餅つきイベントに参加して

4月から観光文化学科で皆さんと一緒に学んでいる中国からの交換留学生2名が、地域の餅つきイベントに参加しました。

大連大学日本言語文化学院 王 黎

 私は、12月16日(日)に、大学の近くにある井堀市民センターで開催された「ふれあい餅つき大会」に参加しました。餅つきは初めてでしたが、地域の方々がとても親切で、杵を使っての餅のつき方から餅の丸め方を教えてくださり、とても楽しい一日でした。この日はあいにくの雨でしたが、みなさんの熱意が感じられ、最終的に千何百もの餅を作りました。市民センターの館長さんの説明によると、このお餅は、井堀校区の一人暮しのお年寄りの皆さんに配るということでした。大変意義のある活動だと思い、とても感動しました。私は餅を丸めるスピードが遅く20個くらいしかできませんでしたが、私の作った餅が、高齢者の方々に食べてもらえるのだと思うと、とてもうれしいです。このような活動を通して日本人の優しさを感じました。

DSCF7176(ブログ)     DSCF7180(ブログ)

 上海旅遊高等専科学校 鄒 暁芹

 私は、井堀市民センターで開催された「ふれあい餅つき大会」に参加し、日本で初めて「餅づくり」体験をしました。餅は中国でもある人気の食品ですが、地域の人たちが集まって一緒に餅を作るイベントはなかなかないです。

このイベントに参加して、日本の風習や文化をより理解することができました。年に1回地域の人たちが集まって、一同に餅を作るのです。作った餅は、井堀校区の一人暮らしのお年寄りに送るそうです。寒い冬のなか、温かいイベントだと思いました。地域の皆さんは、私たちにとても親切で優しかったです。このイベントに参加して、日本の魅力をもっと感じました。これからもこのような地域のイベントに参加してみたいと思いました。

DSCF7173(ブログ用)     DSCF7181(ブログ)