2016年度欧州研修を実施しました。

 2016年度の観光文化学科欧州研修として、216日~同28日までの間、西欧・東欧の計4ヵ国を訪問しました。宿泊都市はオーストリアのウィーンとザルツブルク、ドイツのミュンヘンです。ウィーンからブラティスラヴァ(スロヴァキア)とショプロン(ハンガリー)に日帰りで出かけました。参加学生は3年生の湊晴香さん、2年生の宇都宮由佳さん、梶原美里さん、西岡礼乃さん、眞弓菜那さん、1年生の大野真子さん、髙島七緒さん、星倉美月さん、吉原華歩さんの計9名で、引率はドイツ語圏の観光研究を専門とする友原嘉彦准教授が担当しました。また、友原准教授の現地在住の友人であるハーラルト・クレーブルHarald Krebl氏、マルクス・イゲルMarkus Igel氏(以上、ウィーン)、奥山由美氏(ミュンヘン)にもお会いし、現地でのさまざまな状況について話を聞くことができました。厚く御礼申し上げます。

 参加学生は全員が初の欧州訪問でしたが、観光地としてのあり方を始め、人々の生活の様子や様式、街の作り、思想、歴史など毎日たくさんのことを学び、考えました。そして、本場の芸術(建築、歌劇、美術、料理など)にもたくさん触れてきました。今回の研修が今後の学生生活、そして、人生に大きな影響をもたらしてくれたら幸いです。以下、集合写真を挟み、参加学生を代表して湊さんと髙島さんのレポートを掲載いたします。

①シェーンブルン ②ハーラルト ③ショプロン ④ベルヴェデーレ ⑤ザルツブルク ⑥フュッセン ⑦ダッハウ ⑧奥山

続きを読む