子ども家庭福祉コース10周年

福祉学科子ども家庭福祉コースが開設より10年を迎えました。

これまで数多くの卒業生が巣立っていき、様々な分野で活躍してくれています。今回は、そんな卒業生も迎えて、一般公開講座・子ども家庭福祉コース卒業生リカレントを開催いたしました。

無題

 

 

 

 

 

 

記念講演は、保育所保育指針改定委員でもある香川大学の松井剛太先生による「すべての子どもの円滑な小学校就学に向けた保育者の役割」でした。

子ども家庭福祉コースでは、社会福祉士と保育士の養成をしており、卒業生は保育所・児童発達支援センター・児童養護施設等様々な子どもの現場で活躍してくれています。そんな卒業生にも大変意義ある講演内容で、一般参加の方を含め100名以上の方が熱心に耳を傾けられていました。

午後からは卒業生と在学生の交流会。懐かしい面々は頼もしい先輩の顔となって、在学生にいろいろな話をしてくれていました。45

 

 

 

今後とも福祉学科子ども家庭福祉コースでは、質の高い専門職養成を続けていこうと教員一同心新たにした1日となりました。

数多くの一般参加の皆様、卒業生の皆様、ご参加ありがとうございました。

今後とも、福祉学科共々子ども家庭福祉コースをよろしくお願いいたします

コメントは受け付けていません。