西南女学院 創立93周年 記念式 が挙行されました。

2015年4月18日(土)午前10時から、西南女学院第一体育館において

「西南女学院創立93周年記念式」が、厳かな雰囲気の中、挙行されました。

 福祉学科の1年生も、この式典に参加しました。

 たくさんのご来賓の方々をお迎えして、「学校法人 西南女学院」に所属する、西南女学院大学全学部全学科、西南女学院大学短期大学部全学科、西南女学院大学短期大学部附属シオン山幼稚園、西南女学院高等学校、西南女学院中学校の新入学の学生、生徒、園児、教職員等が参集しました。

①_MG_3673

受付の風景です。⑤_MG_3677⑥_MG_3678

西南女学院中学校、高等学校の生徒の皆さんです。⑦_MG_3679

西南女学院大学の学生の皆さんです。⑧_MG_3681

西南女学院大学及び大学短期大学部の前学長 植田浩司先生もご来賓として

ご参列されました。⑨_MG_3685

学校法人 西南女学院 田中綜二 理事長 兼 院長の式辞です。⑩_MG_3688

日本バプテスト連盟 理事長 田口昭典先生からご祝辞を頂戴しました。⑪_MG_3689

学院歌「シオンの丘」を、西南女学院中学校コーラス部、西南女学院高等学校音楽部

生徒さんが披露してくれました。⑬_MG_3693⑫_MG_3691

1922(大正11)年 西南女学院 設立

 1890(明治23)年、米国北部バプテストによる開拓伝道が若松、小倉から始められ、この働きを継承した南部バプテストの伝道活動は、九州各地に広がっていきました。1899(明治32)年から20年にわたり熊本で宣教師活動を行った米国南部バプテスト海外伝道局宣教師L.D.クラーク女史の熱い祈り『日本婦人に教育と伝道を』は、波瀾の時を超え、1922(大正11)年4月、小倉到津の丘の西南女学院(高等女学校)の開校として実現しました。

設立者J.H.ロウ師をはじめ、同信の教職員14名と入学した第1回生は96名。

入学式は4月18日に行われました。

以後その日を創立記念日とし、感謝を持って迎えております。

 記念式 式次第より抜粋

⑮_MG_3665

歴史と伝統に守られ、そしてそれを大切にする「西南女学院」その一員として、

福祉学科新入生たちも、それぞれの夢の実現に向かって歩み始めています。

 

 

 

 

 

福祉学科の新入生交流会を開催しました!

2015年4月8日に、福祉学科の新入生交流会を第一体育館で開催しました。

福祉学科の新入生、教員が全員揃って交流を深めるイベントです。新入生は5,6人のグループになって、担当するアドバイザーの教員とチームを作り競技を行います

学科長からの挨拶と、実行委員会のメンバーたちです。1_MG_34952_MG_34993_MG_3500

先生方も一生懸命です。4_MG_3505

背中と背中にボールを挟んでの競技です。バランスとるのが難しそう。6_MG_3532

全員で協力しながらの活動です。

8_MG_35519_MG_355210_MG_357611_MG_3590

 

 

表彰式です。12_MG_3609

 とても楽しい時間をすごすことができたのではないでしょうか?大学に入学して不安と期待と混ざり合って、複雑な気持ちになっている時期かと思います。でも本日の交流会でたくさんの同級生やたくさんの教員と交流が深まったと思います。この仲間たちと共に4年間を楽しんで下さいね。

 交流会終了後は、各アドバイザーグループに分かれて、学生生活についてのアドバイス等の説明がありました。学生生活のこと、履修登録のこと、資格取得のこと、何かわからないことや不安なこと、なんでも結構ですのでアドバイザーの教員に相談して下さい。もちろん、アドバイザー以外の先生でも構いません。福祉学科教員一同、全力でサポートします!!

 

 

 

 

精神保健福祉研究会

西南女学院大学 精神保健福祉研究会 第15回総会 及び第28回研修会

開催されました!

