向日葵(ひまわり)の皆様、陽和の皆様、マスコミの皆様、キタキュウマンに感謝しています。

写真1  ラジオ出演

0731-14 ラジオ出演2 0731-14  ラジオ出演1

写真2  テレビ取材                            写真3 大会を終えて

0731-14 テレビ取材     0731-14 写真 大会を終わって

 

 

貴重な体験だったグリーンツーリズム

DSCN2844

観光文化学科1年 吉田朱里

グリーンツーリズム体験研修に参加して、私にとって人生初となるホタル観賞や田植えを体験できました。田植えは、はじめは慣れなかったけれど、次第にコツをつかめ、終わってから田んぼを見渡すと青々とした苗が並ぶ中に自分の足跡もたくさん残っていて、達成感が生まれました。

また、私たちと同じ年代で東峰村で生活している女性の話を聞いて、都会では考えれないような不便さもありますが、自分の村を誇りに思っていることを知り、とても素敵だなと思いました。私もこれからの大学の学びの中で、住んでいるところの魅力を発見できるように努力していきたいです。(写真右が吉田さん)

 

 

 

 

今年も、中国から二人の留学生を迎えました。

DSCN2704観光文化学科に、今年も中国から二人の留学生がやってきました。

41日来日したのは、大連大学から劉秋鈺(写真左)さんと、上海師範大学旅游学院から羅金玲さん(同、右)です。この両大学は、本学の提携校で単位の相互交換を実施しており、ほぼ毎年留学生が来ます。観光文化学科でのこれから1年間の学びで、劉さんは「経済交流論」などを履修し、羅さんは「海外旅行実務」などを履修するなど、日本語や観光分野に限らず幅広い学問を身につけたいと意気込んでいます。

本学科には中国人の専任教員がおり、留学生への細やかなケアーも可能で、学科の日本人の学生たちも多くが中国語を履修しており、日中双方の語学のみならず、日本語と中国語、それに英語を駆使しての交流と相互理解が期待されます。

 

新入生を迎えて「ピアサポーター」が活躍しています。

DSCN2688 DSCN2576 DSCN2572 

観光文化学科に今年も多くの新入生が入学してきました。

入学式とオリエンテーションを終えて、すぐに取り掛かることは履修登録です。高校時代とは違い、自分で考えながら履修する授業を選んでいくのは至難の業です。そこで大活躍するのが、学科の上級生で構成される「ピアサポーター(ピアは「仲間」の意)」です。学科の2年生以上の10数人が、これに応募して、この時期の新入生を支援しています。学生生活全般の相談にのるのですが、まずは新入生がこの時期もっともわからなくて、目の前の期限が迫る履修登録は最大の相談ごとです。

登録期限までの約2週間の間、ピアサポーターが昼休みに交代で「ピアサポーター・コーナー」を出して相談に応じますが、たくさんの新入生がやってきて大盛況です。

新入生一人一人の学びたい、めざしたい方向性をよく聞いて、体系的な履修を一緒に考えていきます。ピアサポーターは自分の経験も交えて、これに的確に方向づけと具体的な科目選定をアドバイスしていきます。

少人数教育を進める観光文化学科ならではのシステムとして、効果的に機能しています。

 

「まちの魅力発信ナビゲーター講座」に参加して

観光文化学科2年 三浦理紗(右)、梅田麻未(左)
DSCN2069

市制50周年を迎えた北九州市が主催する「まちの魅力発信ナビゲーター養成講座」に、昨年の夏から半年間にわたり参加しました。受講生は、北九州市民の約40人で、大学からは観光文化学科の2、3年生7人が受講しました。

初回は、小倉駅を中心にまち歩きをして、まちの様子をみました。普段生活している私達のまちを歩いてみて、そのまちにある歴史や文化に触れたり、最近話題となっている場所を時間をかけて回りました。
また秋には、全国のまち歩きの先進的な経験を持つ「長崎さるく」にも行き、長崎のまちの様子を見て歩きました。現地のガイドの方に観光地だけでなく、地元の方に人気なお店にも案内していただきました。全国的な成功事例を体験でき、コースの作り方や宣伝方法、ガイドの仕方など、大変いい学習の機会となりました。
2月8日の最終回はこの講座の最終回で、今まで学んできたことを活かし、私たち受講生がナビゲーターとなって、小倉のまちを自分達で視察して、コースを考え、ガイドをつとめました。まずルートを考えて、それにコース名をつけ、限られた時間内にコースを回りきることを考えて取り組みました。同じ班のメンバーの方にも幅広い年齢層の方がいらっしゃって、意見を出し合い、一つのコースを創りました。私たち一人一人に自分のまちに対する様々な考えがあったり、自分の知らないことや再発見したものがあります。

私たちは、この講座を受けてとても良かったと思っています。キャンパスの中では経験できないこともたくさん経験でき、また他の大学の人と一緒になって同じことを成し遂げるということは、大学内ではできないので、貴重な経験になりました。
そして、自分の住むまちをもっと好きになって、これからは色々な方に来てもらえるように北九州の魅力を発信していきたいと思います。
DSCN2045 DSCN2066 DSCN2095