保護者懇談会を開催しました

11月30日(土)午後に行いました。季節の冷え込みにもかかわらず、学部全体としては109名もの多くの皆様にお越しいただき、大変盛況となりました。学生の斉木聖佳さん(写真)からは、留学やサークル活動等で充実した学生生活の取り組みを、八尋学生部長から「現代学生気質と西南女学院大生~アンケート調査より」のショート講演で、保護者の皆様には、「なるほどなあ」とご納得いただけるひと時でした。学科の部(第二部)では、テーマを「親の就活、娘のシュ―カツ~観光文化学科から社会へ」と設けました。就職担当委員の木沢先生(写真)より、「観光文化学科の学びと社会人への準備」と題して、時代が変わり、保護者の皆様の学生時代と就職活動の状況が一変したこと、保護者の理解と支援が必要なことをお伝えいたしました。そして、卒業生レポートとして、大手旅行社で総合職としてご活躍中の倉成奈津子さんから「観光文化学科での学びと今」と題して、学生時代の何が仕事で役立つかについてを熱く語っていただきました。

PTA201316

木沢先生CIMG4960