第3回全国観光学専攻学生発表会で発表しました。

2017年11月4日に友原ゼミの3年生3人(大宅陽菜さん、中島咲季さん、春野有香さん)が長崎ウエスレヤン大学(諫早市)にて行なわれた第3回全国観光学専攻学生発表会で発表しました(発表会のこれまでの歩みについては本ブログ2016年12月1日付の記事をご覧ください)。ちなみに、全国観光学専攻学生発表会は2015年春に友原嘉彦准教授(当時、四日市大学)と加藤久雄准教授(長崎ウエスレヤン大学)が諫早市内で会食した際に構想されたもので、第3回目にして草創の地に帰り、行なわれたことになります。

大宅さん、中島さん、春野さんは今年度前期より死生観を涵養する観光(「タナトスツーリズム」)についてゼミで検討しており、死が顕在化された場所として、9月12日に鳥辺野、同13日に化野(どちらも京都市において葬送の地の歴史を有する地区)で観光者を対象に聞き取り調査を行ない、その成果を基に「京都におけるタナトスツーリズム」というタイトルでまとめ、発表しました。発表後は会場から発表の結論の軸である「タナトスツーリズム」と観光者の文化資本との関連性について、また、外国人観光者の「タナトスツーリズム」プレイスについての認知や志向について質問を受け、考察の過程や根拠を示して受け答えしていました。

ほかのグループの発表後は春野さんから質問が挙がるなど、3人とも終始熱心に参加していました。観光研究に対し、真摯に取り組む全国各地の学生や(引率)教員を目の当たりにし、学ぶところも多かったのではないかと思います。ゼミや大学の枠を超えたこうした繋がりは将来的に大きな力になるはずです。なお、第3回発表会では新たに長崎大学の井手ゼミが参加しました。また、第1回発表会で発表した長崎ウエスレヤン大学の学生が今春地元の観光協会に就職し、今回の基調講演を務めるなど発表会から巣立った人物も出てきています。少しずつ発表会の規模が拡大し、歴史を刻んでいる中、来年の第4回は和光大学(東京都町田市)で行なわれます。本学科学生の積極的な参加が期待され、来年も楽しみです。

3発表会 DSC_0950 DSC_0947

DSC_0946

東京観光フィールドワーク -これからの就職活動に向けて

東京観光フィールドワーク

-これからの就職活動に向けて

観光文化学科

宇佐愛美・村田愛奈

 私たちは今回の東京研修に行って、より将来の目標が定まったと感じました。そして、想像していたより大変なのだと感じることがたくさんありました。

私(宇佐愛美)は今回、東京研修に行くまでは将来の夢について深く考えたことがありませんでしたが、何か所か研修先に訪問させてもらいました。そして、ある研修先には特に魅了されました。それは、「JTB」本部です。「JTB」の本部へ訪問してみたところすべてにおいて、魅力的でした。実際に働いている方に今までの経験などを詳しく聞くことができ、自分自身、色んな面で職業を見つける上で何が大切なのかなど実感させてもらいました。実際に、訪問に行って話を聞いてわかることもたくさんあるなと思いました。今回、貴重な話が聞けて本当に為になりました。

私(村田愛奈)は中学生のころから、客室乗務員にあこがれていて、自分で航空会社のことを調べるのが楽しくて、昔からJALの客室乗務員になることを目標に英語やマナーなどを学んできました。ですので、今回の東京研修では、JALの機体工場見学は私にとって夢のような体験ができる場所でした。工場内では、普段の私たちが知っているような内容とは全く違い、JALの歴史、飛行機の特徴や状態やどのように修理しているかを詳しく教えてくださいました。それだけでなくJALの制服を着ることもできました。それを着たときに私は絶対にJALの客室乗務員になると改めて将来の目標を明確にすることができました。本当に貴重な体験ができた東京研修でした。

この研修で私たちは普段では中々知ることのできないことをたくさん学べたと強く感じます。この経験を就職活動にいかそうとおもいます。

宇佐さん JTB本部 P9200257村田さん宇佐さん羽田空港 P9190064

JTB本社を訪問                                                               羽田空港を訪問

東京観光フィールドワーク -これからの就職活動について

東京観光フィールドワーク

-これからの就職活動について

                    観光文化学科

                    林希美・上瀧友里

 私たちは中学生のころからホテル・ブライダルと航空会社で働きたいと考えています。今回の東京研修でいままで知らなかった多くのことを学ぶことができました。

私(林)は、ホテル業に興味があります。今回の東京研修の2日目に行った帝国ホテルの見学がとても印象に残りました。帝国ホテルの社員の方々は私たちの気が付かないところまで気遣いをしていました。例えば、ランチバイキングの時では、飲み物がなくなる前に飲み物を注いでくれ、またお皿で両手が塞がっているときは何も言わずに椅子を引いてくれました。その姿を見てやはりプロは違うなと思いました。また、宿泊施設を見学させていただいたときは、部屋の中だけでなくエレベーターの中までお客様の為を思って工夫されている部分が多く、これが日本トップクラスのホテルのおもてなしの仕方なのだと実感することができました。これからは、国内のお客様より海外からやってくるお客様が増えてくると思うので、語学力やコミュニケーション能力を大学生の間に高めていきたいとこの研修に参加して改めて思いました。

私(上瀧)は、航空業に非常に興味がありますので、JAL機体工場見学が私にとって一番印象的でした。見学内容は主に映像や画像を用いて航空機について学び、整備士、運航乗務員、客室乗務員などの仕事紹介、エリアやアーカイブ展示などを見学できました。格納庫見学では、格納庫や機体整備について詳しく説明してくださいました。格納庫のフロアでは、整備中の航空機を間近に見学することができ、滑走路から離陸する航空機を見ることもできました。間近に見る航空機はとても迫力がありました。客室乗務員の制服を着ることができたことはもちろんのこと、初代から現代までの客室乗務員の制服を見学できたことは、とても貴重な体験だと思いました。

今回の研修を通して航空業への興味がより一層高くなりました。航空業のことをもっと知るために知識を増やし、これからの勉学にも励んでいきたいと思います。今回の貴重な体験を無駄にせず、これからに生かしていきたいです。

私たちは、この研修で授業では学べないことを学ぶことができたので、これからの就職活動などに生かしていきたいと思います。

林さん 帝国ホテルにて P9200193上瀧さん 羽田空港にて P9190077

帝国ホテル訪問                                              JAL機体工場見学