看護臨床実習~救命講習~

看護臨床実習は養護教諭を目指してる学生が受講しています。

今日は外部講師の方に来ていただき、救命講習をしていただきました!

12

まずは心肺蘇生法やAEDの使い方の確認!

3

次に学校で起こりそうなケガや事故を想定した実践を行いました。

45

自分自身の安全を確保することが第一。

そして、環境を整えた上で患者さんの処置を行うことが大切であることを改めて感じました。

頭で分かっていても、実践することがなかなか難しい…

6

実践するチームとその実践を見て良かった点、改善点を話し合いました。

78

緊急時の養護教諭としての役割やみんなで声をかけ合うことの大切さをしっかりと学びました。

お越しくださった先生、ありがとうございました。

 

谷川先生の最終講義が行われました

最終講義5

 

 

 

 

 

「『臨床の場』にある人々との対話を含み込んだ実践研究
‐実務者としての質の維持をめざして‐ 」

をテーマに講義をして頂きました。

最終講義4 (2)

 

 

 

 

 

在学生や先生方、卒業生も来られており、
谷川先生の歩んで来られたこれまでに思いを馳せておられました。

最終講義2

 

 

 

 

 

実践者として、研究者として、そして教育者として
改めて谷川先生の偉大さに胸を打たれました。

最終講義

 

 

 

 

 

24年間、本当にありがとうございました。
今後ともご指導の程、よろしくお願い致します。

 

 

落水洋介さん、来校!

 1114日、1年生の演習では、落水洋介さんの講義を受けることができました。

DSC01059

落水さんは、NHKのハートネットTVなどにも出演のご経験があり、また年間100回もの講演をこなされるという多忙な中、今回の講義に来てくださいました。

落水さんは、PLSという100万人に1人という難病を抱えておられます。
お会いした落水さんは、TVで見た姿と変わらず、とても笑顔が素敵な方でした。DSC01064DSC01069

 

 

 

 

落水さんの「夢がたくさんありすぎて」というお話や、「どんな状況でも幸せになれる」と自信を持って話される姿から、支援者として大切な姿勢というだけでなく、私たちひとりひとりがいろんな悩みや困難なことに出会ったときに、どういう姿勢で自分に向き合っていけばよいのかという、生き方を考えさせられ、私達が勇気づけられた講義になりました。

DSC01065

90分の時間が楽しいお話であっという間に終わってしまいました。
落水さん、ありがとうございました!!

卒業生がお越しくださいました

「保健福祉学入門」
看護・福祉・栄養3学科合同の講義です。

今回は3名の福祉学科の卒業生がお話し下さいました。

独立行政法人国立病院機構 福岡病院
病棟保育士の豊永絵里さん
2018‐06‐28

 

 

 

 

 

一般社団法人 北九州成年後見センター
社会福祉士・精神保健福祉士の竹内美沙緒さん2018‐06‐28‐2

 

 

 

 

 

粕屋町教育委員会 学校教育課
スクールソーシャルワーカーの池長絢さん
2018‐06‐28‐3

 

 

 

 

それぞれのお仕事について、学生がイメージしやすいよう
写真や具体例を取り入れて、お話し下さいました。

皆さんが共通して言われていたこと・・・
それは学生のうちから、“友人との関係性をつくること”
働き始めて、より友人との繋がりの大切さを感じたと話されていました。

 

2018‐06‐28-4

 

 

 

 

 

学生が感想を記入しています。
先輩方に聞きたいことや感じたことが盛りだくさんのようです!!
先輩方のお話を聴き、学生の皆さんも自分の将来について考える
いい機会になったのではないでしょうか。

~お話しして下さった先輩方、本当にありがとうございました~

 

 

卒業論文報告会&栁澤先生の最終講義

4年生が大学での「学び」の集大成として卒業論文を作成し、発表を行いました。

b1

 

 

 

 

 

発表された卒論のテーマです。

❏保育者の絵本選択に関する一考察

❏幸福について-幸福度調査の検討-

❏認知症高齢者を支援するソーシャルワーカーの困難性とその対処行為

❏現代の若者の生きづらさ

❏私たちの日本人の死に対する不安の 克服に関する一考察輪廻の思想の展開を見据えて-

生と死に苦悩する意味論

DSC09713b2b3

 

皆さんとても緊張した様子でしたが、しっかりと研究の成果を報告していました。

 

 

 

 

 

 

先生方から質問やコメントを頂きました。次に進む道へと しっかりつなげて下さい★

 

その後、栁澤先生の終講義が行われました。

b4

 

 

 

 

 

『バスケの草分け』をテーマに西南女学院とバスケットボールのつながりの歴史について講義をして頂きました。

b5

 

 

 

 

 

講義後には、学生からの花束のプレゼントも♪

先生への感謝の気持ちを込めてお渡ししました。

栁澤先生、長い間、本当にありがとうございました。

今後ともご指導の程、よろしくお願い致します!!

 

 

 

施設実習に向けて!!

2月になり寒い日が続いていますが、

  

学生たちはコタツで丸くなる間もなく、実習準備に追われる毎日です。

そうです! 子ども家庭福祉コースの3年生はもうすぐ施設実習があるのです!

この施設実習、「保育士格を取得するために必要となる3回の実習の内の1つで、保育所以外で指定される児童福祉施設に10日間行くものです。

子ども家庭福祉コースに在籍していて、社会福祉士保育士のダブル取得を目指す学生であれば、実習ももう4回目になり、準備にも余念がありません。

実習計画書を書いたり、絵本の読み書きかせの練習をしたりと、着々と準備を進めています。

あとは体調管理をしっかりして、春にまた一回り大きくなって、実習から戻ってくることを楽しみにしています!

 

ないたあかおに

子ども家庭福祉コース4年生が総合演習で「ないたあかおに」の劇をしました。

構想2か月!制作1カ月!!の超(?)大作!!!

1年生の時に演習で演じた「Prince of Peach(桃太郎)」に比べると、この3年間で随分と成長したと感じました。

4月からは子どもたちの前で保育士として躍動してくれることを期待しています!

野外活動体験

11月に子ども家庭福祉コース4年生が野外活動体験に行ってきました。

保育士として社会に出る前の最後の試練(!?)の演習。

社会福祉士国家試験に向けた長~い勉強時間や、昆虫・植物撮影会、

寒空の下での野外調理等、頑張ってきました!!