第2回目 オープンキャンパス 

823()2回目のオープンキャンパスを開催しました。

天候にも恵まれ、多くの方に参加していただきました。ありがとうございました。

毎回、オープンキャンパスの運営をたくさんの学生が手伝ってくれています。キャンパス内の案内や、学科紹介、個別相談コーナーなど、大活躍でしたね。

今回のオープンキャンパスを手伝ってくれた学生の皆さんです。ブログ4 いつもありがとう。

 今回の学科プログラムの目玉は『卒業生からのメッセージ』でした。

福祉学科の卒業生、堀井さんがお話をしてくださいました。ブログ

堀井さんは、福岡県警所属の福岡少年サポートセンター

“少年育成指導官”としてご活躍中です。

 福祉学科で学んだこと、児童福祉領域で社会福祉士として勤務された経験が土台となって現在のお仕事につながったこと、そして現在の職場でのお仕事について…様々なお話を聞くことができました。  

福祉とは、その人の人生を支える仕事であるということ。そして、福祉専門職が支援する人は子どもから大人、高齢者まで年齢もさまざまで、それぞれの人が抱えている辛さや願いがあり、おかれている状況もさまざまであるということ。福祉の仕事はとても幅広く、専門職として活躍する場もさまざまだということ  

ご参加いただいた皆さん、“福祉”についてもっともっと知りたい‼と 思っていただけたのではないでしょうか。  

次回のオープンキャンパスは919()です。

 大学では何を学び、どんな授業を受けるのでしょう?

次回は、模擬授業『遊びから考える子ども文化』を予定しています。ソーシャルワーカーや養護教諭、保育士に関心がある皆さんに、楽しんで聞いていただける内容です。

皆様のご参加をお待ちしております。

北九州ゆめみらいワークに出展しました!

828日(金)・29日(土)の二日間、西日本総合展示場新館にて、北九州ゆめみらいワークが開催され、西南女学院大学も出展しました。

ゆめ1

 福祉学科からは医療保育について学んでいるゼミの活動の紹介として、病気で入院している子どもたちの遊びと医療保育士の活動を紹介

 

医療用具を使ったおもちゃづくり体験のワークショップには、高校生の皆さんに参加していただき、一人ひとり、素敵な作品を作っていただきました。

 

 ゆめ2ゆめ3

たくさんのご参加、ありがとうございました。