 西南女学院大学 精神保健福祉研究会は、精神保健福祉を中心とした社会福祉分野における研究と共に、会員相互の連絡親睦を実施することで、女性のワークライフバランスの実現を目指すことを目的として、福祉学科卒業生の有志で立ち上げた研究会です。

 本学の福祉学科では、精神保健福祉士の国家資格の受験資格が取得できるカリキュラムがあり、その履修しているグループを「精神保健福祉士養成レーン」略して「精神レーン」と呼んでいます。概ね20名程度で、国家試験合格率は毎年全国の平均をはるかにこえる結果を出しており、昨年度の合格率は全国でも上位グループに入る80%でした。本会は、過去に100%合格の偉業も成し遂げたこともある「精神保健福祉士養成レーン」の卒業生が中心となって、毎年の総会と、年2回の研修会会報誌の発行等々を継続的に行っている会です。

 今回は4月12日に、北九州市立福祉会館(ウェルとばた)の83,84会議室にて、総会と研修会と合同で開催されました。1IMG_3662

2_MG_3620

総会の風景です。規約改正等が承認されました。

3_MG_36174_MG_36165_MG_3621

研修会での三角(旧姓古江)会長(6期生)のあいさつです。

6_MG_3622

当然、お子さん連れでの参加も大歓迎です。

遠くは関東方面や海外在住の会員もいます。毎年参加を楽しみにされています。

子守りは毎回顧問の福祉学科の今村先生が、となりのスペースでおもちゃやメンコ、機関銃で対応してくれてます。写真撮影も!

7_MG_3624

研修会風景です。

卒業生のみならず、「精神保健福祉士養成レーン」に現在在学中の3、4年生も参加しています。また、3月に卒業したばかりで社会人1年生も、たくさん参加してくれました。そして今回は一期生の方も参加されました。

8_MG_36269_MG_363010_MG_363111_MG_363412_MG_363613_MG_364314_MG_364915_MG_3652

今回は2グループに分かれてグループディスカッションしました。テーマは「精神保健福祉士の価値観、私の価値観がぶつかる時」と、「肩書のある私とそのままの私のバランス」でした。それぞれの発表です。16_MG_365317_MG_3655

全体写真です。18_MG_3658

最後はキリスト教学校らしく、学生時代に学んだ「主の祈り」を全員で唱えました。

 

 本日は、約30名の集合です。決して大きな会ではありませんが、西南女学院大学で学んだという同胞同門の共通点から、たくさんの卒業生たちの拠り所になっていることと思います。全国にいる会員が一堂に会することはなかなかできませんが、卒業生も在学生もしっかりと繋がってるんだなと感じました。西南女学院大学福祉学科の、卒業しても強い結束力と、先輩方からの後輩への面倒見の良さに、感謝、感激、感動しました。

 

次回は10月、秋に研修会開催です。

 

その時に、またお会いしましょう。どうぞそれまでお元気で。

 

 

 

 

 

第22回西南女学院大学入学式が、2015年4月3日に挙行されました。

4_MG_3475

厳かな雰囲気の中、新しい門出のスタートです。

第一体育館の入口付近です。新入学生と保護者の皆さまをお迎えします。

 3_MG_34785_MG_3481

入学式の後は、保護者懇談会を開催しました。本学科での学びや資格取得のことの説明をさせて頂きました。

 福祉学科の入学生の皆さん、どのような夢に向かって学生生活を送られるのでしょうか?

西南女学院大学福祉学科では、その夢に向かってのお手伝いを全力でさせて頂きます。

4年間、たくさんの学びと思い出を作って下さい!

卒業証書・学位授与式を迎えました!

320日、18回西南女学院大学卒業証書・学位記授与式が挙行されました。1_MG_3419

この坂を学生として登るのも、最後の日です。2_MG_3420

卒業生が会場の第一体育館に集まってきました。3_MG_3415

全体の卒業証書、学位授与式のあとに、6206講義室で、福祉学科での卒業証書、

学位授与式、各種表彰が行われました。

4_MG_34345_MG_34386_MG_34428_MG_34537_MG_3446

最後に先生方との記念撮影です。14_MG_34709_MG_345911_MG_3464

早かった4年間、楽しかった4年間、つらかった4年間、色々なことがあったかと思います。

それぞれの思いを胸に、本日、西南女学院大学福祉学科を卒業します。

その思いを現実のものにできるよう、西南女学院で学んだことを大切にしてください。

そして、いつでも構いませんので、大学や学び舎や恩師の研究室を訪ねて来て下さい。

西南女学院大学は、あなた方の母校です。

卒業おめでとう。